CEATEC JAPAN 2008

千葉で開催されていた、CEATEC JAPAN 2008に行ってきました。
毎年開催されている、電気電子業界の見本市です。

例年通り幕張メッセですが、従来より使用する建物が少なかったです。
今年は新しく目につく技術はあまりなく、従来の技術を追求して洗練されたものを作った、新しいソフト・サービスを開発したといった展示が多かったです。
家電メーカーはTV関連の展示がメインでした。昨年と違って、Blu-Ray vs HD DVDの決着はついたので、ソフトの充実さをアピールする展示は影を潜めていました。

PANASONIC
今秋から名前が変わったPANASONIC

150V型の巨大プラズマディスプレイ

薄型プラズマディスプレイ

シャープ


超薄型液晶テレビ

ソニー

こちらも超薄型液晶テレビ


27型有機ELテレビ

超薄型有機ELディスプレイ

こんなに薄い

日産
日産のブースでは、携帯電話にインテリジェントキーの機能を内蔵したものを展示していました。
トヨタの時計と同じで、キーの回路を入れただけですね。来年商品化だそうです。

また、ぶつからずに自動的に避けるロボットをデモしていました。

AMDやマイクロソフトなど、PC関連企業も最近出展するようになっています。
AMDは家電用のデバイスとして参入したいようです。


AMDの、GPGPU(グラフィックチップにオブジェクトの移動などの物理計算をさせてCPUの負荷を軽減する)のデモ

スズキ
単独の出展ではありませんが、スズキが出展していました。
PIXYとSSCという2つのユニットです。大きい方がSSC、小さい方がPIXY。

PIXYが一人乗りの低速移動ユニットで、この中に乗ってジョイステック感覚で操作して街中を移動します。
SSCはPIXYを2台まで搭載できる母船的電気自動車(軽自動車)で、街と街の間を移動するのに使うそうです。SSCの操縦はPIXYに乗ったままでできるそうです。このような仕組みを使うことで、街中に車を持ち込む必要がなくなるそうです。


MITAC
MITACが出展しており、MIO323など、PNDの展示をしていました。写真のようにバイクでの使用も提案していましたが、防水はサインハウスの防水ケースを使う想定になっているなど、バイクでの使い勝手がよいとはいえません。バイク用として将来が期待できる展示はありませんでした。昨年はXROADが出展してバイク用のRM-A4000(わたしが使っているやつ)を参考展示していたのですが、今年はXROADの出展自体なかったです。

インクリメントP
インクリメントPはMAPFANの会社です。ここでは、サービスの提案として、即時性のある地図データ更新サービスを展示していました。通行止め(事故による短時間のものではなくて数日単位のもの)の情報も対応すると言っていましたので、酷道の開通状況など対応してくれたらいいなと思います。(需要が少なすぎて商売が成り立たないでしょうが...)

村田製作所
最後に、電子部品コーナーでは、村田製作所が、一輪車に乗って自分でバランスを取るロボット「ムラタセイコちゃん」を展示していました。二輪車に乗る、「ムラタセイサク君」のいとこだそうです。
二輪車だと、ぴたっと止まっていて、バランスを取っているのがわからず、知らない人にはすごいと思えませんが、一輪車だと前後に少し動きながらバランスを取るので、なんとなくすごいなと思えてきます。
ちなみに、このロボットそのものは売るために開発しているのではなく、このロボットに使われているいろいろな部品がこの会社の先進的な商品ということで、部品のすごさを知ってほしいとのことです。

2008/09/28 ツーリングスタンプラリー2008 in 近畿

ツーリングスタンプラリー2008 in 近畿というのをやってきました。
二輪車協会の近畿支部が主催しているらしいもので、京都の道の駅などの施設をまわってスタンプを押したりクイズの答えを探したりするものです。
ちょうど、近畿道の駅スタンプラリーを兼ねてできるので行ってきました。本日は曇の上気温が低く、ツーリング日和とはいえませんが、9月いっぱいで開催期間が終わるので最後のチャンスということで走ってきました。

コースは自由なのですが、モデルコースが設定されていたので、京都スタートのモデルコースで行きました。
R171から桂を抜けてR162周山街道に入ります。高雄のあたりに最初のポイントがあります。(モデルコースを逆に廻っています)

高山寺。世界遺産です。

クイズは、この説明版の一部が歯抜けになっているのを埋めるものです。

クイズは入り口でわかりますが、せっかく来たので中をのぞきます。
石水院の入り口。この中に、有名な鳥獣戯画図があります。


縮小版の鳥獣戯画図。でも、複製だそうで、本物は博物館にあるそうです。

こちらは大型版ですが、光が当たらないところにあるのでよく写真に写りません。これも複製なので、光を当てても困らないと思うのですが...

わんこ

ウッディ京北のところからR477に入ります。
コスモス畑

R477は有名な酷道なので、当然酷な区間が含まれています。快走部分もありますが、だんだん酷のにおいがする道になってきました。このツーリングスタンプラリーはツーリング初心者にもツーリングを楽しんでもらおうという趣旨のイベントのはずですが、「いきなり酷道を走らせてどうする」と心配してしまいました。(さすがに百井別れまでは行かないようです)
途中から府道(腐道)にはいると、次のポイント山村都市交流の森です。

ここもクイズポイントですが、問題の場所がわかりません。結局、入り口の看板でした。


さらに進むと、美山の茅葺きの里です。特にスタンプラリー進行には関わってきませんが、立ち寄りポイントとして指定されています。

この前来たときと同様、お食事処きたむらでそば定食

さらにすすんで、道の駅 美山ふれあい広場

R162を越えて、府道を行くと、日吉ダムがあります。



ダム資料館
このなかで、ダムカードを差し上げますというのが気になりました。今日は係の人が席を外していてもらえなかったですが、またコレクター心をくすぐりそうです。

府民の森ひよし。9/21にこのスタンプラリーのスペシャルイベントがあったそうですが、雨だったはずなので寂しかったでしょう。

R9-R173と進んでいきます。
途中、道の駅 京都新光悦村と、丹波マーケスに寄りましたが、写真撮影を忘れていました。

道の駅 瑞穂の里さらびき

R372で戻る方向になり、最後にR9 道の駅 ガレリア亀岡です。
亀岡近郊で、コスモス園がありました。

道の駅 ガレリア亀岡


ここで、丹波栗を売っていました。
一袋買って帰りました。

亀岡の少し前から雨が降り出して、帰る15分くらい前に本降りになってきました。あまり濡れずに助かりました。

買って帰った栗は、栗ご飯にしてみました。
栗をむくのを初めてやったのですが、要領がわからなくてかなりばらばらになってしまいました。
ある程度わかってきたので、次からはもっとうまくやれそうです。

2008/09/27 龍神様とスーパー駅長

TDMがドック入りから帰ってきました。
ウォーターポンプのメカニカルシールを交換して、ついでに注文してあった部品をつけてもらう予定だったのですが、入荷するはずだったエンジンガードが入荷しないことが判明したため、センタースタンドのみを取り付けてもらいました。

いままで、教習所以外ではセンタースタンドがついたバイク(スクーターを除く)に乗ったことがなかったので、おっかなびっくりで立てています。
センタースタンドのフックが出るようになったので、サイドスタンドを出すのが不便になったかもしれません。

ということで、TDMが戻ってきたので出かけてきました。

龍神村方面です。

R170-R371で橋本まで来ました。ここから地図を見ると龍神スカイラインへはそのままR371を通るのが近そうですが、案内表示はしきりにR370を廻るようにすすめます。酷のにおいがしてきました。ここまでいうならR371で行くしかありません。

R370との重複区間からR371へ入るところ。実は、反対側から来ると、R371の案内表示がありません。反対側から来て通り過ぎて戻ってきて見つけました。


さっそく、酷な感じになってきました。


ところどころ、落ち葉や小石が落ちています。



やっと、酷区間をぬけました。ここから高野龍神スカイラインになります。
高野山方面は昨年行ったので素通りします。

奥の院の入り口

高野龍神スカイラインになると、道幅が十分になり快走です。









ごまさんタワー


このまま南下して、龍神温泉を目指します。

道の駅 龍神。スタンプを押しておきます。


龍神温泉の元湯に着きました。あんなに奥にあると思わなかったので、しばらく迷いました。


入浴したあと、周りを観察します。
何か堰を作っているようです。

元湯の露天風呂。外から見るとこんな感じです。

横に、閉鎖されたぽい設備がありました。今の元湯ができるまで、ここを使っていたのでしょうか。

今回はもう一つ目的があるのでそちらに向かいます。
8月に、新しい道の駅 あらぎの里が登録されたのですが、最近スタンプが設置されたとの話なので、スタンプを押しに行くのです。さらに、最近一部ではやりのあらぎ島を見ておきたいのもあります。

龍神スカイラインを戻ると、途中にしみず温泉の案内があり、こんな感じでスカイラインの横を下りていく道があります。

これが、また適度に荒れた道でした。






R480に出ました。

有田川の対岸になにかあります。道路にしては狭いので、水道の橋でしょうか?

昨年キャンプした、久野原キャンプ場

道の駅 しみず

あらぎ島の案内がありました。ここからR480の旧道に入ります。

展望台につきました。

こんな感じで、歩道兼展望台となっています。

お約束の構図

新道に戻ると、あらたに道の駅に登録された、あらぎの里があります。ここは、既存の設備が登録されたもので、箱物として作られたものとは違います。


スタンプブックにはあらぎの里のページがないので、追加するように該当ページがおいてありました。

お昼ごはんとして、紀州地鶏を使った地鶏丼を食べました。

近くに道の駅が2件あるので、ついでに寄ってスタンプを押すことにします。

あんな山の高いところに家がいっぱい..

途中、R480からR424へ有田川沿いに抜ける道を通ったのですが、かなり荒れたところがあったり、道の端が絶壁になっていたり、怖かったです。

道の駅 しらまの里

店の商品をみていたら、こんなものが...

川かに、モクズガニというやつです。
持って帰ることができるのか聞いてみたところ、そのまま持って帰れるよとのことだったので、2匹買いました。ゆでるとおいしいそうです。

道の駅 明恵ふるさと館

ここの店先で焼いているやきとりがおいしいとの評判なので、2本買いました。1本百円です。

地図を見ると、このそばに生石高原というのがあるようなので行ってみました。そういえば、他の人のレポートに出ていたような気がします。

案内に従って行ったところ、えらく荒れた道でした。
中心らしきところに着きました。どうやら、裏道から入ってきたらしく、来る途中あまり車がいなかったのに、ここには結構人がいました。





いつの間にか曇っていたので、なんか寂しい雰囲気でした。晴れたときに来たいですね。

ここまで来ると近いので、もう1カ所寄ってきました。
わかやま電鉄貴志川線貴志駅

ここの駅長さんが...このひと。

2月に1回来ていたのですが、そのときになかった駅長室が新設されていました。

助役さんもいます。

最後に道の駅 根来さくらの里へ寄って、R26-中央環状線で帰りました。

こうやって振り返ってみると、このまえのSadaさんのツーリングとほとんど同じところへ行っているようですね。別にチェックしていったわけではないんですが... ちなみに、生石高原は初めての訪問、高野龍神スカイラインは十数年ぶり、2回目でした。

帰ってかにの包みを開けてみると、まだ生きていました。このまま飼うという選択肢もないこともなかったですが、塩ゆでにしました。
お湯に入れたとたん、一部の足を自分で切り離してしまいました。自切というやつですね。

普通の身はあまりないのですが、ミソがほかのカニよりも濃厚でうまみがありますね。

TDMですが、YSPでつけてもらったセンタースタンド以外に、冬支度もしました。
これもTDMユーザーでさんざん出ているやつですね。

TDMドック入り

以前から懸念事項となっていた、クーラント漏れの対策のためにYSPに預けてきました。

漏れといってもぽたぽた漏れるのではなく、わずかににじむ程度なので急ぐ必要はないといわれていました。別件で注文してあった部品が入荷したそうなので、それの取り付けのついでにやってもらうことにしました。作業自体はそれほど時間はかからないそうですが、運転して持って行ってすぐだとクーラントが熱くて作業できないので、預けることにしたわけです。

ちょうど持って行く時間は雨が止んでいて助かりました。TDMを置いて歩いて帰る途中に土砂降りに遭いました。

入荷した部品は定番の、エンジンの横と下に取り付けるものです。

クーラントのにじみ(と思われる)のあと

この週末は、福井の実家に帰っていたので、越前そばを食べてきました。

手打ちそば処 やっこ 城東店

きのこ天ぷらおろしそば

2008/08/14 お伊勢さん参り

この3連休はなんか天候が中途半端で、予定していた泊まりがけの遠出は中止にしました。
天気が良ければ出かけようと思っていた初日は、早起きしたところ雨が降っていたため2度寝をしたところ、結局晴れたという意地悪な天気でした。
2日目の今日も、起きて雨が降っていなかったので準備を始めたところで降り出したのですが、またフェイントに違いないということでそのまま出かけました。

今日もGPSログを取りながら行ったのですが、途中で止まってしまっていました。そろそろ電池が弱ったのでしょうか。

行き先はお伊勢さん、伊勢神宮です。
昨年の同じ頃、福井から4輪で来たので、1年ぶりです。

R24の木津川からR163でひたすら東へ向かいます。
本降りにはなりませんが、ずっと小雨が降り続きます。

木津川にかかる沈下橋

津からR23に入り、内宮へ向かいます。駐車場入り口で4輪が渋滞していましたが、2輪は別にとめるところがあるので素通りでいけます。昨年来たときに観察してあるのでこの辺は迷わずいけます。津市に入る頃から、雨が止んで晴れてきました。

昨年は外宮から行きましたが、今年はいきなり内宮から。

内宮入り口
このまえ、鉄腕Dashでゴールになっていたところですね。

2輪駐車場

橋を渡って入ります。


五十鈴川

神楽殿
せっかくなので、ここで交通安全のお守りを買いました。

正宮への石段。ここより上では写真撮影をしてはいけないそうなので...

望遠で撮っておきます。

すぐ隣に、遷宮(20年ごとに場所を変えて正宮を立て直す)の準備が始まっていました。
昨年はこの塀はありませんでした。あと5年ありますが、進んでいるんですね。

きのこの群生

神馬がいるところですが、お出かけ中のようです。昨年来たときは外宮を歩いていました。

にわとりはいました。

お参りが済んだので、おかげ横町を歩きます。

ほとぼりがさめて、赤福も繁盛していました。


そのそばに赤福系の店がもう一つあります。ここで、赤福氷が食べられます。

結構混んでいましたが、回転が速いのでそれほど待たずにすみました。
赤福氷

一見ただの抹茶氷ですが、なかに赤福もちが入っています。

赤福氷は明日で終了だそうです。これ以降は赤福ぜんざいになるはずです。

伊勢を出発して二見浦です。



この蛙は神様の使いだそうです。

鳥羽は昨年行ったので素通りです。さすが連休なので、遊覧船や鳥羽水族館の駐車場前がかなり渋滞していました。


ここで昼ご飯です。もともとねらっていたところがよく調べてみると12時からの開店で、1時間ほどあるのでやめて、昨年気になったところに行きました。
パールロードの生浦湾にかかる橋のたもとにある食堂です。
白い橋

昨年、ふと通りかかってなんとなく寄ったところです。そのときは、カキフライ定食を食べたのですが、後から入ってきたライダーが巨大な岩カキを食べていたのです。これが気になって、次回機会があれば食べたいと思ったのでした。
今回、メニューを見ると、カキフライ定食が消してあって、「養殖のカキが始まるのは22日からなので今はないよ」とのことだったので、海老フライ定食にしました。そして、岩カキはあるか聞いてみたところ、今年の分が後10個だけあるとのことなので、1個お願いしました。

海老フライ定食。カキの佃煮がついてきます。定食の向こうで焼かれているのが岩カキです。

焼き上がりました。10cmくらいあります。

これだけ大きいと、カキの食感がちゃんと感じられます。
これは小さい方で、大きい方は今年の分は売り切れたそうです。小さい方でも10年ものだそうです。
(小1個千円、大1個千五百円)
このカキは、注文があるたびに、ご主人が海のいけすまで取りに行っているようです。

昨年はなんでカキフライがあったのかと思って調べてみましたが、昨年は9月1日に来ています。今年より早かったのに不思議です。昨年までは冷凍物を使って通年やっていたのを、旬の生のものに限定するようにしたのかもしれないですね。
店の窓からの風景

店の下では、釣りいかだもやっています。

このままパールロードを進みます。

この写真の、沖の右側の陸地が、渥美半島の伊良湖岬方面です。

鳥羽展望台

遊覧ヘリコプター





五カ所湾に出たところで、内陸部に入って南伊勢あたりから県道を走り継いでR42へ向かいます。

R42-R368-R166と西へ向かいます。
道の駅 飯高駅

ここに温泉があるので入ってきました。タオルも貸してくれるので、手ぶらでいけます。



R166は、こんな酷道ぽいところもまだ残っていますね。



道の駅 宇陀路大宇陀

2回目のスタンプ押し(2008近畿道の駅スタンプラリー)をしました。

道の駅 針T・R・S

ここでもスタンプ

あとは、R369-R163で帰りました。

今日は中秋の名月の日だそうですが、満月はおぼろ月になっていました。

<<サイドケースの感想>>
サイドケースですが、便利です。歩いて観光する際の着替えを入れておいたり、お風呂セットを常備しておいたり、トップケースだけでもできないことはないのですが、脱いだジャケットを無理矢理押し込んでくしゃくしゃにしたりすることもありませんし、トップケースに余裕ができるのでいつでもヘルメットを入れておくことができ、離れている間に雨が降ってきたらどうしようという心配もいりません。これからの季節、途中で寒くなったりするので、防寒具やウインタージャケットを入れておくのも安心できて良いです。
今日のツーリングでは全くすり抜けをしませんでしたが、ストレスになることはありませんでした。大混雑することが明白なとき以外はE21の方を標準装備で行くことになりそうです。

2008/9/7 播磨の讃岐うどん

この週末も天気が不安定だったのですが、いつまでも待っているとシーズンが終わってしまうので、出かけてきました。
今回は、あまりいったことがない播磨地方です。

加西市に、がいな製麺所といううどん屋さんがあります。なんでも、香川県の讃岐うどんの有名店池上製麺所で修行してうどん店を開いたそうです。

R9からR372デカンショ街道をひたすら走ると加西市まで行けます。
R372は京都から姫路までの裏道ルートとして有名で、いったん北へ向かうので遠回りのように思われますが、交通量があまり多くなく、信号が少ないので海岸線を行くよりも楽で早く行けます。


途中、きれいに整備されている池がありました。


ちょっと..あのかかしは...

途中、ちょっと雨がぱらついてきましたが、しばらく走ると止んでくれました。

がいな製麺所です。店構えは香川県のうどん屋さんに似ています。

冷やしかけうどんと天ぷらもりあわせ

修業先の池上製麺所へ行ったことがないので同じ系統なのかどうかわかりませんが、香川の有名店でいうと山下あたりに近い、歯ごたえの強いものでした。(あそこほどではないですが..)わたしはどちらかというと山越とかのもちもちのものが好きなので、ちょっと残念です。

このまま帰るのはもったいないので、温泉に向かいます。

加古川

鍬渓温泉


ここは、マニアの間では有名らしいです。お湯が赤茶けた色をしており、泉質でいえば有馬をしのぐのに、設備が貧弱なせいで世の中に知られていないとのこと。
建物は写真のように簡易的なつくりです。この戸を開けてはいると休憩室になっており、近所の人が何人も座って世間話をしています。

湯船は3人くらい用の小さいものです。
見てわかるようにお湯が赤茶けています。

加古川に架かる橋ですが、欄干にそろばんのオブジェがあります。橋の長さを表しているようです。反対側のものは、橋が造られた年を表していました。

帰路につきます。おなじくR372で帰ります。
途中、15分ほど本格的な降りになりました。雷もなっていました。防水ウェアのテストも兼ねてそのまま走っていましたが、短時間なら問題ないようです。ただ、ブーツとパンツの間に隙間があるらしく、ブーツの入り口付近が少し濡れるようです。対策を考えないといけません。
後からわかったのですが、また大阪市の方で集中豪雨があったようです。南へ行かなくて良かった。

篠山市のあたりは黒豆の産地なので至るところで大豆が栽培されていました。
10月になると道路の脇に黒枝豆の露店が並ぶそうなので、いずれ買い出しに行くつもりです。


全く同じ道で帰るのはつまらないので、亀岡から高槻への府道を通ってみました。亀岡付近は結構道が狭いんですね。