2009/04/30 九州1日目

ここのところ恒例となっていた、GWの九州旅行に行ってきました。
2007:ブレイド
2008:アドレスV125G
に乗って行ってきたので、今年はTDM900です。

この日、出勤日だったのですが、午後有休とさせてもらって、いったん家に帰って準備します。
前の日に荷造りをしてあったので、たいした準備は必要ありません。
2:30くらいに自宅を出発しました。
ほとんどR171一本です。

R171は、片側2車線ですが、右折レーンがないところが多く、1車線+長い右折レーンみたいな感じですぐ詰まってしまいます。今回フルパニアなので、すり抜けもできず、予想外に時間がかかります。
道は知っているので不安はありませんが、いらいらします。

結局、神戸港(六甲アイランド)に着いたのは、5時頃でした。
乗船手続きをしている間に2輪車の乗船が始まってしまいました。

阪九フェリーのターミナル

連休の途中だからか、バイクの数が少ないです。


わたしも乗船口へ向かいます。

無事収まりました。

フェリーつくし の内部

わたしの部屋は、2等指定A洋室です。
こんな感じの個室で、テレビもあります。


出航前にお風呂も終わったので、デッキに出て観察します。

夕日がきれいです。


近くに さんふらわあ ごーるど がいます。
ダイヤモンドフェリーの、別府へ行くやつらしいです。
昨年わたしが帰りに乗ったやつの僚船ですね。


出港準備が始まりました。
連絡橋が外されます。

自動車の搬入口も外されます。

留綱が外されます。

船が岸壁から離れていきます。

ターミナルで、職員の方が手を振ってくれました。でも、気づいている人はほとんどいない気がする。



日が沈みます。

ヨットとすれ違いました。動力航行中のようです。


結構低いところを飛行機が飛んでいます。

それもそのはず、神戸空港があります。

だいたい観察が終わったので、中に入って晩ご飯です。
アラカブの煮付け、じゃこおろし、もずく。アラカブは本格的に煮付けられていて、おいしかったです。

船内を見ると、2等(いわゆる雑魚寝)のところは1/4ほどしか人がいません。やっぱりなか日で空いているんですね。

落ち着いたところで、明石大橋をくぐるとのアナウンスがあったので、見に出ました。
ライトアップされてますね。

ライトの色が微妙に変わっているのがわかるでしょうか。ここのライトは、RGB3色を装備していて、自由な色にできるそうです。時間ごとに色を変えているらしいです。



くぐります

あとはおとなしく寝ました。

====== 以下は、現地からの実況投稿です =========

まもなく神戸港を出港です。 R171があちこち渋滞していて、着いたとたんに乗船開始でした。

2009/04/19 タケノコ掘り

タケノコの季節になりました。
長岡京は、最高級のタケノコが採れることで有名です。2月頃、市の広報誌に観光協会が主催するタケノコ掘り体験の案内があったので、申し込んでおきました。これが今日開催されました。体験料は大人2,000円です。

観光竹林に着きました。スクーターで10分ほどです。

すでにいっぱい来ています。全部で30人ほどだそうです。

ここは、放置されていた竹林を観光協会が借り切って整備しているんだそうです。

放置されている竹林と管理されている竹林の違いは、間引きがされていること、地面に雑草が生えていないことなどがありますが、そのほかにも、先止めということがやってあるかどうかの違いもあるそうです。
管理されている竹は、あまり高くならないように、若いうちに上の方を落としています。適当な時期に竹を揺すると、必要なところだけ残って先が落ちるそうです。背の高い竹は風を受けて倒れやすくなることや、養分が葉に食われてタケノコに行き渡らないなど望ましくないそうです。

放置された竹林

放置された状態から間引きを行って、再生中と思われる竹林

整備された竹林

衣装ケースを突き破った竹が...

スタッフの人がやり方を教えてくれます。

その後、実際に掘る竹林へ移動です。

4班に分かれて行動です。
今度は実物で実演してくれます。

こんな感じで出ているものを掘ります。

ちゃんと、根がどういう風になっているか考えて、「掘り」と呼ばれるクワで掘ります。
うまくいかないと、下が残って中折れとなります。
なお、このクワは、全国各地でいろいろな形のものがあるそうです。

わたしもやってみて、掘れました。ちょっと中折れ気味。

同じ班の人もやっています。



こんな感じで、将来の親竹にする候補には、印がつけられており、残します。




慣れてくると、どんどん掘ることができますが、結構重労働です。
最後になってくると、うまく根元から掘ることができるようになりました。

ちなみに、このへんには、つい最近、ベッキーが来ていたそうです。例の土曜日の番組ですね。昨日OAがあったようです。
道の駅からの帰りで走っていたので見られませんでした。

約1時間くらいでタイムアップとなりました。全部で10本くらい掘れたと思います。
自分で掘ったもののうち、1本だけキープすることができ、残りは集めてみんなに平等に配分してくれます。


予約しておくと、たけのこご飯の弁当を食べることができます。

郵便局の人が来て、ゆうパックの受付をしてくれたので、自分で食べる分をのぞいて、残りは実家へ送っておきました。
送った中で、一番大きいのがわたしが掘ったやつです。(実家向け業務連絡)

子供向けの企画かなと思っていましたが、子供には「掘り」を使って掘るのは無理なので、本当に体験できるのは大人の体格が必要です。子供は竹べらのようなものでやっていました。大人一人で来ているのがわたしのほかに一人いましたし、大人四人で来ている人もいました。

さっそく、夕ご飯はタケノコづくしです。
タケノコご飯、刺身、タケノコとフキの煮物
おまけで、鯛塩焼き(スーパーで切り身が半額で売ってた)、ワラビ(道の駅 ふたかみパーク當麻 で購入)、水なす漬け(道の駅 しらとりの郷羽曳野 で購入)

2009/04/18 暗峠のそばと道の駅巡り

ちょっと思い立って、そばを食べに行きました。
暗峠に古民家を改造したそば屋があるそうです。

乗り物は、アドレスV125Gです。

R1からR168で生駒へ、そこから暗峠へ登ります。
中腹のR308沿いにありました。

三たて蕎麦 春知

予約をしてくる人が多いらしく、入るなり、「予約の方ですか」と聞かれました。
会席メニューもあるのですが、これらは予約推奨なのだそうです。
男女ペアとか、女性2人組とかの客が多かったです。

天ざる蕎麦 大盛り

そのまま帰るのはもったいないので、奈良-大阪の道の駅巡りをします。

R168を南下

道の駅 大和路へぐり

道の駅 いながわ から、手打ちそばの露店が出張してきていました。

さらに南下します。
竜田川沿いに、公園がありました。


山桜はまだ花が残っていました。



ハナミズキと書いてありました。



ふと気づくと、法隆寺が近くにあります。
久々に行ってみます。





五重塔と金堂

庭に何かいました。

写真を撮ろうとしゃがんだところ、立ち上がってこっちへ向かってきました。
そして、わたしの足の間に陣取って寝ころんでしまいます。

動けません。


やっと脱出できました。



お帰りです。





夢殿



さらに南下します。
王子-香芝間のR168は慢性的に渋滞していますね。
渋滞する道では、50cc並の小柄な車体の125スクーターが重宝します。
今回、アドレスを選んだ理由です。

道の駅 ふたかみパーク當麻

R165に移って、大阪方面に向かいます。

道の駅 近つ飛鳥の里・太子

ここから府道の南河内グリーンロードで千早赤阪へ向かいます。
途中、ねらっていた道から外れたりしましたが、おおむね問題なく進みます。

道の駅 ちはやあかさか


道の駅 かなん

R170へ入って帰り道につきます。

道の駅 しらとりの郷・羽曳野

大阪の道の駅の多くは狭いエリアにかたまっているのでまわるのが楽です。

あとはR170-R171で帰りました。

2009/04/12 吉野山

だいたい各地で桜が終盤に来たのですが、近畿で少し遅れているところがあります。
奈良県の吉野山です。標高があるため、ほかより遅れているようです。 また、低いところから高いところまであるので、トータルとしては見頃が長いようです。

混雑が予想されるので、電車で行きます。
大阪を経由して、阿部野橋から近鉄で吉野へ向かいます。

近鉄吉野駅。人がいっぱいです。

ケーブルの駅。普通の人は、ここでケーブルとバスを乗り継いで一番上まで行って余裕で下りてくるのですが、歩いて登ることにします。




早速、桜が咲いています。




ケーブルの上まで来ました。

なんか、人いっぱいで、桜はあまり見えません。


黒門

蔵王院

途中で、桜を練り込んだ、桜そばというのをやっていたのでいただきました。

吉野葛の精製工程



吉水神社前です。
中千本が見えます。


この神社は、南北朝時代に後醍醐天皇が南朝の御所として滞在したところだそうです。


後醍醐天皇の玉座


ここは、豊臣秀吉が花見を開催したことでも知られているようです。


伝統の薬、だらにすけの店もありました。

まもなく、修行者の行列が始まりました。花を蔵王院へ納める行列だそうです。



中千本の桜が見られます。



桜吹雪が舞っているのがわかるでしょうか...






竹林院...大和三庭園と言われると、行ってみたくなります。



庭園に入ります。



見事な桜が続きます。












なんかすごい庭園でした。



このあたりが、上千本です。




吉野水分神社

この先は奥千本ですが、これまでと違い、山道ぽいつくりになります。

高城山展望台というところがあるので寄ります。



時間も適当なので、下で買っておいた、柿の葉すしを食べました。


金峯神社


かくれ塔。源義経が隠れたことがあるそうです。

これ以降は山道になります。

だんだん桜が見えてきました。



ここが、一番奥の、奥千本だそうです。

西行庵。西行法師が隠居したところらしいです。

奥千本といいながら、100本くらいしか見えません。
各地でお弁当を食べていました。

ここから戻りますが、できる限り行きの道を避けます。
















如意輪寺

後醍醐天皇の墓です。

如意輪寺の庭園に入ってみます。


後醍醐天皇自らつくった仏像。

楠木正行が最後の戦いの前に鏃で刻んだ辞世の句。

妖刀 村正。Muramasa Blade!










あとは、来たときと同様に、近鉄で阿部野橋まで行って、戻りました。

これで、桜の季節は終わりですね。

2009/04/11 薄墨桜

今年は無理だとあきらめていた薄墨桜、間に合いました。
先週はまだだと思っていたのですが、月曜日には満開になってしまい、今年はタイミングを逃してしまったと思っていました。
ところが、雨がなかったこともあり、今週末までもってくれたようです。

気温が高くなるとのことだったので、2輪で行きました。
渋滞するかもしれないので、サイドケースはなしで行きます。
大山崎ICから京滋バイパス→名神と入ります。

大都市近郊区間は1000円上限が適用されないので、早朝割引が適用される6時までに入った方がよかったのですが、ICに入ったのが、6:07…とってももったいない時間です。

値下げの影響か、結構交通量があります。また、日中気温が上がると言っていましたが、この時間だと手が冷たくなってきます。グリップヒーター起動です。

養老SA

大垣ICでおります。1350円でした。
R21からR157に入って本巣へ向かいます。薄墨桜はかなり渋滞すると聞いていたので覚悟してきたのですが、結局渋滞はありませんでした。到着時間8:45くらい。

2輪駐車場。200円だったかな


ちょっと登ると、いきなりその姿が飛び込んできます。

樹齢1500年と言われています。
薄墨桜は、彼岸桜の一種で、その特徴は、散り際になると花びらの色が黒ずんできて、薄い墨をさしたように見えることです。ちょうどこのときがそういう姿になっています。
隣の桜と比べるとわかりますね。

何枚も写真を撮ってしまいます。


すごい幹ですね。







周りには普通の桜もあります。




ふと周りを見ると、雪景色の山もあります。

能郷白山あたりでしょうか。

公園にはたくさんの人がいます。



駐車場に戻ると、バイクが増えています。やっぱり中京圏が多いですね。

薄墨桜公園を後にします。


R157をもう少し行くと、うすずみ温泉があります。

この温泉は、道の駅 うすずみ桜の里・ねお に併設です。

温泉は10時からで、まだ15分くらいかかるようでした。道の駅で買い物をして待ちます。(タラの芽、子持ち鮎甘露煮)

ここの風呂はぬるめですが、そのぶん長いことまったりしていました。露天風呂にはどこからともなく桜の花びらが飛んできて浮いていました。

温泉を堪能して去ります。
気温が上がってきたので、ウインタージャケットのインナーを外しました。それでもちょっと暑いかも。

こんな看板があると、地元・福井を目指してしまいそうで、酷道マニアの虫がうずきそうで、衝動を抑えるのが大変です。

少し戻って、谷汲のほうへ向かうと、すぐに和食屋さんがあります。
喜更(本当は、喜は七が3つ)

このへんでいいそば屋がないか検索して引っかかったところです。
そば屋というより、いろいろな和食をやっているぽいです。
ざるそば大と、山菜天ぷら

わたしが入ったときは、開店間際で客は2人だけでしたが、出る頃には満席になっていました。

そのまま大垣へ向かうのはつまらないので、徳山ダムへ向かいます。
谷汲山付近。このへんも桜の名所らしいです。



車を停めていろいろやっていて、ふと気づくと、地図の上に桜の花びらが...




道の駅 星のふる里ふじはし

ここには徳山民俗資料収蔵庫というところがあります。

ダムの底に沈んだ徳山村で使っていたいろいろなものを保存しているようです。
収蔵庫自体は有料なうえに、いまいち内容が乏しそうだったのでパスしたのですが、入り口に沈む前の徳山村の写真が展示されていました。
当時の写真とダム完成直前の写真とを比較して並べています。現地の建物はそのままダムに沈んでいるのかと思いましたが、基本的には更地にしてから沈んだようです。沈む前の徳山村の旧R417を走ったことがあるわたしとしても興味があります。
写真を見ていると、元地元の人の説明員の人が話しかけてきました。すると、ほかの一般客の方も会話に混ざってきました。多くの人は、このあたりにアマゴや鮎の釣りをやりに来ていたそうです。この支流の上流にはすごい大きい獲物がいたそうです。


ダムが近くなってきました。

似たような構図が多い


この看板にも、釣られそうになりますね。

徳山ダムに着きました。






冠山方面?


徳山ダムを後にして、少し戻ります。

藤橋城

途中からR303に入り、滋賀県木之本へ向かいます。
道の駅 夜叉ヶ池の里さかうち


この近くに、夜叉ヶ池への岐阜側の登山口があります。
(夜叉ヶ池は山のかなり上の方にある池です)
このため、ここで入山届けを出すようになっているようです。
ちなみに、福井側の登山口には入山届けを出すところはなかった気がします。

この道の駅では、ダチョウ料理が一押しです。ダチョウコロッケとか、ダチョウカレーとか...
この辺でダチョウを飼育していて、それで町おこしをしているようです。

道の駅から歩いていけます。


この建物。

いました。6羽しかいないんですけど、これで生産物をまかなえるんでしょうか...

さらに進みます。
この辺、ツーリングバイクが多かったです。マスツーが目立ちました。

やっぱり、この辺から夜叉ヶ池に登るようです。

R303の岐阜-滋賀間というと、酷道区間だったはずですが、すっかり改良が進んで、酷ぽいところはなくなっていました。

木之本IC
ここから、北陸-名神-京滋で帰ります。

多賀SA

草津PA

大山崎ICで出ると、やっぱり1350円でした。

2009/04/09 長岡京 八条ヶ池の桜

平日ですが、夕方に長岡天満宮の桜を見てきました。

おなじみ、入り口

満開ですね。

八条ヶ池



↓これは、個人の家の桜です。りっぱですね。


日が暮れてきました。と、同時に、ほぼ満月があがってきました。

夜になると、ライトアップされます。
暗くなってきたので、ISO感度が自動で上げられて、ノイズが目立ちますね。






2009/04/05 京都の桜巡り

金曜日の夜桜に続いて、日中の桜巡りをしてきました。

実はまだ行ったことがなかった、嵐山からです。

阪急嵐山駅に到着













天竜寺に寄ってみました。



きれいな庭園があります。

庭園はかなり広く、枝垂れ桜をはじめ、いろいろな花が咲いていました。
















天竜寺を出て、竹林の道を進みます。

竹林を抜けると、大河内山荘庭園というところです。
1000円と高いですが入ってみました。

大河内伝次郎という、昭和中期の俳優が作った庭園だそうです。

入園料には、抹茶のサービスが含まれています。







正面が、嵐山





高いところに出ると、正面に嵐山が迫ります。


ちょっと見えるのが、保津川峡


鳥が桜の花をついばんでいました。


大河内伝次郎資料館。丹下左膳の人ですね。

ここを出ると、すぐにトロッコ嵐山駅です。
今回は乗りません。






また思いつきで、常寂光寺に寄ります。







一番上からは、京都の町が一望できます。

小倉百人一首の藤原定家の山荘があったそうです。そういえば、この寺があるのが小倉山です。

ふたたび嵯峨野を歩きます。
のどかな風景が広がります。


清涼寺





広沢池





佐野邸。造園業をやっている個人の庭を桜の季節に一般開放しています。この人は、円山公園の祇園枝垂桜も手がけている人だそうです。










法金剛院


ここで、嵐山・嵯峨野は終わりです。
ここから、東へ向かいます。
JR花園駅から地下鉄を乗り継いでいこうと思いましたら、JR嵯峨野線の次のやつがなかなか来ないようなので、バスにしました。

錦林車庫で下りてしばらく歩くと銀閣寺道です。
なんか、すごい人です。



大文字山がすぐ近くです。




哲学の道を歩きます。
葉桜になっているものもあります。種類の問題でしょうか。






NHKの中継車も来ていました。





哲学の道を終わり、南禅寺です。




琵琶湖疎水の水道橋

インクライン



なんかいた


蹴上から地下鉄東西線に乗って、小野でおります。
醍醐寺 北門

豊臣秀吉が太閤花見を行ったことで有名なところですね。

長尾天満宮 があったので先によりました。



醍醐寺伽藍入り口






















三宝院にはきれいな庭園がありましたが、撮影禁止だったので写真なしです。

1日桜三昧でした。

2009/04/03 京都の夜桜

今年も桜の季節です。
金曜日の夜、桜を見にでかけてきました。

昨年行った清水寺の近くをまわります。

八坂神社


高台寺というところがライトアップをやっているそうです。
豊臣秀吉の妻、ねねが秀吉の没後開いた寺だそうです。


なんかライトアップしていますがよく見えません。


段階的に照明が変わり、しだれ桜が浮かび上がります。

裏庭には池があり、水面に風景が映りきれいです。
写真ではうまく写らないので、実際に見た方がきれいです。


圓徳院





八坂の塔

円山公園の祇園枝垂桜

公園は大盛況です。