2009/02/22 天神様の梅

先週の陽気で京都の梅もかなり咲いたようです。京都の名所である北野天満宮へ行ってきました。



梅林は七分咲きだそうです。

菅原道真公の有名な句










東門のところに、長五郎餅の出店があります。

長五郎餅の由来はこちら


長五郎餅と抹茶のセットを食べました。

京福北野白梅町駅付近でやたら渋滞していると思ったら、交通規制をやっていました。

全国車いす駅伝競走大会をやっているそうです。
かなりのスピードで走っていきます。


なぜか、伴走車はブレイドでした。

地元へ帰ってきて、もう一つの天神様、長岡天満宮です。









裏に梅林があります。



境内の茶店です

上で何か動いています。
通りゃんせの音楽とともに、人形が動いています。からくり時計のようです。

しばらくしたら、扉が閉まりました。

次に来るのは、桜の季節ですね。

2009/02/21 黒川温泉

先週に続いて温泉に行ってきました。今度は雪見風呂の黒川温泉です。

R9-R372-R176-北近畿豊岡道路で青垣まで行き、最後にR429で青垣峠を越えると着きます。篠山までは晴れ間があったのですが、それ以降は雪がちらついてきました。また、最後のR429青垣峠部分は酷道です。

青垣峠入り口

対向車がくると、すごいことになりそうです。幸い来ませんでした。


峠付近は結構な坂になるのでかなり厳しかったです。TRCが効きまくりです。

分岐がありました。

分岐から、すぐに黒川温泉着です。

10時からだと思っており、5分前に着いたと安心していたら、実は11時からでした。しばらく駐車場で待ちます。

ちょっと気配を感じて見ると、鹿が近くを歩いています。

こちらに気づくと、あわてて走り去っていきました。

ほかにも早く来た客がいたので、10:40くらいに、早めにあけてくれました。

露天風呂はお湯もきれいで、雪の舞う中、いい気分で過ごしました。

お昼はここで食べます。
ミニボタン鍋定食

実は、黒川温泉とミニボタン鍋定食は、昨年の同じ時期と同じパターンでやっています。京都へ引っ越してきて1年たったので、パターン化するものも出てきたようです。

黒川温泉の向こう側にある、黒川ダム


すこし道の駅をまわって帰ります。

道の駅 フレッシュあさご
ここは、播但連絡道路のSAにあたりますが、裏口があるので無料で入れます。

道の駅 あさご

道の駅 あおがき

道の駅 いながわ

今回は、シークレットスタンプが全然別のところにあることがわかっているので、いまいち道の駅めぐりの意欲が湧きません。
(橋が安くなってからいくつもりだったところにあるらしいです)
これで終わりにしました。

2009/02/15 梅林と白浜温泉

梅が満開と聞いて、南紀白浜へ行ってきました。またまた4輪です。

行き先は、昨年も行った、みなべ町の南部梅林です。
ここは、遅くなると駐車場が入れなかったり、渋滞したりするので、高速を使って早出します。
大山崎IC→名神道→近畿道→阪和道→湯浅御坊道→みなべIC
6時前に入ったので、大阪近郊の早朝深夜割引が適用され、阪和道以降の通勤割引も適用されたので、全線半額です。

阪和道 紀ノ川IC
朝早いので、パン屋さんは開店準備中でした。

みなべIC
備長炭の里が近くにあるため、コミック「びんちょうタン」のコラボ看板が出ていました。

みなべICから梅林まではすぐです。
ねらい通り、駐車場は空いています。というか、ほとんど一番乗りに近いです。ちなみに7:45位着です。

梅林入り口

入り口脇から満開の梅があり、期待させます。



売店を抜けます。

入園料を払ってさらに奥へ行きます。


梅林公園です。




このあと、ステージでイベントの準備が始まっていました。この日はいろいろとイベントが予定されていたようです。








早いので、まだ売店は準備中でした。

周遊Aコースを歩きます。
南紀はすっかり春です。


ここは、本来農業用の梅林なので、収穫用のモノレールがあります。

写真を撮っている人もいます。

おっ? とみると、うぐいす色の野鳥です。うぐいすかどうかは不明です。うぐいすにしては大きい? 2,3カ所で見ました。

ちょっと霞がかかって風流ですが、実は何かを燃やしている煙らしいです。


下りてきたところで無人販売所がありました。はちみつ味の梅干し200円を買いました。

帰ってきたところ、駐車場はいっぱいでした。早く来て正解です。

梅林を後にして、付近の道の駅を巡ります。
すぐ近くの、道の駅 みなべうめ振興館

次の駅まで、山越えの道があるので覚悟していったところ、やはり険道でした。
3回ほど、ぎりぎりの離合をしました。

道の駅 紀州備長炭記念公園

途中に、奇絶峡という渓谷があります。



このあと、白浜温泉へ向かいます。ここにお気に入りの露天風呂があります。
白浜温泉 崎の湯


ここは、日本最古の温泉らしいです。
波打ち際に温泉があり、ほとんど海面と同じ高さで海を見ることができます。
波が高いときは波が入ってきて、ぬるくなってしまうようです。
快晴のもと、のんびり浸かって快適でした。


お昼ご飯も白浜で食べます。
とれとれ市場の向かいにある、いただき亭です。漁協直営の店らしいです。温泉施設に併設されています。

白浜で最近売り出している、クエ料理を食べます。クエづくし御膳というのを注文しました。
クエは養殖らしいので、厳密にはクエとヤイトハタを掛け合わせたクエハタというやつだと思われます。
最近は、養殖場から逃げ出したクエハタが磯釣りにかかることがあるそうです。

クエ薄造りと、クエ胃袋もみじ和え

クエしゃぶ紙鍋、クエ天ぷら、クエアラ煮、クエアラ汁

さすが、湯浅の近くだけあって、湯浅醤油がおいてあります。

このあと、向かいのとれとれ市場を冷やかして廻りました。

まぐろ解体

クエハタ

近くに、近畿大学の実験養殖場がありました。
ここでクエの養殖技術が開発されたのでしょうか。


大きな魚がいます。


このあと、白浜定番の観光地を回りました。
千畳敷


三段壁



このあと、帰路につきました。貝塚までは休日割引がつくので高速に乗りましたが、有田-海南あたりでかなりの渋滞に巻き込まれました。完全2車線化が待たれます。
吉備湯浅PA

紀ノ川SA
リニューアル工事中でした。

貝塚からはR170で道の駅 いずみ山愛の里へ寄って、中央環状線経由で帰りました。

道の駅 いずみ山愛の里

できたばかりの頃は、中央分離帯があって東行きからは入れなかったのですが、今回は信号付きの交差点になっていました。

2008/02/07 丹波篠山とそば

いつも、R372で播磨へ向かうとき、丹波篠山を素通りしていました。
たまには篠山を訪ねてみようということで行ってきました。

いつものように、R372で篠山着です。

篠山城趾
篠山城は、徳川家康が天下統一後、西日本の外様大名へのにらみをきかせるために造った城だそうです。


この城は、天守閣は造られず、大書院という大きな建物が造られました。これが昭和初期に消失してしまったのですが、数年前に復元されたそうです。
大書院


大書院の裏庭には、かつての建物の跡が記載されていました。

大書院の横の、青山神社。
青山というのは、城主の名前です。

天守台。天守閣を造る予定だったところです。計画のみで中止になったそうです。



お堀の水は凍っていました。



城を出て武家屋敷通りへ向かいます。
小林家長屋門

武家屋敷の通り

武家屋敷安間史料館

もう開館時間になっていたのに看板は閉館表示になっていたし、受付の人たちは中でおしゃべりに夢中でこちらに気がつかなかったり、結構アバウトでした。


また通りへ戻ります。

青山歴史村

ここは、城主だった青山家にゆかりのあるものを展示しています。
土蔵に、版木とか、藩校の教科書ぽいものとかいろいろありましたが、撮影禁止のため写真なしです。
青山家は教育に力を入れていたそうで、平民も勉強できたそうです。

大正ロマン館
観光案内所だそうです。

篠山の町を離れてお昼ご飯に向かいます。篠山はそばどころで、いろいろあるらしいです。
R176と重複してちょっと走ってまた別れたあたりで山の方に行くとあります。
丹波 裁ち切りそば 一眞坊

開店から30分もたっておらず、田舎なのに、人気店らしく、駐車場いっぱいです。
いろいろとまどいましたが、ちょっと離れたところに車を停めるところが用意されており、無事収まりました。
ただ、その間にどんどん後から来た人が受付してしまったらしく、順番待ちのかなり後になってしまいました。


裁ち切りそばというのは、普通のそばが生地を折りたたんで切るのに対して、広げたまま包丁を動かして切るものだそうです。

店の横で、アヒルと鴨?を飼っていました。


メニューに、鴨ごはんとか、鴨鍋(要予約)とかありましたが、もしかしたら...

やっと順番が来て、席に着きました。わたしを呼ぶと同時に、閉店の看板を出していました。そばが尽きたのですね。
でも、開店から2時間たってないんですが...
席は、囲炉裏端です。

そばがきともりそばを注文しました。
そばがき

以前よそで食べたそばがきよりも柔らかくて、箸でつまむのに苦労しました。

もり

昼食を終えるとあとは帰るだけなのですが、せっかくなので道の駅のスタンプを回ることにします。

道の駅 とうじょう
ジャンボエビフライが魅力的なところです。
野菜売りのテントが出ていたので、大根を一本買いました。

道の駅 淡河
駐車場が狭いのが難点

道の駅 みき
サービスエリアみたいな入り方をする道の駅です。

道の駅 いながわ
閉店間際で寂しかったですが、ここもそばが定評なところです。

このあとは、R176-中央環状線-R171で帰りました。
茨木付近の渋滞は何とかならないものでしょうか...

2009/01/31 城崎温泉

よく日帰りで行っている城崎温泉ですが、福井の実家にすんでいる両親を連れて泊まりで行ってきました。

前日のうちに電車で実家まで帰っておいて、翌朝車で出かけます。
北陸道→敦賀→R27→小浜西→天橋立→R178(丹後半島)といったルートをとります。

道の駅 舟屋の里 伊根

伊根の舟屋集落

ちょうど、冬の嵐状態で、とても風が強かったです。

経ヶ岬

道の駅 てんきてんき丹後

城崎の近くには、そばどころ出石があります。両親は出石そばを食べたことがないとのことなので、出石そば屋に寄りました。
出石皿そば 一鶴

食べる前に写真撮るの忘れた。

夜にいっぱい食べることになるので、追加はせずに、5皿にとどめました。

城崎温泉に着きました。

喜楽

チェックインして浴衣に着替え、外湯巡りに向かいました。
御所の湯、柳湯、まんだら湯へ入ってきました。さすがにシーズンの夕方、どこもかなり混雑していて、入場制限をしているところもありました。
いつもはシーズン外の土曜の午前中なので、空いていたのです。

宿に帰ると夕食です。かにすきのコースです。
かにすき、焼きかに、かに刺しと、追加でかに天ぷらでした。
すっかりおなかいっぱいになりました。

翌日朝は、ご飯前に地蔵湯へ行きました。各外湯では、朝一番目の人に一番札というものをくれるそうですが、さすがにこの季節は寒くて早いうちから待つのはつらいですね。
普通の朝食ですが、湯豆腐がつきました。

帰りは久見浜湾を半周した後、丹後半島をショートカットして、敦賀までは下道で行きました。
(道の駅 舞鶴港とれとれセンター、シーサイド高浜に寄りましたが、写真なし)

昼ご飯は、小浜のかねまつに寄りました。
上定食

敦賀で両親と別れて車を降り、湖西線経由の新快速で帰りました。湖西線経由だと、新快速でも速いです。米原周りの新快速は、距離が長い上、米原まで各駅停車なので時間がかかります。