2008/11/01 比叡山から大回り

3連休となり、どこに行こうかと考えながら、マップルの紅葉地図をみていたら、この近辺はまだのところが多いのですが、比叡山が見頃になっていました。
比叡山には数年前に行っただけなのでちょうどいいやということで、TDMで行ってきました。混雑するかもしれないので、サイドケースなしです。

比叡山へのアクセスは比叡山ドライブウェイですが、京都市内から行くと道がわかりにくく、さらに混むと思われるので、西大津バイパス側から行きました。

比叡山ドライブウェイに入りました。車は少ないです。高度が上がるにつれ、気温が下がってきます。

あっさりと頂上に着きます。滋賀側も、京都側も見えます。


比叡山は、東塔エリア、西塔エリア、横川エリアに分かれています。まずは東塔です。


大講堂

もみじは、少しだけ紅葉しています。

根本中堂

文殊堂

バイクで移動して、西塔エリア。途中で、奥比叡ドライブウェイに移ります。


にない堂

釈迦堂




横川エリア
今日から紅葉祭りだそうですが、ほとんど紅葉していません。


本当は、ここが紅葉のトンネルになるらしい。

横川中堂


元三大師堂

ここは、元三大師が疫病がはやったときに作ったといわれるお札がまつられているらしいです。
このお札というのが、鬼の絵となっており、元三が鬼に変身した姿を弟子に書き取らせたのだそうです。鬼の姿で疫病の魔物を追い払うというものですね。そのお札は版木で量産できるようになっており、ここでも売っていました。1枚買ってきました。さて、どこに貼ろう...


結局、あまり紅葉を見ることができないまま、ドライブウェイは終わりました。混雑もしていなかったです。
奥比叡ドライブウェイは日祝日は2輪通行止めなので、土曜日に来れて良かったです。

この出口のところに、ちょうど浮御堂があります。






10年くらい前でしょうか、全国的な異常渇水があったとき、琵琶湖の水位が下がってしまって、この浮御堂の底が見えてしまいました。そのとき見に来たのを覚えています。

道の駅 琵琶湖大橋米プラザ

ついでなので、琵琶湖大橋を渡って信楽の方を通って帰ることにしました。
シークレットスタンプを求めて、途中の道の駅に寄ります。が、どこにもありませんでした。

道の駅 草津

道の駅 アグリの郷栗東


道の駅 こんぜの里りっとう

ここは、県民の森の入り口です。

ここは真っ赤になっている木がありました。

この道の駅でお昼にします。ここの名物となっているしし丼を食べてみたかったのですが、ここへ来るのはいつも閉店間際で食堂はとっくに閉まっている時間だったのでした。
しし丼

歯ごたえは豚より強いですが、基本的にはやっぱり豚ですね。

県道で信楽へ向かう途中、格好良い橋がありました。

新名神の橋ですね。


この先に、こんな案内表示が...

R307に出て、信楽を通って宇治田原の方へ抜けます。

またあった...

家に帰る前に、YSPへ寄ります。入荷が遅れていたエンジンガードが入荷したと連絡があったのです。
取り付けもやってもらいます。取り付けそのものは単純なはずですが、エンジンマウントのボルトを外すので、やっかいになりそうな気もするし、あとでゆるんだりしても困るからです。

こんな感じでつきました。ヤマハヨーロッパのやつです。