2008/04/26 天下分け目の天王山

天王山というと
「天下分け目の天王山」
「天王山トンネルから10km渋滞...」
くらいしかなじみがないですが、近所にあるんです。
ハイキングコースになっているようなので、行ってみました。

今日のコース

たけのこ祭りから帰ってきて、スクーターとたけのこを家において、今度は徒歩で長岡天満宮へ。裏の道を西へ向かいます。
途中の道路脇が竹林になっています。

山道に入りますが、あちこちに竹林があって、たけのこを掘っています。

家族で掘っている人がいたので、声をかけて写真を撮らせてもらいました。
一日250kgほど掘れるらしいですが、体力の方が持たないそうです。また、最近は掘る人が足りなくて、掘るのが追いつかず、結構放置されているらしいです。

ハイキングコースの入り口。後からわかったのですが、長岡京側は裏口で、通る人が少ないようです。

道幅はあるのですが、勾配が急なところが多い...

山の上にも竹林があります。

やっと頂上着。

頂上には、山崎城の跡があります。

柱の土台の跡?

今度は大山崎の方へ向かって下ります。こちらが表ルートのようです。

展望台から、大山崎JCTが見えます。

宝積寺がコースの終わり。

JR山崎駅から帰ろうと思ったら、気になる看板が..

これに従って行くと...サントリー山崎蒸留所です。ここでは工場見学ができます。

いつか行こうと思っていたのです。
受付をして指定の時間まで待ちます。(無料で見学できます)


この手のよくある工場見学というと、ガラス張りの1,2カ所が見えるだけで、ほとんど包装工程しか見えないところが多いですが、ここはちゃんとおねえさんが引率して説明してくれます。

麦を煮込む鍋のようなもの

発酵させる大樽

蒸溜機

そして、熟成用の樽。圧巻です。1960年産の樽もありました。

最後に、試飲。山崎12年と白州12年を水割りで飲ませてくれます。
(左側は山崎のおいしい水)
徒歩できているので、飲酒運転の心配は全くありません。

そして帰路につきます。JRに乗る予定でしたが、勢いで歩いてしまいます。
大山崎JCT付近から、天王山を望む。

ふと振り返ると、新幹線が走っています。

途中にある、勝竜寺城跡にまだ行っていなかったので、寄ってみました。天王山の戦いで敗れた明智光秀が、一時的に立てこもった城です。
本丸は復元もので、1階部分は事務所みたいになっていました。

おしまい。