TDM 北海道仕様 積載装備

この前の熊野行きの写真に少し映っていたのですが、このとき、北海道行きの荷物を積載するためのフル装備をテストしていました。

これです。

別の角度から見ると、こんな感じになります。

①GIVI トップケースE470
②RSタイチ シートバッグ
③RSタイチ サイドバッグ
④Moto Fizz バインドシステム対応マップケース

①のトップケースについては過去に何度も出ている通りです。
②のシートバッグは、5年以上前の、黒いTDMの時に購入したものです。
上部と下部が別空間になっています。写真では上部が変な風に崩れていますが、半開きになっているためで、普段は気になりません。

サイドバッグはTDM以前のKLEの時に購入したものですが、末期だったため、ほとんどつかっていませんでした。アルミのステーが左右に出て、それをケースの背中に通すようになっているため、ハの字のようになったりしません。それでも結構きついようで、カウルから完全に浮かせるほどにはなりません。幸い、トップケースのステーがカウルの外側を通っているので、これで支えられています。

タンクバッグは、いろいろ試した結果、バインドシステムのものに落ち着きました。吸盤のものもありますが、かなりしっかりつけないと、途中ではがれてきたりして不安があります。バインドシステムのものの最大の懸念事項が、ツーリングマップルR(大きい方ですね)が入るかどうかでしたが、店で見つけて確認したところ、入るぽいので決定しました。(ただし、マップル側に加工が必要です)

1日走り回ったところ、運転姿勢に干渉することもなく、ゆるむこともなく、重心的にも特に問題ないようで、このまま北海道に行けそうです。
荷物配分は、だいたい以下のようになります。

トップケース:着替え、寝具、資料など、濡れては困るもの +充電スペース +脱いだジャケット等の一時保管
サイドバッグ左:防水袋に入れた、テント類
サイドバッグ右:コッヘル、ガス、テーブル、イス等、キャンプ小物
シートバッグ:防水袋に入れた、調理用具、バーベキュー用炭など
マップケース:レインウェア、タオル、地図

熊野に行ったときもテントは積んだまま持ってきていたので、そのままキャンプをするかなーとも思ったのですが、マットやシュラフをトップケースに入れてなかったのでやめたのでした。
十津川温泉郷で泉湯に止まったとき、出発しようとしていたタンデムのハーレーの人に、「すごい荷物やなぁ、どこから来たん?」と聞かれましたが、「きょ、京都からです」と答えるのがちょっと恥ずかしかったです。

ここで気がついた問題ですが、この装備だと、ETCカードを取り出すために、シートバッグとサイドバッグを取り外すことになります。まぁ、北海道行きでETCカードの複数枚使いは必要ないと思うので、とりあえずは影響ありません。

「TDM 北海道仕様 積載装備」への2件のフィードバック

  1. またまた、まいど!
    北海道・・・楽しみですね~!私はスーパーロングツーには行く予定は無いのですが、こんな装備を見ていると旅心をくすぐられます。
    タンクバッグ・・・気になっていたのですがバインドシステム・・・私も愛用してますよ(笑)。マップルRも使えるんですね~。
    ?

  2. どもどもです。準備が整ってきて、そろそろ天気の具合が気になってきました。まだ1週間以上あるので、週間予報にも引っかからないですけどね。

コメントは受け付けていません。