2008/05/30 四国1日目

少しレポートが遅れましたが、5/30-6/1の3日間で四国を回ってきました。
NEXCO西日本とJTBの提携サービス「四国周遊往復割」を利用しました。
これは、近畿・中国地方から四国への往復と、四国内の高速道路が週末3日間乗り放題となるサービスで、普通車で13,000円となります。(6/30まで)
ぎりぎりまで2輪で行くか4輪で行くか迷っていましたが、TDMの慣らしがまだ終わっていないこと、5/29に四国地方が梅雨入りしたことから、4輪で行くことにしました。
十数年ぶりの四国です。今回の目的は、久々の四国を走って概要をつかみ、今後のドライブの目標を決めることと、四国の道の駅を巡ることです。

1日目はこのルート。行きは瀬戸大橋を通ることにしました。

サービスは中国吹田より西なので、中国吹田から中国道に乗ります。順調に山陽道、瀬戸中央道と走って、与島PAで橋を眺めます。



電車が走っています。

四国について最初に訪問した、道の駅ことひき

このすぐそばに、銭形とよばれる造形物があります。
近くの展望台から見た銭形

よくわかりませんが、銭形平次のタイトルに出てくる、寛永通宝の形が砂で作られています。
寛永時代に領主がこの地方を視察に来た際、地元の人が歓迎の意味で作ったのが始まりだそうです。

近くで見るとこんな感じ

近くは松原です

次に来たのが道の駅とよはま

ここは夕陽が名物らしいですが、残念ながら、いまは朝です。

香川県なので、目についた讃岐うどん屋さんで朝食兼昼食。麺はさすがさぬきでしたが、味付けがなんとも..はずれかも。

愛媛県に入って、マイントピア内子。マインというので鉱山かなと思ったら、やはり銅山跡らしいです。

ここの奥は、銅山跡を見学できるようになっているらしいですが、奥に行くには観光列車(数百m)に乗らないといけない上、列車の時間が決まっているらしいので、時間がかかると判断して将来のドライブネタにとっておくことにしました。

次が道の駅小松オアシス。ここは松山自動車道のSAと一体化したハイウェイオアシスです。松山道の上り線、下り線、一般道それぞれから立体交差のアクセス道が造られており、すごいお金がかかっていそうでした。その割にはあんまり魅力がないかも。道路特定財源がこんなところに注がれているんですね。

山の方に行って、峠のトンネルを越えると高知県。すぐのところにある、道の駅木の香。

ここからトンネルのところに戻って、石鎚スカイラインへ向かいます。トンネルの脇に、スカイラインへ向かう県道(トンネルができるまでの旧道)があります。

峠のところには、スカイラインにつながる林道の入り口です。

山の上は雨と霧でした。


脇に雪が残っていたり..

道が崩れていたり..

どこがスカイラインかわからないまま終わりました。

下界に降りて、道の駅みかわ。

R33に入って、北へ向かうと、松山の平野が見えてきます。

松山市内を抜けて、道後温泉。坊ちゃんの温泉です。
コインパークに車を停めて、あるいて温泉に向かいます。

道後温泉本館


ここは、2種類の風呂があり、神の湯と霊の湯と名付けられています。神の湯は安いところで、いわゆる銭湯に近いものです。霊の湯は高級らしく、お菓子やタオルも着いてきます。今回は、安い神の湯にしました。中には、とってつけたように「坊ちゃん泳ぐべからず」と書いてありました。

道後温泉駅

駅前のからくり時計

道後公園

ここから今夜の宿へ向かいつつ道の駅を巡ります。
道の駅ひろた

神の森大橋

ぬこ様いました。必死で食べ物をねだってきました。

道の駅小田の郷せせらぎ

イチゴがお安く売っていたので買いました。車の中が甘い香りで満たされます。

道の駅清流の里ひじかわ

ここで道の駅めぐりを終えて、宿へ向かいます。普通の人には躊躇されるような険道を延々と走ります。

着きました。河辺ふるさとの宿です。

ここは、廃校となった小学校を改築して作った宿泊施設です。



楽天トラベルから予約したので気がつかなかったのですが、ここは公営の宿泊施設ぽいです。スタッフの対応が、いかにも青少年の家とかそんな感じの施設に似ています。(愛媛県のHPからリンクが貼ってあるし...)
今回泊まるのは、この校舎を改造したところではなく、離れにある才谷屋という建物です。才谷というのは、坂本龍馬の別名に由来するものらしいです。坂本龍馬が脱藩したときにこの辺を通ったとかで、その資料館がこの建物の隣にありました。

この才谷屋が、なかなか味のある建物で、新築なのでしょうが、古民家に泊まるような感じです。台所もあって、本当は1家族で借り切って、自炊して泊まるところらしいです。これを楽天トラベルが一人から貸し出しているようです。はっきり言って、今回の値段で一人で泊まるのは相場より安すぎます。が、空きのままにするよりはましということらしいです。



夕食は本館の食堂でした。

ご飯は「さつま汁」というものでした。宮崎の冷や汁みたいなもので、焼きアマゴのほぐしたものが入っていました。(さつま汁そのものは鹿児島のもので、このへんで出されるのは伊予さつまというものらしいです。)

「2008/05/30 四国1日目」への2件のフィードバック

  1. まいど!!
    ?
    今回は四国周遊・・・一人旅ですな!!
    なんとも羨ましい。ここ20年ほどは団体、少人数、などでの旅行、ツーリングに、ホイホイついて行く・・・なんて感じなのですが、一人で一泊・・・
    なんてOKな宿はたくさんあるのですか??20歳頃はユースホステルを使っていたのですが・・・いつもネットから探されるのですか??
    ?
    今回は車を選択されるなんて旅慣れて(?)らっしゃるのか(笑)。たしかに、高速での慣らしは精神的にもよろしくないですな!!
    じつは、7月初旬の仲間とのツーリング計画・・・岐阜方面に高速ツーリングらしいのです。(暑くなるんで高速らしい・・)
    当初の予定では、既に慣らしも終了!乗りなれてきていたはずですが・・・今は鎖骨のアレで支えられるのか??で、ツーリングなど行けるのか?
    ?
    皆さんのツーレポで妄想に浸る毎日で・・・おます。( ̄。 ̄;)
    ?
    続きを楽しみにしてますぞ!!

  2. どもです。
    宿はたいてい楽天トラベルかじゃらんで予約しています。検索条件を一人に設定すれば、一人泊OKのところのみになりますので、探すのは簡単です。連休などは選択肢が少なくなるのが困りものですが、逆に言えば、検索で出てくるところは遠慮なく一人泊ができるということです。(それでも利益が出るように価格設定されているのですね) GWの九州は通常期の2人泊よりかなり高いところがありました。そろそろ鎖骨がつながり始めて、乗り始めが楽しみな頃ですね。
    岐阜は昨年道の駅スタンプラリーで走り回ったのでなじみの深いところです。気持ちのいい道が多いですね。

コメントは受け付けていません。