うなぎ

雨降りで行くところがないので、電車でウナギを食べに行ってきました。
昨夜、スーパーで夕食の買い出しをしていたときに、うなぎ蒲焼きがあったので買って食べようと思ったのですが、最近の騒ぎのせいで、国産の中でも高いものしか売っておらず、それならうなぎやさんで食べた方がいいということにしたわけです。
(安い国産って、いまは疑われてしまいますしね)

大阪梅田から北東に行ったところにある、魚伊本店です。
雨だし例のニュースの影響もあるし、空いているかと思ったら満員で、しばらく待ちました。

例の騒ぎに対応するため、産地についての記載がありました。

うなぎ丼(特上)

そのあと、なんばと梅田で買い物をして帰りました。

USB充電のための装備を整える

TDMの電装工作その2です。
TDMで夏休みに北海道に行ってきますが、毎日宿に泊まるわけではないので、毎日ACコンセントから各種装備を充電するわけにはいきません。
携帯電話、GPSロガー、Bluetoothアダプタなどが毎日充電を必要とします。また、宿に泊まったとしても、コンセントを独占するわけに行きませんしね。

というわけで、自前で充電できるようにします。TDMから電源を取るのですが、さすがに走っているとき以外だとバッテリーが上がる危険性があるので、走っているときだけ充電するようにします。その間は使えない機器が出てきますが、それはあきらめます。

普通、防水シガーソケットを取り付けて充電している人が多いようですが、充電を必要とする機器が多いこと、防水といっても接続中は保証されないので雨の中での充電に不安があることなどから、雨の中でも複数の機器が充電できる仕組みを作りました。
雨の中でも大丈夫で、比較的スペースのあるところというと、トップケースです。その中に電源を引き込めば安全に充電できます。幸い、GIVIのトップケースE470は、ストップランプを後付けできるようになっており、ストップランプを発光させるための電源を取り込む仕組みがあります。これを使って電源を引き込むことにしました。

電源を引き込むしくみはストップランプの後付キット(GIVI S450 LED KIT)の中に含まれています。なんか、ジョイントの部分だけでも補修部品として入手できそうな感じなのですが、バラで買ってもキットと大して金額が変わらないのと、バラで買ったとき、不足する部品があるかもしれないので、キットで購入しました。

まずは、ベース部分にジョイントを取り付けます。ベースに穴を開けるのですが、穴あけ部分はモールドされているので打ち抜けとの指示。ケースに付属する汎用ベースはプラ製なので簡単そうですが、モノロックベースMMはアルミダイキャスト製です。タガネを調達してきておっかなびっくりでやったところ、何とか打ち抜きができました。きれいな円形ではないので、残ったところを地道にヤスリで削ります。
下敷きのかまぼこ板を入手するために、特売のかまぼこ2個を購入しておいしくいただきました。

穴が開いたところに、ジョイントの下部分をはめ込みます。ケース側の配線ガイドの形を見て、端子配列は縦の方がいいと思ったのですが、実際は横配列にするのが正解だったようです。まぁ、上下を合わせればどっちでもよいので、このまま縦配列でいくことにしました。

ジョイントを取り付けたベースを再びTDMに取り付けます。

電源ケーブルの車内への引き込みは、シート後部から引き込むとケーブルがシート内に向かって傾斜することになるので雨の時に水がケーブルを伝ってシート内に侵入してしまいます。そこで、グラブバーの根元を経由して下側からシート内に入るようにします。こうすれば、水はシート下に入らず、途中で落ちてくれます。

電源の取り出しはこの前のナビ用のところからの分岐にします。キースイッチONの時だけ通電します。

ケース側にも穴を開けます。こちらは簡単でした。

こんな感じで車用のシガーソケットを取り付けます。このシガーソケットは、USB電源端子を2ポート持っているので、USB機器が2個充電できます。また、シガーソケットにUSBアダプタを取り付ければ、さらに充電可能機器が増えます。

シガーソケットと電源引き込み部との間は最初はギボシ端子にしていたのですが、面倒なので2極カプラに変更しました。シガーソケットに挿入する、USB2ポートアダプタを調達してきたので、最終的には4つのUSB充電が可能となりました。

ソケット自体は、マジックテープで固定するようにします。

2008/06/27 長野

出張で長野に行ってきました。佐久市です。

京都から東京まで東海道新幹線で行って、東京から長野新幹線あさまで佐久平へ。

佐久平駅


残念ながら、浅間山は雲の中でした。

長野県は、山の裾野が広がる風景が独特で、魅力があります。しばらく走りに行っていないので、久々に行きたいですね。ただ、福井から京都に変わったので距離的にはきつくなりました。でも、ずっと高速道路が整備されているのでかえって早いかも。

仕事が終わって、今度は長野まで行って、中央線経由で帰ることにしました。でも、東京周りの方が早いんですよね。乗り継ぎもいっぱいあるし。

長野駅で乗り継ぎに40分くらいあったので、途中下車。

善光寺参道。さすがに寄る時間はありませんでした。

駅前のそば屋で信州そば

長野から名古屋へ向かう特急しなのは振り子電車です。酔いはしませんでしたが、横Gが加わってワンテンポおいてから傾くあの感覚は慣れませんね。
途中、ずっとR19沿いを走ります。R19といえば、何回か通った道です。奈良井宿の木曽の大橋など、見覚えのある建物などもありました。

名古屋からは東海道新幹線で帰りました。

それにしても、往復10時間かけて移動して、打ち合わせ2時間って..

黒のTDM

まずはこの写真を見てください。

あれ?TDMを黒に塗り替えた?と思われるかもしれません。

しかし、続く写真を見てください。


ここがどこかわかるでしょうか? 乗鞍スカイライン 畳平駐車場です。
ここは、2002年10月以降、一般車は入れなくなっています。ということは、この写真は2002年以前ということになります。
実は、2002年当時、’02TDM900を所有していたのです。ところが、当時のライフスタイルの関係上、あまりバイクに乗る機会がなくて、もったいないので2003年に売却してしまったのでした。売るときもかなり寂しかったのですが、理性的に考えると仕方ないことでした。それ以来、原付スクーターは所有していたのですが、それもあまり乗ることもなく、今年になるまで2輪ライフからは離れていたのでした。
昨年夏頃から余裕が出てきて、2輪に復帰することも考え始めていたのですが、そのとき(9月)にはすでにTDMの在庫はなくなっており、’08モデル待ちということになり、さらに福井から京都へ転勤という話になり、激動の日を迎えることになったのでした。正月休みを使って引っ越しをしろという血も涙もない指示に従って引っ越しをして、まずは原付2種のADDRESSV125Gを手配し、そのあと最寄りのYSPへ行ってTDMを注文したのでした。最初は赤を頼んであったのですが、今回のロットは赤は売り切れと言われ、’02では黒だったので、’08はシルバーということにしました。
この機会に、わたしの2輪車歴を紹介します。

最初:JOG< 大学時代(大阪)に、同級生から譲ってもらいました。趣味というよりは足でした。その当時からKP61スターレットに乗っていたので、補助としての役割でした。駐車場が下宿から離れていたので、駐車場までJOGで行って、そこからスターレットという使い方もしました。 2番目:DT125 Rがつかない、モノサスでないやつです。兄の知り合いに中古で譲ってもらいました。オフロードがほしいというより、せっかく中型免許を取ったので乗りたいというノリで決めました。やっぱり足として使っていた気がします。 3番目:DT200R ツーリングに目覚めたバイクです。ひょんなことで寄ったレッドバロンで、新古であったものを即決したものです。当時、すでに社会人になっていました。(福井在住) 毎年、GWに九州に行っていましたが、たいてい雨にたたられて、「あいつが行くと雨になる」と言われていました。信州もそこそこ行きました。 4番目:TDR250 富士山の5合目からの林道でこけて以来、DT200Rがオーバーヒート気味になっていたこともあり、乗り換えました。兄が買ったものですが、兄は体格が小柄だったため足つきが悪いとのことで、譲ってもらうことになりました。5000回転を超えたところの、異次元の加速が気持ちよかったです。じゃじゃ馬ながらも、いろんな林道にチャレンジして、ニーグリップの大切さを学びました。 5番目:KLE400 2ストの煙がまわりに与える影響などが気になって、4ストに乗り換えました。これが一番ツーリングで走り回ったバイクです。GWには九州へ行って、夏休みには北海道、それ以外は信州などを走りました。また、四国の剣山スーパー林道を走破したのもこれでした。 6番目:TTR-250Raid 横浜へ転勤になり、引っ越しをしたのですが、その頃、TT-Rが販売中止になると聞いてあわてて注文しました。KLEはそれでよかったのですが、車格が大きいため、乗るときは「さぁ、乗るぞ」という気合いを入れる必要があり、それがおっくうになることもあったので、気軽に乗れる250のオフを求めていたのでした。西関東をベースに道志みちや伊豆などを走りましたが、関東だと高速道路を走ることが多いのに対してTT-Rは100km/h近くの巡航を苦手にしていることがわかり、その一方、林道を走ることがあまりないことが続いて、ストレスがたまる一方でした。TT-Rが悪いというわけではなく、わたしの志向する使い方とあっていなかったということですね。 7番目:Grand Axis 100 TT-R Raidと同時期に導入しました。街乗りの足として、100ccは重宝しました。原チャリの手軽さ・いい加減さと自動2輪の制限速度の緩さがナイスでした。 8番目:KLE400 TT-Rはわたしの使い方にはあわないと言うことがわかり、再びKLE400に戻りました。KLE400もその当時排ガス規制から生産中止となっており、流通在庫の最後のものを手に入れました。伊豆、富士、房総などのツーリングに出かけました。 ↓この写真、わたしが撮ったバイク写真では一番見事な写真だと自負しています。

9番目:リモコンJOG
事情により神奈川県内で引っ越したのですが、その最寄りの駅では50ccまでしか駐輪場が対応していないとのことで、100ccから50ccに乗り換えました。100と比べると、かなりおとなしい印象でした。

10番目:TDM900
ちょっとした思いつきから会社の終わったあとに自動車学校に通うことになり、 大型2輪免許を取得しました。となるとバイクもそれなりのものがほしくなり、それまでの延長としてTDM900が候補としてあがりました。TDM850に注目していたのですが、ちょうど900が発売になったので飛びついたというのが事実です。
DT→TDR→KLE とくると、TDMは自然な流れかなと思います。オフロードは捨ててますが... (もともと、姿勢が楽だからということと、突然オフロードになっても対応できるというレベルの消極的な発想ですし...)
ただ、前述のように、あまり乗らないうちに手放すことになって、悪いことをしたと思っています。

このあと、福井に戻りましたが、その間はたまに乗るJOGだけでした。

ということで、今の装備

11番目:ADDRESS V125G

買い物に重宝しています。長距離もそれなりにこなすことがわかったので、今後も活躍してもらう予定です。

12番目:TDM900A

このブログにたびたび出ているものです。今後の活躍に期待。

番外:BLADE

これまでにもブログに写真は断片的に出ていたものです。2.4Lながら、CVTなどのために燃費は悪くないです。

2008/06/22 越前そば 一福

先週末は天気が悪かったので、自動車で実家に荷物を取りに行っていました。
帰りに、ひさびさに越前そばの一福へ行ってきました。
一福は、福井県の池田町にあります。ちょうど、酷道R417で冠山を越えたところにありますので、酷道ツアーついでに寄るのもよいのではないでしょうか。

酷道R417の、まだ普通の区間を使って越前市から池田町へ向かいます。


そば処一福

ここのそばは、典型的な越前おろしそばとは違って、塩だしが名物です。
大盛りもありますが、「一つ」、「二つ」と数で注文する客が多いです。塩だしとしょうゆだしを一つずつたのみました。
塩だしは一度試す価値はあると思います。

案内板の点線部分が噂の冠山峠区間です。



あとは、ごくまじめにR161で帰りました。

2008/06/15 実家から帰る

日曜日は実家から帰ってきました。
R161だと退屈なので、R367の鯖街道経由です。

越前海岸 杉津のあたり



道の駅 マキノ追坂峠

道の駅朽木新本陣。ここで昼ご飯を買いこみました。

鯖街道の途中、安曇川の河原に出て、清流の音を聞きながらお昼です。

焼き鯖寿しと、山菜天ぷら盛り合わせ

あとは適当に帰りました。

TDMはすっかり慣れました。以前走っていた程度には乗れるようになりました。(うまくはないけど)

2008/06/14 白川郷

福井の自宅を拠点として、ツーリングです。
ロガーがうまく動かなかったらしく、途中がとぎれた二つのログになってしまいました。


実家にいた頃から定番になっていた、白川郷経由のツーリングです。R158-R156で向かいます。

道の駅九頭竜…にある、恐竜。ちゃんと動いて吠えます。

九頭竜ダム付近にあった、看板の落書き。思わずうなずいてしまいます。

九頭竜ダム


ひるがの高原付近

ここからR158と別れて御母衣ダムへ向かうR156へ。

荘川桜。GW頃にすごい姿が拝めるはずです。


御母衣湖

御母衣ダム


この↓写真を撮ったあと、これを見ていた別のライダーが、同じ場所にバイクをおいていました。みんな撮りたいアングルなんですね。

ダムのそばにある遠山家住宅

その先にある、道の駅飛騨白山。今年できた新しい道の駅です。


昨年やった、中部道の駅スタンプラリーのスタンプ帳に押してないので、早速スタンプを押します。

ここには温泉が併設されているので、入ってみます。(厳密には、温泉が先にあったらしい)


そして、白川郷に到着です。これまで、いつでも行けるやと思って素通りしていたのです。

駐車場の売店で、飛騨牛の串焼きを売っていました。
柔らかくてスパイシーでおいしい。

初めて散策してみました。



展望台にも行ってみます。




白山方面にはまだ残雪があるようです。

白川八幡神社
そういえば、白川郷は某アニメ(厳密にはゲームか)ファンの聖地巡礼の地でした。

神社の絵馬が、こんな感じでした。


集落の中にも、それらしき格好をしたコスプレ集団がいました。
その方々の車でしょうか...いわゆる「痛車」というやつです。

なお、わたしはまだこのアニメをまとめてみていないので、このネタに関して絡むの禁止です。

用があって実家に電話してみたら、東北で大変な地震があったとのこと、こちらで起きていたら、道ごと崩れ落ちていましたね。
そばソフト

白川郷を離れ、北へ向かいます。
合掌大橋

横に見えた、東海北陸道。なんか、チューブの中を走っているみたいに見える。

道の駅上平。ここから富山県です。4月から北陸の道の駅スタンプラリーが始まっているようなので、スタンプ帳を購入します。


途中でR156を外れて、林道の山越えで旧利賀村へ向かいます。



いつも行っている、利賀村そばの郷 ごっつお館なかじま屋

白えびと野菜のかき揚げそば

道の駅利賀

イワナの塩焼きが売っていましたが、そばを食べたばかりなのであきらめました。

結び目がそのまま育った杉の木。何十年前にこんな遊び心を持った人がいたんですね。

以下、酷道と呼ばれるR417からの風景です。




R417からR156へ接続するところの橋を新設する工事をしていました。

そのあと、道の駅庄川、井波、福光とスタンプを押しました。ちょうど、北陸のガイドブックを持ったスカブ400の新潟ナンバーの人と前後したのですが、あちらもスタンプラリーをやっているらしく、どこに行っても会いました。

道の駅、庄川

帰りが遅くなるとまずいので、金沢を超えた美川からは北陸道で帰りました。

今回の訪問で、道の駅新設にともなう新たな空白地帯が埋まりました。
現在の道の駅訪問マップは以下のようになっています。
本家が重くて開かないことが多いらしいので、SSを貼っておきます。

2008/06/13 実家へ帰る

週末3日間の天気が良さそうなので、福井の実家をベースにツーリングに出かけようと、金曜の夜に実家に帰りました。
R171-R1-R161-R8の単純な道です。
途中適当なところで夕食を食べようと思っていたら、適当なところがなくて敦賀まで来てしまいました。(道の駅藤樹の里あどがわのHPに、レストラン22時までと書いてあったのに、真っ暗でした)

敦賀というとあれです、屋台ラーメンです。全国的に知られているわけではありませんが、敦賀の旧R8沿いに屋台ラーメンがいっぱい出ており、隠れた人気です。下調べなんて全然していないので、どこがいいかわかりません。最初に目についたところに入りました。あとから調べると、結構口コミがのっていますね。

屋台ラーメン ごんちゃん

ここからR365に行ってもいいのですが、夜の山道はさすがに怖いのと、冬期通行止め期間が終わった今も通行止め区間があるとの噂を聞いていたのですなおにR8にしました。

敦賀フェリーターミナルに停泊している新日本海フェリーの船。一ヶ月半ほどあとに乗せてもらうのでよろしくー

実家では、こんなのが待っていました。

クーラント漏れの件/とほ

用事があって梅田に出たついでに紀伊國屋書店に寄ってみたら、「とほ」の2008-2009版が売っていました。
ツーリングGoGoの北海道ポケットマップも入手したので、情報面では充実してきました。ってまだツーリングマップルが入手してないよっ。

YSPから連絡があって、例のクーラントのにじみはこのまま様子を見てほしいとのことでした。なんでも、ウォーターポンプのシールにメカニカルシールというのが使われているらしくて、そのメカニカルシールがなじむまで多少の漏れが生じるけれども、なじむと漏れなくなるそうです。
ということで、しばらく様子を見ることにしました。

北海道の手配については、宿をもう一つ予約しました。
ここについてはなかなかのネタなので、実際のレポートで報告します。
それから、キャンプ装備が10年近く前のものだったのをぼちぼち更新しています。

夏のツーリング予定


7月末に、ロングツーリングに出かける計画をしています。
現在、以下の手配が完了しています。

7/26 01:15 敦賀発 すずらん(2等寝台) 苫小牧東着 20:30
8/01 23:30 小樽発 あかしあ(S寝台)   舞鶴着    21:00
7/26 旅人宿 ふかふか亭 (新冠)
そう、北海道です。7,8年ぶりになります。以前はテント泊中心でしたが、今回は旅人宿などをそこそこ混ぜていこうかと思っています。まずは初日に苫小牧東港に夜の20:30に着くので、その夜は宿に泊まることにしました。苫小牧東から約50kmあるので宿着が遅くなり、夕食は無理かと思いましたが、遅くても大丈夫とのことでした。結構苫小牧東からの人が来るそうです。
なお、フェリーの予約状況を見ると、この時期はまだピークに達していないので比較的空いているようです。
今年の「とほ」も入手しないと...