2008/04/05 酷道ツーリング

きょうは、スクーターで酷道ツーリングです。酷道というのは、国道なのに酷い道ということで、当て字で呼ばれているものです。福井だと、大野から岐阜へ抜ける温見峠のR157とか、池田から岐阜へ抜ける冠山峠のR417がそれにあたります。

今回は、京都市の北部を走るR477です。R477は大阪から京都・滋賀を通って三重県まで行くのですが、京都市北部の山を通るところが酷い道になっています。

亀岡からR477に入って、琵琶湖まで抜けて、本当は琵琶湖大橋を渡って行くのですが、今回はそこから戻りました。

酷いところはこんな感じ

まだ雪が残っています

有名な百井別れ


百井別れというのは、三叉路なんですが、そこそこの広さの道から、とっても狭い道にUターンの要領で曲がっていく道です。まっすぐ行く道は県道になってしまいます。写っている白い車も何度か切り返ししてやっと曲がっていました。

反対側から


反対側から見た絵です。左側から来て、右奥の方へ進んでいきます。

この先も国道とは思えない道が続きます。

鯖街道のR367としばらく重複して走り、有料の途中トンネルを通ります。今回も通行料を取られましたが、今回乗っているのは125ccとはいえ、原付に分類されるため、通行料はたった20円でした。

琵琶湖へ抜けました。

大津港


大津港にいた鴨(上の写真にも写ってますね)