2008/11/29 京都紅葉巡り(1) 京都一周トレイル東山コース

京都の紅葉の季節です。噂によると、京都の紅葉の名所はどこも大混雑らしいです。そんなところに並ぶのもおもしろくないので趣向を変えて紅葉巡りをしてきました。
京都は3方を山に囲まれていますが、その山を巡るハイキングコースがあります。「京都一周トレイル」というもので、公式マップも発行されています。 また、要所要所に案内看板が立っているので、わかりやすいです。(それでも道を外れたところはありましたが...)
このコースは、東山、北山東部コース、北山西部コース、西山コースに分かれており、今回は東山コースの2/3位、伏見稲荷から銀閣寺までを歩きました。

出発は京阪伏見稲荷駅です。

伏見稲荷参道。朝早いのでまだ開いていない店が多いです。

トレイルの案内看板もあります。

伏見稲荷





奥社の横から裏の稲荷山に登ります。
こんな感じでトレイルのコース案内が各所にあります。


この山は、ひたすら階段で上ります。

四つ辻につきました。
ここへは3月くらいに来たのですが、そのときは休み休みでないと上れませんでした。今回は一気に上ることができました。しばしばウォーキングをするようになったため体力がついたのか、当時より体重が4kgくらい減っているからか、いずれにせよ、人並みに上れるようになったようです。

ここからは、普通の山道や舗装道路で北へ降りていきます。


途中、住宅街に出たり山に戻ったりします。


泉湧寺の前を抜けます。

途中、各所で見事な紅葉が見られます。







開けたところに出ました。と思ったら、国道1号線です。

1号線を抜けると、清水寺の看板があります。ちょっと寄り道することにしました。ここからは、清水寺の裏口へ入ることができます。




舞台はすごい人のようです。

トレイルコースに戻ります。
本格的な登りの山道になります。

ひとしれずこんな塔が建っているのは、いかにも古都の山ですね。

清水山山頂。何もないように見えますが...

三等三角点だそうです。


さらに山道を進みます。

広いところに出ました。東山ドライブウェイの展望台らしいです。

こっちを向いてくれなかった。


このそばに、将軍塚というところがあります。この塚は、大日堂というところの庭園にあります。
平安京の場所を決めるときに、天皇をここへ連れてきて京都盆地を見せ、「ここいいでしょ」と説明したそうです。

ここも紅葉の名所らしいです。




地面は落ち葉の絨毯です。


この辺で、デジカメの設定で、16:9の横長画面を使ってみました。実のところ、上下を削っているだけのはずですが、上下に余計なものが見えないと、広がり感があってなかなかです。





ここで、いったん市街地におります。
栗田神社

ウェスティン都ホテル京都

琵琶湖疎水のインクライン。運河と運河の間の水のないところを船が行き来するために、船を乗せてケーブルカーのようにして運びます。





疎水のトンネル部分の取り入れ口



現在の水道の取水口

ここから再び山へ向かいます。今日のハイライト、大文字山です。
この山の中腹で、お盆の送り火の東大文字焼きをやります。

日向大神宮

この裏山を登ります。

すごい急なところもあります。


七福思案処という山道の交差点。確かにどちらへ行くか迷いそうです。

ひたすら上ります。

ちょっと休憩していると、ぽつ、ぽつと音がします。どうやら晴れていたのに曇ってきて、雨が降り出したようです。こんなところで雨に降られたくないです。でも、すぐにやんでしまったようでほっとしました。

待ちわびた案内がありました。大文字山山頂の案内です。山頂へはトレイルのコースから少し外れることになります。

山頂に着きました。







ここで少し遅くなりましたがお弁当です。

山頂から奥へ行くと大文字焼きの火床へ行きますが、トレイルのコースは山頂の手前から降りるようになっているのでそちらへ戻ります。火床はまた次の機会に来ることにします。
こちらはあまり通る人がいないのか、道の上にいっぱいの落ち葉がたまっていて、滑りやすい状態でした。(下の写真はまだましなところです)

この辺で、急に雨が本格的に降り出しました。幸い、防水加工のロングジャケットを着ていたので、フードをかぶってバックパックにカバーをするだけですみました。

楼門の滝

やっと人家のあるところに出ました。山頂からここまで誰にも会いませんでした。と同時に雨がやんできました。





この直後、来たことのあるところに出ました。哲学の道のそばです。観光客もいっぱいで、カメラを構えています。
安楽寺




法然院


哲学の道





椿も咲いていました。

哲学の道の終点、銀閣寺への参道です。


銀閣寺へ寄ってみようと思ったのですが、銀閣が今工事中で、足場に囲まれているらしいのでやめました。

京都トレイルコースはこの後比叡山へ向かいますが、これ以上行くと途中で帰るポイントがない上、日が暮れてしまうと大変なので、今回はここまでにしました。その代わり、京都駅まで歩きます。
鴨川

京都御苑でも、紅葉が見られます。






京都駅に着いた頃には、日が暮れていました。
駅ビルはクリスマスモードで、ディスプレイが華やかでした。

また、秋の京都を目指す人が多いため、京都駅は大混雑していました。

この日の行程は、京都一周トレイルコースとして17km、銀閣寺から京都駅まで8.2kmで、途中寄り道をしたのを考えれば、GPSログの約29kmというのはそれほど間違っていないようです。GPSの測位ミスもあまりなかったようです。

最寄りの駅でもディスプレイがされていました。