2010/02/26 猫カフェ

2/22日が「にゃん・にゃん・にゃん」で猫の日だったということで思い出して、猫カフェというところに行ってみました。
以前からチェックしてあった、高槻の「ねこの部屋 あまえんぼう」です。

お店に入って1時間コースを選び、両手を消毒して部屋に入ります。(入口の写真忘れた)

猫いっぱい








この子の横に座ったところ、ずっとそばにいてくれました。

この子はゲストの子猫だそうで、他のお客さんに遊んでもらっていました。

1時間だと持て余すかなと思いましたが、猫の様子を見たり、他のお客さんと遊んでいるのを見ていたら、ちょうどいい時間でした。
知らない人がいることには慣れていますが、やっぱり初対面で甘えてくることはないので実家の猫のほうがいいですね。

↓この子たちは、良くも悪くも特別扱いしてくれます。(実家の猫たち)

27日の土曜日は、用事があって出かけられなかったので、TDM900のバッテリーをつないで、チェーンに給油して、タイヤの空気圧を調整して、今シーズンの出撃体制を整えました。
3年目に突入しようとしていますが、セル1発でエンジンが掛かり、順調なようです。

2010/02/21 仁和寺とか、散歩

前日もラーメンを食べに草津へ行ったのですが、この日も京都の宇多野のほうへ散歩がてらラーメンを食べに行ってきました。
遠くへ行くネタがないとき、よく、京都や大阪のラーメン屋さん巡りをしているのです。

宇多野というと、周山街道の入り口でかなり北西に位置するのですが、散歩を兼ねていたので阪急西京極駅からR162をずっと北上しました。
天神川沿いをずっと歩きましたが、周山街道へ向かうバイクの群れがいっぱい通過しました。冬でもみんな走るんですね。まぁ、天気がよかったからそれほど寒くないですね。

ラーメンをいただいて(この日は桃花春へ行きました)、そのまま帰るのももったいないので、近くに何かないか探すと、すぐ東に仁和寺があります。2年ほど前に来たことがあるのですが、寄っていきました。











こんな風に、ちょっと用事があって出かけたついでに文化財を見学できるのが、京都に住んでいることの良さですね。

ここから適当に歩き、西大路を下って西院から帰りました。

地元に帰って、そろそろ梅が見頃かなということで、おなじみ長岡天満宮へ行ってみました。
満開の樹がありますね。





本殿

本殿脇の梅はまだまだですね。


裏の梅林に行ってみました。

やっぱりまだ早いようですね。



京都の梅は、来週あたりが見頃でしょうか?

2010/02/20 草津の散歩

滋賀県の草津に美味しいラーメンやさんがあるというので行ってきました。

JR東海道線で行ったのですが、途中の駅という駅に三脚を構えた人たちが待機していました。
なにか珍しい列車が通るようです。

列車のアナウンスで、「草津駅でイベントがあるためホームが混雑しているので注意してください」と言っていました。草津で降りてみると、いました。

草津線全線開通120周年記念らしいです。


機関車に引かれているのは和風客車あすかです。
写真を撮る人がいっぱいでした。








わたしがいたときは「人が多いな」くらいで済んだのですが、この後に線路に人が入るトラブルがあったそうですね。

目的のお店でラーメンを食べて駅に戻って来ました。
(行ったお店は麺屋風火です)

駅前に「草津宿本陣こちら」という看板がありました。つられて歩きだしたところ、旧東海道がありました。


このトンネルの上は道路っぽく見えますが、実は川です。川底が周囲より高い、天井川です。



江戸時代のみちしるべ。ここが東海道と中山道の分岐点だそうです。

明治時代に郵便が始まった当時のポスト。今も集荷しているそうです。

本陣



それらしい風景が続きます。







宿場を過ぎると立木神社というのがありました。

なぜか、狛犬ではなく、狛鹿です。


ここにも鹿。


謎です。

梅が見事な民家の庭がありました。

いつの間にか南草津駅に着きました。この駅周辺はマンション建設ラッシュがすごいですね。一周りして見学してきました。

きょうのにゃんこ

2010/02/14 南部梅林

毎年恒例になってきましたが、南部の梅林が見頃になったそうなので行ってきました。駐車場が混雑するので、早朝に出発して、高速で行きました。

岸和田SA

紀の川SA

日の出

無事、南部梅林に着きました。3回目なのでナビに頼らなくても迷わず行けます。



満開だそうです。












イベントの準備をしているようです。







朝を食べていなかったので、開店準備をしている売店でさんま寿司を買って、梅と海を見ながら食べました。















梅林を去る頃には、駐車場はいっぱいになっていました。
このあと、例年通り、白浜の崎の湯へ行きました。

円月島

グラスボートが出ていました。

これもグラスボート?

崎の湯

海を見ながらの温泉は気持ちいいです。

とれとれ市場に寄りました。


海鮮市場ですが、何故か、地場物の、菜の花、春菊、みかんを買っていきました。(安かったから)

この後、田辺がまちおこしでやっている「あがら丼」というのを食べようと思っていました。「あがら丼」というのは、地場の食材を使った丼を認定するもので、店によって内容が異なります。ある店を目指して行ったのですが、駐車場が入りにくかったのでスルーしてしまいました。朝ご飯とはいえ、さんま寿司を食べた後だったこともあり、まぁいいかという感じでした。

それからは、海南までR42で北上して、R424-R24でかつらぎ町まで行って、道の駅 紀の川万葉の里に寄りました。
ここで、現在やっている、近畿道の駅スタンプラリーのスタンプ帳が埋まりました。でも、2月、3月に新しい道の駅のオープンが予定されているので、どうせならということでこれらのスタンプも押してから終了することにします。締切は3月末なので...



ここからは河内長野まで出て、R309-中央環状線-R1で帰りました。
GPSログをよく見ると、中央環状線からR1へ入るところでミスコースしていることが確認できるはずです。西行きと東行きとは曲がるところが違ったのを忘れていました。「東行でも左折だ」というのが頭にあったので、それがミスコースの原因でした。

2010/02/13 伏見散策

初詣のタイミングを逃してしまいましたが、伏見稲荷へ行ってきました。ついでに伏見をいろいろ歩いてきました。

おなじみ伏見稲荷


奥社へ回ります。





奥社


さらに、稲荷山の上まで行きます。


四辻まで一気に登りました。

今回はさらに一ノ峯まで行きました。

きょうのにゃんこたち








一ノ峯

反対側から戻ります。

四つ辻を過ぎて、途中から来た道を外れて裏を通りました。

途中、大きな荷物を背負って登る人がいました。
上の売店の人が商品を運んでいるのかと思えば、この人はクロネコヤマトの制服を着ていました。
こんなところまで配達するんですね。通常料金でいけるのでしょうか?
しばらくすると、空荷になって軽快に駆け下りてきました。



きょうのにゃんこたち その2




ここで変なもの発見
この鳥居、よく見ると泣き別れになっています。
もともとつながっていたのが事情により切り離したのかと思いましたが、「鳥居の上部を開くことで運が開ける」という意味を持たせるために作ったそうです。

参道では、名物すずめの焼き鳥を売っていました。

伏見稲荷を離れて、城南宮へ向かいました。まだ行ったことがありません。

梅が咲き始めていますね。



車の祈祷をやっていました。よく、城南宮のステッカーを貼った車がいるんですよね。


このへんは、一寸法師が上陸したところだそうです。

ずっと南へ向かい大手筋通に入ります。
伏見の酒蔵が点在するエリアです。
松本酒造

伏見といえば、坂本龍馬にちなんだところも幾つかあります。


大手筋商店街

お昼にします。
鳥せい

人気があるらしく、30分くらい待ちました。
まずは、生酒。歩いてきているので全然平気です。
ここは、「神聖」というブランドの蔵元と関係があるようです。
お店とつながって、直売所がありました。

とり酒粕鍋

鶏飯(けいはん)

ご飯を適量茶碗に移して、具を適当に乗せて、だしをかけて食べます。
こんな感じ


古いお店の格子に歴史的な跡がありました。

明治維新の鳥羽伏見の戦いがここで行われて、流れ弾があたった後だそうです。

月桂冠大倉記念館

入場料300円を払うと、おみやげのお酒を1合くれます。




最初は伝統的な酒造りの説明です。





後半は月桂冠の歴史です。

川に出ると、十石船の乗り場がありました。夏は乗れるようですね。


寺田屋がありました。今年は人気ですね。

現在も旅館として営業しているようです。

弾痕とか、刀傷とかがありましたが、実は寺田屋は鳥羽伏見の戦いの時に消失してしまった可能性が高いそうです。





龍馬の部屋はひといっぱい





竜馬通り商店街


黄桜記念館


キザクラカッパカントリー
マスコットのカッパについての展示がありました。
ここでは、生酒をワンショット100円で提供していました。

最後に近鉄桃山御陵前駅まで行って帰りました。