2009/11/29 善峯寺

先週行った光明寺、柳谷寺は、西山三山に数えられています。そうなると、あと一つは何なんだとなりますが、善峯寺というのが最後の一つです。
光明寺より少し北側の山に入ります。

今日は、ここに行ってみました。自宅から歩いて出かけます。
光明寺を超えて北へ行くと、善峯寺道という府道があります。とても狭い道です。

竹藪の間を越えると、ひらけたところに出ました。

そして、山道になります。


途中に十輪寺というところがあったので寄ってみました。





六歌仙のひとり、在原業平が晩年過ごしたゆかりの寺だそうです。



なりひらもみじは残念ながらすっかり裸になっていました。











塩釜
業平が、海水を焼いてその煙の風情を楽しんだところらしいです。



業平の墓

十輪寺をあとにして、さらに進みます。


山の上に建物が見えます。ここまで上るのでしょうか。









ようやく吉峰寺の登り口に着きました。















遊龍の松という、国内最大の五葉松だそうです。






もう、真っ赤ですね




























奥の院

ここからの景色は広い範囲を見渡せます。












だいたい見たので出ます。裏口なんですが、遊園地みたいな出口ですね。



裏口からすぐのところに三鈷寺がありました。



この横から下ります。





山道を下りると、最初に来た道に戻りました。

下界に下りて、再び光明寺のそばを通って帰ります。

途中の畑に、見慣れない鳥がいました。





大きさは、鳩くらいでした。飛ぶよりも歩く方が得意な感じの鳥ですね。
近づくと逃げてしまうので、これくらいしか撮れませんでいた。

このあとは歩いて帰りましたが、到着の5分くらい前に軽く雨が降り始め、なんとかぬれる前に帰ることができました。

きょうのにゃんこ

2009/11/28 笠そば処と長谷寺

今年はもうTDMで出かける機会はないかもしれないと思っていたのですが、この土曜日は午後から晴れるとのことだったので出かけました。

朝起きてみると、どんよりとした雲が立ちこめています。天気がよくなる方向だからと楽観的に出かけます。
もうすっかり寒い季節ですが、完全冬装備だったので、走っていて寒さを感じることはありませんでした。

この日の目的は、Sadaさんが紹介していた笠そば処です。
京名和道で奈良まで行って、県道を経由してR369に入ります。
R369だと大きく回り込む上、柳生のあたりでは不可解な回り道をしています。まっすぐ平地を行くと渋滞に遭いそうなので、遠くても回り道を選びました。

近くの山も、すっかり紅葉色です。

R369をずっと行くと、針T.R.S.に着きます。
寒いのに、バイクがいっぱいいました。

そこから県道でいくらか行くと、笠そば処に到着です。
お店のWebサイトにあった案内地図を頼りに行ったところ、距離感がいい加減で、行き過ぎたのかと不安になったことが何回かありました。


駐車場にいっぱい車が駐まっていたので行列なのかと思いましたが、農産物直売とか、そば打ち体験の参加者とかもいたようで、たいして待たずにすみました。
荒神そばとかき揚げを注文しました。

↓フォーカスがむちゃくちゃでしたが、TDMをまともに撮ったのがこれしかなかったのでのせておきます。

すぐ近くに、笠山荒神社がありました。

地図を見ると、近くに長谷寺があるのでそちらへ向かいました。

初瀬ダム

長谷寺です。



紅葉はまさに見頃でした。








寺の外ですが、離れたところに立派な銀杏の木がありました。



源氏物語にも登場した、二本(ふたもと)の杉



紀貫之が古今和歌集で詠んだ、故里の梅


本堂

いま、期間限定で本尊の十一面観音を拝観できるとのことなので行ってみました。

入り口で、手を香で清めてくれました。なかで観音の足に触れることができるそうなので、そのためでしょう。また、結縁の五色線という、糸をよって作った腕輪をつけてくれました。これは記念に持ち帰ってよいそうです。
中は撮影禁止なので写真は残っていませんが、特別拝観料1000円を払う意味はありました。
高さ10メートルを超える国内最大の木彫りの観音さまで、すぐ近くで見上げることができ、手を触れることもできました。その場を離れるときは、係の僧の人がお祈りをしてくれました。

特別拝観でもらったグッズの数々
真ん中のやつは、ガラスの裏側から貼り付けるシールですね。

















もう、真っ赤の世界です。


















寺を出て、例の銀杏の方へ向かいます。


スサノオ神社だそうです。

このあとは、橿原まで抜けて、R24-京名和道で帰りました。
道中、ずっと雨が降りそうな曇りで、結局晴れたのは帰着する頃でした。

今年のTDMの稼働は終わりぽいです。
バッテリーのターミナルを外して、カバーを掛けて冬眠です。

2009/11/23 京都一周トレイル – 北山コース東部

連休3日目は、中断している、京都一周トレイルの続きをやりました。
この日は晴れだと聞いていたのですが、朝いちから雲が立ちこめて、かなり寒い気温でした。

前回中断した大原まで、バスで向かいます。

R367 古寺バス停付近

トレイルの案内がありました。





このへんから、山道らしくなってきます。



途中、普通の道に出たりしました。




そして、また普通の道です。













ここから、ふたたび急な坂になりました。


そして、再び山道に。

霧が立ちこめています。

なんか楽しそうな家がありました。



今回は楽な道だと思っていたのですが、ここはかなり急な登りが続いていました。

今回一番高いところを通過しました。


だんだん下界の音が聞こえ始めます。


下界に出ました。

鞍馬寺


叡山電鉄 鞍馬駅






ここからは、一般道を進むことになります。

この先から、北山コースの西部に入るのですが、この先、途中でやめると帰る手段が面倒なので、今回はここでやめることにしました。続きは暖かくなってからです。



















写真を撮りながら歩いていたら、電車に乗る予定の駅を通り過ぎてしまいました。次の市原駅で叡山電鉄に乗りました。

ちょうどお昼なので、ラーメンどころの一乗寺でラーメンを食べました。
昼営業が不定期のところでしたが、ちょうど営業していました。
このころから、晴れてきました。場所の問題かな。

京都一周トレイルの今回分は終わったのですが、まだ時間があるので紅葉巡りに出ます。少し遠いのですが、嵐山へ向かうことにしました。
地下鉄松ヶ崎まで歩いて、そこから烏丸御池まで行って東西線に乗り換え、さらに嵐電で嵐山まで行きました。

嵐電は、嵐山駅に着く頃には満員でした。大人気ですね。
駅前は人でいっぱいです。

こちらは前日の長岡京よりも色づいていますね。








天龍寺のそばにある、宝厳院。嵐電がくれたパンフレットのトップになっていたので寄ってみました。
























嵐山公園をうろうろします。






保津川下りの終点になっています。



ここにも京都一周トレイルの標識が...またいずれ来ることになりますね。

公園の頂上展望台まで上ってみました。






展望台がいくつかあります。


保津川下りの船が見えます。

カヌーも来てますね。




ここではボートを借りて遊べますが、落とし穴があるようです。
ここは川の流れがかなりあるため、だんだん下流へ流されるようです。
堰があるのでどこまでも行ってしまうことはありませんが、そこから戻るためにはそこそこの技術と体力が必要なようです。
女性などは立ち往生して助けてもらっていました。

渡月橋



嵐山のメインストリートは大混雑でした。

VFR800?




保津川下りを終えた船は、ここに並べられ、トラックに積み込まれます。


運ぶのは日通らしいです。
R9を走っていると、時々この車を見かけますね。





阪急嵐山駅から帰りました。

2009/11/22 近場の紅葉巡り

この日は午後から雨になるという予報だったので、遠出するのはやめました。
そのかわりに、近場へ歩いて出かけてきました。

まずは、光明寺です。
今年のJR西日本の紅葉ポスターにここの写真が使われたそうで、例年より人手が多そうです。


歩いていって拝観開始直後に着いたのですが、拝観券を買う列が長くできていました。
また、今年はバスで来る団体がいっぱいいました。






混雑する前に、出口付近の紅葉のトンネルへ行っておきました。

昨年来たときよりは色づきが薄いです。まだ早かったか。


















出店でもみじ串天を売っていました。



売店のお姉さんの話によると、まだ少し早いようです。1,2週間後がよいのではないかとのこと。
また、拝観券売り場の列はなくなっていました。朝一番が一番混雑するようですね。

光明寺を出て、西山三山のもう一つである、柳谷寺へ向かいました。
以前、天王山へ裏から登ったときの、登り口の近くにあります。
シャトルバスが出ていますが、歩いていきます。

途中、竹藪の中に・・・



家族でしょうか。発泡スチロールの家を誰かに作ってもらって、えさももらっているようです。
その割には警戒しまくりでした。

途中にある竹藪は、しっかり手入れされています。

1時間弱かかって、柳谷寺に到着です。




ちょうどイベントで、つきたてのお餅をもらえました。




ここでは、独鈷水という霊水が出るそうです。

わたしの分も汲んでくれました。



小人のミイラというのが特別展示されていました。
たしかに人っぽい形をしていますが、全長30cmくらいしかありません。
写真を撮ると何か映るかもしれないのでやめておきました。

奥の院方面が紅葉の道になっています。










奥の院

















帰りも歩きました。駐車場の整理の人に、「歩いて下りるのか?」と声をかけられました。
「歩いて上ってきたから」と答えると、感心していました。

先ほどの場所では、3匹が固まっていました。寒くなってきたのでしょう。

帰りに、長岡天満宮でも、「紅葉見頃、寄っていって」と看板が出ていたので寄りました。
ところが、社殿付近は七五三の人がいるだけで、紅葉の名所というイメージはありません。




少し下りると、それらしきものがありました。
紅葉庭園 錦景苑だそうです。
最近作った庭園らしいですね。




















このあとは、ちょっと歩いてお昼にして帰りました。
落ち着いたあと、車で買い物に出かけましたが、雨が降ってきていました。帰るまで降らずにいて助かりました。

2009/11/21 紀伊半島東側

連休の初日、スタンプが残っている紀伊半島東側を回ってきました。
ただ往復だとおもしろくないので、三重県側から行きました。
2輪の乗りおさめツーリングにしようかとも思ったのですが、帰りが遅くなりそうで冷え込むことが予想されるので4輪で行きました。

R24の木津に入ったところから、R163に入り、東へ向かいます。
伊賀上野からR368に乗り換えます。

道の駅 美杉。中部のスタンプラリーをやったとき以来です。

ここから先のR368は酷道です。


R42にでると、順調に進みます。
道の駅 奥伊勢おおだい

道の駅 紀伊長島マンボウ

名前の通り、マンボウの串焼きを売っていました。

尾鷲を過ぎたところでR42から離れて、海岸線を通るR311に乗り換えました。
ここも酷道で、R42を通るときの2倍以上の時間がかかりました。













熊野でR42に戻りました。
七里御浜です。


よく見ると、遠くの方に何か見えます。

黒い細長いものが海岸に横たわっています。
これが今回の目的の一つです。

さらに近づいて、海岸線に出ると、見えました。
つい最近、積み荷のバランスを崩して座礁した、フェリーありあけです。



海岸に下りるところがありますが、立ち入り禁止になっていました。
でも下りている人はいっぱいいました。(そうです、同様に見に来ていた人が結構いたんです)


サルベージ船も来ているようです。


横揺れ防止のフィンスタビライザーと思われる、「ひれ」が出ていますね。スタビライザーを出すと燃費が悪くなるのでなかなか出さないと聞きますが、今回は出していたようです。それでも抑えきれなかったようですね。
また、船上には作業の方が何人も立っているのが見えます。









わたしもよくフェリーを利用するので、人ごとではないですね。

もう少しR42を進むと、道の駅 パーク七里御浜です。

少し遅くなりましたが、ここでお昼にしました。
しらす丼

ここから内陸に入って、やっとスタンプラリーが始まります。
でも、途中に見所がありました。

丸山千枚田











道の駅 おくとろ

ここからR169で上北山へ向かったのですが、ところどころ工事で迂回させられ時間がかかりました。
道の駅 吉野路上北山
午後5時半くらいですが、すっかり暗くなってしまいました。

ここに併設されている温泉に入りました。

道の駅 杉の湯川上
ここは、ホテルフロントにスタンプがあるので、遅く来ても大丈夫です。

このあとは、R24をまともにいくと混みそうなので、宇陀の方を通って針T.R.S.から名阪国道で天理まで行き、そこからR24ー京名和道で帰りました。

道の駅 針T.R.S.

このへんは、外気温4℃とでました。2輪でこなくてよかった。

今回からGPSロガーが新しくなって、かなり精度が上がったはずなのですが、地図に移すツールが間引いてしまうので、結果的に変わらないですね。
ソフトの設定を変えてみますか。

2009/11/15 京都の紅葉巡り

今年も紅葉の季節が来ました。
ちょっと早めではありますが、見頃になったところもあるようです。歩きメインで行ってきました。

まずは、有名どころの東福寺です。大混雑するらしいので、早めに行きました。
JRで東福寺駅まで行き、拝観が始まる8時半過ぎに着きました。

JR東福寺駅

東福寺の北側入り口

有名な通天橋 紅葉もしていますね。



表の入り口


拝観料を払って通天橋に進みます。





通天橋の上はやはり人が多いですが、聞いていたほどではありませんでした。
まだ早いんですね。








開山堂





入り口付近に戻ってきました。見ると、並ぶためのロープが張り巡らされていました。
やっぱり時期によっては混雑するんですね。

別料金ですが、方丈庭園にも行きました。

南庭


東庭
この円柱は北斗七星を表しているそうです。

西庭

北庭



偃月橋を渡って、龍吟庵





即宗院の庭園















猿の腰掛?


赤い玉と、

黄色い玉

それぞれ、赤千両、黄千両と呼ぶそうです。

三門


バイクで来ている人もいっぱいいますね。

東福寺を離れて、北へ歩きます。次は清水寺を目指しました。







舞台の方は拝観料がかかるので行きませんでした。
参道はいっぱい人がいました。

舞妓さんを捕まえて写真を撮っている外国人観光客がいました。

ねねの道

円山公園
満開の時は存在感のある祇園桜も、この季節は寂しいです。







知恩院


御影堂

ここの屋根の方に、忘れ傘というのがあります。

下の写真の黄色で囲ったところです。

傘の柄が見えます。

傘というと雨を連想するため、火事を防ぐためにわざとおいたという説があるそうです。

こちらにも方丈庭園というのがありました。

















法然の墓


友禅苑






知恩院を出てさらに進むと、青蓮院です。
シンボルとなっている巨大な楠

いま、ここの青不動明王が期間限定で拝観できます。

撮影禁止なので、青不動の写真はなしです。






さらに北へ行って少し東へよると、これまた紅葉の名所の永観堂です。


ここも人がいっぱいです。










多宝塔から見下ろす京都












茶店が繁盛していました。


哲学の道を北上します。



きょうのねこさん






銀閣寺付近も人いっぱいです。

ここで紅葉巡りを終え、四条烏丸まで歩いて、阪急で帰りました。
鴨川

最初はこんなに歩く予定ではなかったのですが、全部で15kmほどになったようです。
GPSロガーを持って行けばよかった。

2009/11/08 京都御所/唐招提寺/薬師寺/東大寺

前の週のTV番組で、唐招提寺の金堂の修復工事が完了したことを記念して、この寺の修復作業のエピソードや、寺創設時の逸話などをやっていました。そういえば行ったことがないなと思い、行ってきました。ただし、京都御所の一般公開がちょうど行われているので、これを先に行くことにします。

始まってすぐの9時に着いたのですが、すでに人がいっぱいいました・

はたらくわんこ



今年は天皇即位20周年ということで、即位の礼に関する展示がありました。


即位の礼で使われた道具


広場で蹴鞠の実演があるそうですが、あとの予定があるのでまたの機会にします。

庭の木も少し色づいています。



高御座。即位の礼の時の、天皇の御座です。










蹴鞠実演の準備をしている人がいました。





出入り口に交番があります。

ここで、京都をあとにして、奈良へ向かいます。
地下鉄から近鉄に乗り入れしているので、竹田で急行に乗り換えて西の京まで行きます。
西の京駅

この駅のすぐそばに薬師寺がありますが、まずは唐招提寺へ向かいます。




これが、平成大修理を終えた金堂です。

鴟尾とよばれる大きな瓦。これまでついていたのはそれぞれ天平と鎌倉時代に作られたものだそうですが、劣化が激しいので、別途保管することになり、これは新たに作ったそうです。これを作るときの苦労もTVでやっていました。





鑑真の墓





講堂

そのあと、薬師寺へ向かいました。



僧坊で、講話をやっていました。


東塔は、来年からの大修理の事前調査のために、足場が組まれていました。

西塔はすっきりしています。

南門



金堂

大講堂

少し離れて、玄奘三蔵院があります。

ここでは、玄奘三蔵の分骨が祀られているそうです。
過去に、薬師寺の僧が、玄奘三蔵と交流があったらしいです。

一通り見終わったところで、お昼をかなり過ぎていたので、お昼にしました。
歩いている途中に、田舎料理という看板があったので、それにつられて入りました。
お店の写真撮るの忘れた。
風流弁当 けんずい(田舎料理 草ノ戸)

出るとき気づいたのですが、皇族の人が来店したりしているようです。
お値段が高めなわけだ。

まだ時間があるので、近鉄奈良駅まで行って、奈良公園や東大寺へ行きました。
名物、鹿がいました。



けんかをしている鹿もいました。

角のない方が勝ちました。負けた方は、突然走り去っていきました。どういう風に決着がついたのかは全くわかりませんでした。
勝ち誇った勝者。

ここも紅葉していますね。背景は若草山です。(たぶん)




抹茶ソフトクリームを食べて歩いていたら、鹿が寄ってきました。鹿せんべいを持った人が近づいて、せんべいをあげようとしたのですが見向きもせず、こちらにすりすりしてきました。仕方がないのでソフトクリームのコーン部分を差し出したところ、あっという間に食べてしまいました。

東大寺の門




人がいっぱいですね。

鹿もいっぱいいます。



大仏殿に向かいます。






二月堂





そういえばという感じで思い出しました。国立博物館で正倉院展をやっています。
翌週の半ばで終わってしまうので、行くなら今しかありません。

入場まで30分待ちと書いてありましたが、実際は10分も待たず入れました。
ただ、中はかなり人が多く、展示を見るのが大変でした。
この前の京都のルーブル美術館展で役に立ったので、今回も音声ガイドを借りて見ました。
正倉院には、聖武天皇ゆかりの品や東大寺関連の品が保管されており、毎年、少しずつ公開しているようです。

皇后が蚕室(さんしつ)を掃いて蚕神(さんしん)を祀る儀式に用いられた儀式用具として、箒が展示されていたのですが、この儀式をうたった歌が万葉集にあり、そのときに使われたのがこの箒だったという解説があり、実物を見る感動がありました。建物とかでは歴史的出来事の現場というのはありますが、道具の現物というのはなかなかないですね。

最後に、天皇即位20周年ということで、皇后が育てた日本古来の蚕を使って作った絹製品(正倉院の宝物の再現)の展示や、天皇家が奈良を訪れたときの記録などが展示されていました。

博物館を出たところ、入場待ちの列がかなり長くなっていました。夕方になると人が減ると思っていたのに対して逆だったので意外でした。

6時前でしたが、すっかり暗くなっていました。
近鉄奈良駅

近鉄で京都まで行き、JRで帰りました。

2009/11/07 仙人風呂と紀伊半島巡り

今年も紀伊半島、川湯温泉の仙人風呂が始まりました。
川の底を掘れば温泉が出てくるという川湯温泉において、水量が少ない冬の間だけ、常設の露天風呂が作られます。
昨年は、いずれいこうと思っているうちに終わってしまったので、今年ははじまってすぐの11月に行ってきました。

ブレイドで出かけました。
京名和道+R24で五條まで行って、そこからR168で南下します。

道の駅 吉野路 大塔

だいたい改良が進んでいるR168ですが、まだ一部狭いところがあります。そのあたりで新しい橋を造る工事が進んでいました。

道の駅 奥熊野古道ほんぐう

R311に入ってすぐ、川湯温泉にはいると、それらしいものが見えてきます。
河原に臨時駐車場がありました。

駐車場に駐めて進みます。

川の温泉ですね。


湯加減がいい場所があるんですが、そこに居座っても、流れがあるため、しばらくするとぬるくなったりします。このため、暖かいところを求めて移動したりしていました。
熱すぎるところはなかったです。


自前で掘っている人もいました。

満足して、紀伊半島で残っている道の駅スタンプ巡りに向かいます。
道の駅 熊野古道中辺路
熊野古道のベースになるところらしいです。いずれ行きたいです。

道の駅 ふるさとセンター大塔

道の駅 水の郷日高川 龍游

ここで、お昼として、アマゴ唐揚げ定食を食べました。

道の駅 San Pin 中津

風力発電の設備のメンテナンスをしていました。大きいので大規模ですね。

R424を北へ向かいます。
ところどころ酷道区間がありました。


道の駅 紀の川万葉の里

冬期は施設が17時に閉まってしまうそうです。このため、スタンプは押せませんでした。
まぁ、それほど遠いところではないので、また来ることにします。

あとは、R371で河内長野の方に抜け、ナビに任せたところ、外環ではなく中環を通ることになりました。
たしかに流れはいいので、これが正解なのかも。