2010/05/30 明日香村の飛鳥巡り

明日香村でキトラ古墳の四神壁画が公開されるというので行ってきました。
修復のために解体して取り出し、現在は飛鳥資料館にあるそうです。人気があるようなので早めの時間に行きました。

前日同様V125Gの出動です。

R24で南下し、田原本町から県道で桜井をかすめて明日香村に入ります。
開館の30分ちょっと前につきました。

既にいっぱい並んでいます。



人が多いため、通常の開館時間より早く、8時30分には入場が始まりました。
人が多いとはいえ、資料館のキャパも結構あるようで、ちょっと待ったら入れました。

中では撮影禁止とは書いてなかったですが、写真を撮る雰囲気ではなかったので、見るだけにしました。
最初の方は、山田寺という寺の跡を発掘した資料がいろいろ展示されていました。倒壊した回廊の建物の跡が発見され、この当時の建築様式を知る重要な遺跡らしいです。

キトラ古墳の壁画については、最初にいくつかのレプリカが展示されており、その後本物の展示がありました。実際のところ、「あぁ、これか」で終わってしまうのですが、いま見ておかないと、たぶん後日後悔することになったと思います。青龍がほとんど消えてしまっていたのが残念でした。

その後、クイズコーナーでかなり時間をとられ、地下に降りると、四神の解説があり、出口です。



外に出てみると、待ち行列はありませんでした。意外とらくらく見学できそうですね。

ついでなので、明日香村をいろいろ走ります。
ちなみに、ここは明日香村ですが、ここのいろんな観光ポイントの名前は飛鳥なんですね。
この辺はレンタサイクルが盛んなので、各観光ポイントには駐輪場が整備されています。このおかげでV125Gも楽に停めることができました。

飛鳥坐神社


飛鳥寺
日本最古の寺だそうです。


境内にある、謎のポスト


亀形石造物

何に使ったかわからないけれども、最初の水槽で泥を沈殿させ、亀のところにきれいな水がたまる仕組みらしいです。ボランティアの人が丁寧に説明してくれました。
ここは結構興味あるポイントなのに、かなり前に明日香に来たとき見た覚えがありませんでした。それもそのはず、10年前に発見された物らしいです。


ちょっと歩くと、酒船石がありました。

これも、何に使ったかわからないそうです。


さらに進んで、岡寺です。坂の上にありました。




きょうのにゃんこ




五重塔の軒下には、なぜか琴が提げてありました。

お昼近くなったので、岡町の参道の坂にある店でお昼を頂きました。
坂乃茶屋

坂乃茶屋定食
わらびご飯とにゅうめん、山蕗の煮物
夏は冷たい素麺、冬はにゅうめんを出すそうです。今はどちらか選べるそうです。
そういえば、この辺は三輪そうめんの産地ですね。

橘寺。聖徳太子が生まれたところだそうです。








亀石


高松塚古墳にも行きました。公園を歩いていきます。


四神のオブジェ

高松塚壁画館

壁画のレプリカがありました。

高松塚古墳

ここで明日香村散策を終え、道の駅廻りをして帰りました。

道の駅 吉野路大淀iセンター(写真忘れた)

道の駅 近つ飛鳥の里太子

道の駅 ふたかみパーク當麻

道の駅 大和路へぐり

2010/05/29 小豆島

前から気になっていた、小豆島に行ってきました。
2輪のどちらで行こうかと直前まで悩みましたが、狭い島なので小回りのきくV125Gで行くことにしました。(フェリーも安いし)

日帰りにしたので、時間が厳しいです。始発のフェリーに乗るために、朝3時発で姫路へ向かいました。

R372で姫路まで向かいます。

季節外れの寒波により、かなり寒かったです。甘くみていて風が通らない上着を持ってきていなかったので、重ね着で耐えます。明るくなるのは結構早かったです。4時台からほんのり明るくなってきた気がします。

姫路港のフェリーターミナルに着きました。5時半頃です。始発は7時15分なので、2時間弱前に着いてしまいました。

チケット売り場は閉まっています。
ロビーで冷え切った体を温めながら、ぼーっと待ちました。

と言っても暇なので、少し周りを観察。
船は待機していますね。

海上保安庁の船もいます。

ボーッとしていると、周りに人が増えてきました。
チケット販売が開始になり、乗り場に移動しました。
オフロードバイクがいっぱい来ていました。全部知り合いっぽかったので、何かのイベントでしょうか。

乗船開始です。
V125が2台並んでいます。もう1台の方は、釣り関係の人のようです。この船には、車で釣りに行く人もいっぱいいるようです。


ここまでの移動がかなり寒かったので、行きの船では席に座って体力の回復を優先しました。
1時間以上過ぎて、なんとか体力が回復してきたので、デッキに出て観察しました。

小豆島が見えてきました。




接岸開始です。



船をおり、移動開始です。

しばらく走ると、大坂城石垣石切丁場跡というところがありました。

大阪城の復旧の時に必要な石の一部をここから持ち出したようです。

石を割った時の加工跡が確認できます。


八人石。大きく二つに割られた岩です。これを割るときに八人の石工が犠牲になった人のことです。


南風台





坂手から半島に入ると、二十四の瞳映画村があります。
小豆島を舞台にした映画、二十四の瞳に関連したものを集めたところです。



ここにある小川には、鯛が住んでいました。





岬の分教場。これは、映画のために作られた物らしいです。




窓からは海が見えます。

映画撮影時の機材も展示されています。

この自転車は、’87年にリメイクされたときに使われたものらしいです。




実は、小豆島へ行く案ができたとき、二十四の瞳のDVDを借りてみておいたのでした。
おとこ先生の家








ここからすぐに(行きに通り過ぎたところですが..)岬の分教場があります。
こちらは、小説のモデルになった、実際の分校の建物です。


昭和46年に廃校になった当時のまま、作品が貼られています。


廃校になった当時のメッセージ


古江庵。大石先生が子供のいたずらでケガをした海岸ですが、なんか工事中で、その時以上の穴が掘られているようです。

ちょっと戻ってから先に進むと、マルキン醤油がありました。


資料館があります。



資料館の入場料は210円ですが、醤油のおみやげをくれます。実質無料ですね。




ここでは、しょうゆソフトが有名らしいです。

たしかに醤油の味はしますが、全体のバランスを崩すほどではないようです。


南国の雰囲気ですね。


道の駅 小豆島オリーブ公園

名前のとおり、中でもオリーブの解説がされていました。



オリーブの花が咲き始めですね。


地中海のイメージで染まっています。









地蔵崎灯台




道の駅 小豆島ふるさと村

そろそろお昼ですが、そうめんが名物らしいのでこれを食べました。



近くにそうめんの工程説明施設もありました。

土庄の町には、世界一狭い海峡があります。


遠くに、瀬戸大橋らしきものが見えました。

土庄港には、高松行きの船がいました。



道の駅 大坂城残石記念公園


石の切り出しに関する資料館がありました。


ここで、内陸に入りました。寒霞渓という渓谷がおすすめらしいです。
北からのアプローチは裏道らしいです。



歩いていくところにいろいろ見所があるようです。
今回は無理ですねー


ロープウェイの上の駅








下へ降りてさらに進みます。

帰りの港、福田港にもう少しというところで、吉田ダムというダムがありました。



ダムから海までこの程度なんですが、意味あるんだろうか...

帰りの船に乗る、福田港に着きました。
3時半の船には乗れず、次は5時15分です。遅くなると寒くなるのが心配でしたが、しかたありません。

港前の売店で、穴子丼というメニューがありました。帰りが遅くなるし、昼は素麺で軽かったので食べてみるかと聞いてみましたが、もう食堂の営業は終わっているようです。弁当を作ってくれるとのことだったので、弁当を頼みました。
港の堤防に座って、海を見ながら食べました。

まもなく、船に乗る観光バスが到着し、賑やかになってきました。

朝は結構バイクがいたのですが、帰りは全然いませんでした。
船が到着島しました。


降りる車は少なかったです。
そして、こちらの積み込みが完了しました。

出港です。

今度はずっとデッキにいました。


僚船とのすれ違い


姫路の街が見えてきました。


姫路港に着きました。

ここからは、行きと同じくR372で帰りました。
やっぱり寒かったです。

今回は、海の青さが印象的でした。

2010/05/16 伊勢湾フェリーの旅

三重県の鳥羽から愛知県渥美半島の伊良湖岬まで、フェリーが運行していますが、今年9月で廃止になるとのニュースがありました。これは一度乗らないといけないと思い立ち、行ってきました。ちょうど、渥美半島から三河地方に新しい道の駅が3つほどできているのでそれらも訪問します。

名神から新名神に入り、東名阪、伊勢道と進みます。新名神は初めて走りました。
所要時間を見誤ったことに気がついたので、ほとんど休みなしで伊勢まで行きました。
名神リフレッシュ工事をやっていたため、京都南-京都東が渋滞していました。夜だけだと思っていたので盲点でした。

鳥羽港に着きました。9時20分の便が出港した直後だったので、次は10時40分発です。
(本当は、9時20分に乗るつもりでした)


待ち時間で周辺を散策します。
鳥羽水族館が隣にあります。外からいくらか見えました。



ミキモト真珠島


遊覧船

近鉄電車

三重県警の船があります。

まもなく、船が入港してきました。


待っている間に、バイクも増えてきました。全部で5台です。


接岸し、下船が始まりました。


積み込み完了

出港しました。







消防船?


似たような船とすれ違いました。鳥羽に向かう、僚船ですね。ここで中間地点ということです。

ずっと海を見ていたら、イルカがぷかぷか浮いているのが見えました。並走してくれれば写真が撮れますが、停止していたのであっという間に通り過ぎ、撮れませんでした。
海上保安庁の船ですね。

渥美半島が見えてきました。




着きました。

道の駅 伊良湖クリスタルポルト

ここの名物が大アサリなので食べておきました。





R42を進みます。


道の駅 あかばねロコステーション

ちょうどお昼の時間なのでここで昼食です。
この辺はしらすが名産らしいので、しらすづくし膳を食べました。


R259に移り、田原めっくんはうす。

イカの姿焼きというのが売りらしいです。

ワイン漬けにしたイカを、特製の焼き器で焼くらしいです。

これを切り刻んでこんなふうになります。

豊橋からR23に入り、岡崎バイパスに、道の駅 筆柿の里幸田がありました。
バイパスの構造上、名古屋方面行きでしか入れません。

筆柿ソフトクリーム

さらに行くと、道の駅 にしお岡の山。
ここは逆に、豊橋方面行きでしか入れません。
この二つの駅は、間に数kmありますが、基本的にSAの上り側、下り側みたいな関係のようですね。

道の駅 デンパーク安城

ここから衣浦豊田道路を経由して伊勢湾岸道に入り、東名阪ー新名神ー京滋バイパスで帰りました。
湾岸長島PA

土山SA

2010/05/15 京都一周トレイル 北山コース西部

久々の京都一周トレイルです。
今回は長丁場になります。途中でやめると帰りが面倒なので...

今回は、北山コースの西部からです。叡山鉄道の二之瀬まで電車で行きました。


ここからスタートです。


神社の横を登っていきます。


いきなり長い上りです。

なんか、風によるものとは違うガサガサ音がすると思ったら、猿がいました。

最初の節目ポイント、夜泣峠に着きました。




さらに上って、向山の頂上に着きました。いきなりですが、この日の最高地点です。


途中、赤松の幹にはえたきのこがありました。

帰って調べてみたら、ヒトクチタケというものらしいです。
枯れたアカマツや、枯れかけのアカマツに生えるそうです。食用ではありません。

この辺は、ところどころに休憩所があります。


下りてきたら、発電所がありました。



また山道に戻ります。


盗人谷一の橋





盗人谷二の橋

盗人谷三の橋



この辺は、最近下枝刈をしたようですね。

氷室の集落に出ました。
田植えをやっていました。

今日のにゃんこ

この辺に、夏まで天皇に納める氷を保管する氷室があったそうです。
ちょっとわかりにくくてうろうろしていたところ、近くで農作業をしている人が教えてくれました。
氷室跡

近くのお地蔵さん

氷室神社

舗装道路で峠を越えます。



ぼーっと歩いていて、次の目標は...と地図を見てみると、結構前の目標から近いところに分岐がありました。ミスコースです。800mほど行き過ぎたようです。同じ道を戻りました。
戻ってみると、ここが分岐でした。奥にある、レストランの看板に目が行って、トレイルの柱を見逃していました。さらに、ここは道というよりも、レストランへの入り口という感じでした。

問題のレストラン





地図に期間限定(秋)の迂回路というのがあったので何かと思ったら、ここまでに通ったところの一部が松茸の収穫ができるためだそうです。


上ノ水峠


大文字山が見えます。


分岐


沢の池に着きました。



バーベキュー等している人たちもいました。

お昼にしました。

お昼を食べながら見える風景

さらに進みます



高雄に出ました。R162 周山街道です。

周山街道を少しとおって、離れます。
西明寺




清滝川沿いを進みます。


杉の苗?




皮がめくられた杉。鹿の仕業?





この辺は、川のギリギリを歩きます。赤目四十八滝の雰囲気。


そして、清滝に出ました。北山コース終了です。

ここでやめるとバス停を探すことになるので、このまま西山コースに入ります。
今日のにゃんこその2

ところが、この直後、ミスコースしました。にゃんこに夢中になって目印を見落としていました。
正しい道に戻りました。


さきほど同様、川のそばを歩きます。




眺望良しと書かれていたので寄ってみました。

清滝川と保津川の合流点ですね。





舗装路で峠を越えます。

トロッコ列車がいました。

まもなく、集落に出ました。
愛宕神社一の鳥居


化野念仏寺。この前来ましたね。



嵐山公園


ちょっと遅めの時間なので、ボートは殆ど終わっていました。

渡月橋


阪急嵐山駅

ここから電車で帰りました。

歩き部分の所要時間9時間で、約30kmです。過去に平地で30kmは経験していますが、山道では新記録です。

京都一周トレイル、残すは西山の4kmほどです。

2010/05/09 若狭方面

有馬温泉で休養ができたので、次の日は普通にお出かけです。
TDMで若狭方面に出かけました。

道の駅で現地から到達記録するゲームが始まったので、いける道の駅を改めて訪問です。

R162周山街道を走ります。
ウッディー京北。最近道の駅に登録されました。

朝市をやっていたので、山ウド、わらびを買いました。
ほうれん草をおまけにくれました。
春の道の駅は山菜が嬉しいですね。

道の駅 美山ふれあい広場

道の駅 名田庄

ここから、R162を外れて、r16で高浜へ向かいました。
予想に反して、走りやすい道が結構長く続きました。


途中狭いところもありました。
最後のところは改良工事が進んでいました。


道の駅 シーサイド高浜


道の駅 若狭熊川宿

このあと、三方五湖まで行って、ドライブイン吉田でイカ丼セットを食べました。

店の前にマスツーリングの集団がいたので、お店の写真とるの忘れた。
水月湖

ここから敦賀まで出て、R161で南下しました。

道の駅 マキノ追坂峠

ちょっとそれて、道の駅 しんあさひ風車村。


道の駅 藤樹の里あどがわ

道の駅 びわ湖大橋米プラザ

あとは普通に帰りました。
買って帰った山菜は天ぷらなどになりました。

2010/05/08 宝塚・有馬温泉

GW明けはさすがに遠出はつかれるので近場に行きました。
V125Gで有馬温泉に行きました。、

R171-R176で宝塚方面へ向かいます。
宝塚で行きたいところがあったので寄り道しました。

駐車場の隅に、2輪用のスペースも有りました。(無料)

ちょっと早かったので、目的の施設は開いていませんでした。

その周りでは、出店が準備をしていました。ハンドクラフトのお店たちです。


そしてオープンしました。
宝塚ガーデンフィールズ 英国風ナチュラル庭園シーズンズ

































ラピュタの庭って、こういう所をイメージしているんでしょうね。



池にはめだかがいっぱいいました。

そして、目的地の有馬温泉です。今回は金の湯に入りました。
褐色の湯で、いかにも温泉って感じです。

町を散策


炭酸泉源広場

炭酸泉が湧き出ているところです。
岩の隙間から湧き出していました。

飲める口もありました。たしかに炭酸の辛いような感覚がありました。

お昼はたじま牛串屋にしました。

但馬牛佃煮丼です。
これは隠しメニューだそうですが、一番目立つところに書いてありました。
牛串を作るときに、肉の固いところを切り取るらしいのですが、その部分を集めて煮込んで山椒味の佃煮にしたものだそうです。

帰りはほぼ行きと同じ道でした。

2010/05/05 九州ツーリング6日目

この日が九州最終日です。

朝ごはん




由布岳



別府に着いて、温泉に行きます。国道をそれて、霊園を抜けたところです。

鶴の湯。無料の露天風呂で、地元の人達が管理しているそうです。

ちょっと熱かった。

ここから湧いています。

湯止め

温泉へのアクセス路。

そして、これも恒例ですが、佐賀関へ行きます。



道の駅 佐賀関。建物が取り払われてテントになっていました。シロアリ被害が深刻なことが判明して撤去されたそうです。立て直しのめどは立ってないとの噂。

ちょっと早く佐賀関に着いたので、佐賀関半島の先へ行ってみました。
一番先につくまでに道が不安になったので、ここまでにしました。



関サバ・アジをとる漁船でしょうか。








関の漁場

開店30分前につきました。
前で待っていたら、ご飯がたけるのがまだだけどということでしたが座敷に通してくれました。
よくばり定食 さざなみ。関サバ・アジ刺身に、ひょうぎ貝ととり天がつきます。

佐賀関のフェリー乗り場。昨年はここで2時間ほど待ちました。

今回は別府からフェリーに乗ります。
まだ時間が十分あるので、今まで行きたいと思いながらいけていなかった、高崎山と水族館うみたまごに行ってきました。
駐車場は共通です。








係の人が、いろいろ説明してくれます。


餌やりの時間になるといっぱい集まってきます。


これがこの群れのボスだそうです。




こちらは大分水族館うみたまご。




アオリイカ














ここから15分くらい走れば別府港です。


手続きをすると、大阪行の札をもらえます。


4輪の積み込みが始まりました。

2輪も積み込みです。

部屋は、スタンダードで、行きの個室より少し広く、TVと洗面所がついていました。
出航前にお風呂に入り、甲板に出て港の喫茶店で買ったとり天弁当を食べました。


そして出港です。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

九州最後の日です。別府の温泉に入ったあと、佐賀関で関アジ関サバを食べ、高崎山と海たまごへ行って来ました。フェリーが出港し九州をあとにしました。

2010/05/04 九州ツーリング5日目

この日も晴れました。一日阿蘇周辺を回る日に設定しています。
この日は同じ宿に戻る予定です。
朝ごはんを食べて出発です。

長者原



やまなみハイウェイからミルクロードへ。気持ちのいい道が続きます。



大観峰に着きました。

朝霧があるようですね。









外輪山を降りて、中岳へ向かいました。





米塚

草千里



↓ピンぼけ写真ですが、なんとなくいい雰囲気の写真ですね。

火口に着きました。







少し降りて、砂千里





下界に降りてきて、昨年も来ましたが、白川水源です。



ちょうどお昼前になり、近くの有名店の開店前にいけそうだったので、行ってみました。
炭焼地鶏の店 らくだ山


次に、高森湧水トンネル公園です。
鉄道を引くためにトンネルを掘ったところ、湧き水が大量に出てきて断念した後を公園にしたそうです。



一番奥に、ウォーターパールというのがありました。
水を特殊な装置で水玉状態にして流し、ストロボのタイミングに寄って水玉が止まったように見えたりするものです。


トンネルの行き止まり地点

この後、温泉に行きました。中岳の途中にある、地獄温泉清風荘です。



いくつか温泉があるなか、露天のすずめの湯が目玉のようなのでそこに入りました。

道の駅 阿蘇

仙酔峡というところが穴場らしいので、行ってみました。

中岳に向かって一気に高度を上げる道路です。


もう少し後だと、キリシマツツジが山一面に咲き乱れるそうです。




道の駅 波野




ふたたびミルクロードへ入り、かぶと岩展望所へ行きました。


そして、やまなみハイウェイからあざみ台展望所へ。



お昼に温泉に入りましたが多少汗をかいたので、ふたたび筋湯温泉に行きました。今度は薬師湯です。

最後に男池というところに行きましたが、着いてみると池まで20分くらい歩くようです。歩くのは全然構わないのですが、宿に帰る時間ギリギリだったのと、暗くなりそうだったのとで、今回は諦めて帰りました。

夕食はバーベキューでした。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

今日は予定通り、阿蘇三昧でした。明日で九州をあとにします。


2010/05/03 九州ツーリング4日目

この日は長崎を後にして、阿蘇方面へ向かいます。


朝ごはん

道の駅 いまり

道の駅 厳木

道の駅 山内

道の駅 おおき


道の駅 おおむた

道の駅 きくすい

ここでお昼にしました。
だご汁セット



道の駅 鯛生金山

砂金採り体験をやっていました。



道の駅 せせらぎ郷かみつえ
ここは、閉校になった小学校を改装したのだそうです。


道の駅 小国


黒川温泉近くにすずめ地獄というのがあったので行ってみました。



川の数カ所から温泉が湧いています。温度が低いので湯気は出ていません。
この近くで鳥や動物の死骸が見つかることがあるためすずめ地獄という名前がついたそうです。









くじゅう高原に入り、それらしい風景になってきました。






最後に、温泉によりました。筋湯温泉です。


ここは打たせ湯が名物で、打たせ湯がいくつも並んだ浴槽のある、公共浴場「うたせ湯」が看板施設です。






そして、くじゅうエイドステーションに着きました。

昨年も泊まった、貨車の宿です。

裏にはキャンプサイトがあり、大盛況でした。


夕食を食べて早めに寝ました。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

佐世保を出て寄り道をしながらくじゅう高原へ来ました。貨車の宿です。明日は天気がよければ阿蘇三昧です。