2008/05/02 九州 3日目

今日は1日じゅう、晴れ
朝早く、バイクの音で目覚めると、昨夜一緒だったZRXさんが出発していました。今日は佐多岬まで行くそうです。

朝ご飯を食べて出発します。
今日は同じ宿に泊まるので、気が楽です。

今日のルートはこれ 走行距離297km

佐世保から北東へ向かって、大村湾岸を走ります。

そして、道の駅彼杵の荘。

ここから嬉野を回って有明海に出ます。
道の駅鹿島。

ここの裏が干潟になっていて、こんなものがあります。
いわゆる、潟スキーです。

ここは、よくニュースになる、ガタリンピックの会場になるところで、夏にはこの潟スキーを貸してくれるようです。もちろんどろんこになるので、シャワー等の設備も充実しています。
干潟はこんな感じ。近くにはムツゴロウとかシオマネキとかは見あたりませんでした。

すぐ近くに道の駅太良。

ここで、カニ味噌汁というのを食べました。

これに入っているのは竹崎カニと言われるものですが、ワタリガニのご当地ブランド付きのものらしいです。
生きているのもいました。

有明海沿いを走っていると変な建物が転々としています。
これは、バス停の待合所で、メロンとイチゴ以外にもいろんな果物の形のものがありました。

ノリの養殖をしているところらしいです。いまだに被害は大きいのでしょうか?

まもなく、有名な諫早湾の堤防に到着しました。
こちらが海側。

こちらが諫早湾側。水の色が全然違います。

さらに進むと、長崎市です。街中の観光は混むのでやめて、意外と人気があるペンギン水族館に行ってきました。
その名の通り、ペンギンを中心にした水族館です。

入ってすぐに、普通の水族館では大回遊槽があるのですが、ここはペンギンメインなので、ペンギンの大水槽でした。



そして、その後野母崎を目指します。近いようで、意外と遠かったです。


野母崎にある山の展望台から、変なものが見えます。

半島の西岸に回り込んで近くから見るとこんな感じです。

これは、1974年まで操業していた炭坑の島です。通称、軍艦島と呼ばれています。

長崎市に戻ってきて、ちゃんぽんを食べようと思いましたが、帰る時間が気になって有名店を探す余裕がありません。走っている途中に目に入ったところに入りました。
中華料理 三角亭

特製ちゃんぽん

あとでわかったのですが、それなりに名の通った店だったようです。

西彼半島の西岸を北上してライダーハウス方面へ向かいます。

道の駅夕陽が丘そとめ


道の駅西海

ライダーハウスのすぐそばなのですが、まだ行っていなかった西海橋を見に行きます。
これが西海橋。

すぐ横に、新西海橋があります。これは、国道と並行して走っている有料道路の橋で、最近できました。

新西海橋の下には歩道がついていて、自由にわたれます。

歩道はこんな感じ。

この橋のあるところは大村湾と外海との間の唯一の水路であるため、外海の潮の満ち干によって、ここに早い潮の流れが発生します。これによって、うずしおが発生します。


歩道の中には、ガラス張りの床もあります。

あと、近くの展望台に寄ったりして、日の入りを見てから宿に帰りました。

夕食

今回は、アラカブの味噌汁を追加でつけてもらいました。
アラカブというのは、カサゴのことで、こちらではよく食べられる魚らしいです。

ここで、隣で夕食を食べている人が昨夜も見た気がするので話を聞いてみました。この人は、民宿側に連泊している人ですが、道路工事関係で泊まりがけできているそうです。通うと2時間半ほどかかるので泊まった方が便利だからとのこと。暫定税率の期限切れで4月いっぱい工事がなくなってしまったけど、暫定税率復活で5月1日から工事が始まったので仕事が立て込んでいるとのこと。こんなところで政治混乱のあおりを食らっている人に会うとは思いませんでした。

夕食が終わってもライダーハウスには誰も来なかったので今日は一人かと思いましたが、10時過ぎにBMW Kシリーズの人が来ました。その人は、そのあとお風呂に入ったりしていたのであまり話はできませんでした。