2008/09/27 龍神様とスーパー駅長

TDMがドック入りから帰ってきました。
ウォーターポンプのメカニカルシールを交換して、ついでに注文してあった部品をつけてもらう予定だったのですが、入荷するはずだったエンジンガードが入荷しないことが判明したため、センタースタンドのみを取り付けてもらいました。

いままで、教習所以外ではセンタースタンドがついたバイク(スクーターを除く)に乗ったことがなかったので、おっかなびっくりで立てています。
センタースタンドのフックが出るようになったので、サイドスタンドを出すのが不便になったかもしれません。

ということで、TDMが戻ってきたので出かけてきました。

龍神村方面です。

R170-R371で橋本まで来ました。ここから地図を見ると龍神スカイラインへはそのままR371を通るのが近そうですが、案内表示はしきりにR370を廻るようにすすめます。酷のにおいがしてきました。ここまでいうならR371で行くしかありません。

R370との重複区間からR371へ入るところ。実は、反対側から来ると、R371の案内表示がありません。反対側から来て通り過ぎて戻ってきて見つけました。


さっそく、酷な感じになってきました。


ところどころ、落ち葉や小石が落ちています。



やっと、酷区間をぬけました。ここから高野龍神スカイラインになります。
高野山方面は昨年行ったので素通りします。

奥の院の入り口

高野龍神スカイラインになると、道幅が十分になり快走です。









ごまさんタワー


このまま南下して、龍神温泉を目指します。

道の駅 龍神。スタンプを押しておきます。


龍神温泉の元湯に着きました。あんなに奥にあると思わなかったので、しばらく迷いました。


入浴したあと、周りを観察します。
何か堰を作っているようです。

元湯の露天風呂。外から見るとこんな感じです。

横に、閉鎖されたぽい設備がありました。今の元湯ができるまで、ここを使っていたのでしょうか。

今回はもう一つ目的があるのでそちらに向かいます。
8月に、新しい道の駅 あらぎの里が登録されたのですが、最近スタンプが設置されたとの話なので、スタンプを押しに行くのです。さらに、最近一部ではやりのあらぎ島を見ておきたいのもあります。

龍神スカイラインを戻ると、途中にしみず温泉の案内があり、こんな感じでスカイラインの横を下りていく道があります。

これが、また適度に荒れた道でした。






R480に出ました。

有田川の対岸になにかあります。道路にしては狭いので、水道の橋でしょうか?

昨年キャンプした、久野原キャンプ場

道の駅 しみず

あらぎ島の案内がありました。ここからR480の旧道に入ります。

展望台につきました。

こんな感じで、歩道兼展望台となっています。

お約束の構図

新道に戻ると、あらたに道の駅に登録された、あらぎの里があります。ここは、既存の設備が登録されたもので、箱物として作られたものとは違います。


スタンプブックにはあらぎの里のページがないので、追加するように該当ページがおいてありました。

お昼ごはんとして、紀州地鶏を使った地鶏丼を食べました。

近くに道の駅が2件あるので、ついでに寄ってスタンプを押すことにします。

あんな山の高いところに家がいっぱい..

途中、R480からR424へ有田川沿いに抜ける道を通ったのですが、かなり荒れたところがあったり、道の端が絶壁になっていたり、怖かったです。

道の駅 しらまの里

店の商品をみていたら、こんなものが...

川かに、モクズガニというやつです。
持って帰ることができるのか聞いてみたところ、そのまま持って帰れるよとのことだったので、2匹買いました。ゆでるとおいしいそうです。

道の駅 明恵ふるさと館

ここの店先で焼いているやきとりがおいしいとの評判なので、2本買いました。1本百円です。

地図を見ると、このそばに生石高原というのがあるようなので行ってみました。そういえば、他の人のレポートに出ていたような気がします。

案内に従って行ったところ、えらく荒れた道でした。
中心らしきところに着きました。どうやら、裏道から入ってきたらしく、来る途中あまり車がいなかったのに、ここには結構人がいました。





いつの間にか曇っていたので、なんか寂しい雰囲気でした。晴れたときに来たいですね。

ここまで来ると近いので、もう1カ所寄ってきました。
わかやま電鉄貴志川線貴志駅

ここの駅長さんが...このひと。

2月に1回来ていたのですが、そのときになかった駅長室が新設されていました。

助役さんもいます。

最後に道の駅 根来さくらの里へ寄って、R26-中央環状線で帰りました。

こうやって振り返ってみると、このまえのSadaさんのツーリングとほとんど同じところへ行っているようですね。別にチェックしていったわけではないんですが... ちなみに、生石高原は初めての訪問、高野龍神スカイラインは十数年ぶり、2回目でした。

帰ってかにの包みを開けてみると、まだ生きていました。このまま飼うという選択肢もないこともなかったですが、塩ゆでにしました。
お湯に入れたとたん、一部の足を自分で切り離してしまいました。自切というやつですね。

普通の身はあまりないのですが、ミソがほかのカニよりも濃厚でうまみがありますね。

TDMですが、YSPでつけてもらったセンタースタンド以外に、冬支度もしました。
これもTDMユーザーでさんざん出ているやつですね。

「2008/09/27 龍神様とスーパー駅長」への2件のフィードバック

  1. まいど!
    龍神に行かれましたか~!そうですね、ほぼ一緒のコースどりですな!R371は行楽、紅葉シーズンにはよく使いましたね~、逆ルートだとバスや交通量がうっとおしくなりますから。
    あらぎ島・・・なんだか写真を見てると妙な気持ちです(笑)。ねじさんの構図を真似て撮ったんですが、これで色違いのTDMがこの場で3台、写真を撮っているんだな~って。あらぎの里は私が訪れた時は道の駅ではなく、ドライブイン?だったのですね!現地に着くまではてっきり道の駅だと勘違い!!
    生石高原は私が訪れた夏とは趣が全く変わっていますね。晩秋、一面のすすきを見に行こうか・・・と考えてます。写真ではまだまだ緑が残っているんですね~。
    ナックルガードとグリップヒーター・・・さすが、旅慣れてらっしゃる、みっとさん。(笑) じつは私もグリップヒーターは近々、導入したいんです。
    そこで質問なんですが、画像にはグリップエンドが写ってないんですがグリップラバーを交換するとエンドとの隙間はやはりできてしまうのでしょうか?
    がらさんのレポートでグリップ全長が5mmほど短いような話が・・・エンドはねじ込みで段差があり、グリップ先端がかぶり込む形状ですから仕方ないのかな?よろしければ回答をお願いしますね!
    ?

  2. どもです。ワイズギアのグリップヒーターは、たしかにオリジナルのものより少し短く、オリジナルのグリップエンドをつけた状態では少し隙間ができて、特にスロットル側は白いパイプ部分が少し見えてしまいます。わたしはそのままにしています。取り付けの際、説明書ではねじらないようにと書かれていますが、とくにスロットル側はまっすぐ入れようと思うと途中で止まってしまいます。多少のねじりは平気なので、ゆっくりねじりながら入れた方がよいと思います。(最後にはまっすぐになるよう注意) まっすぐ入れることにこだわると、接着剤が固まり始めて深みにはまります。わたしの場合、それにはまりまして、最後に固まりかけの部分を強引にはがして押し込むような無理をする羽目になりました。

コメントは受け付けていません。