2009/03/28 一乗谷朝倉氏遺跡

ブレイドのタイヤを夏タイヤに交換するために実家に帰っていました。

土曜日のお昼は、越前市の越前そば屋です。

そば蔵 谷川

庭がきれいな、蔵を改造したぽい、そば屋さんです。

おろしそば

帰る途中に思い立って、一乗谷朝倉氏遺跡へ行ってきました。
実家からだと、そば屋より近いところにあります。近いからわざわざ行くこともないと思って、今までに1回しか行ったことがありませんでした。

一乗谷は、戦国時代に越前地方を支配した、朝倉氏の本拠地となったところです。今は、すっかり福井市郊外の山里となっています。織田信長に敗れ焼き討ちにあったため、建物などは全く残っておらず、地形や土台などが残っているだけです。

南駐車場

当時の町並みを復元したところがあります。






住む人の身分によって、家のつくりが違うようです。

さくらはまだつぼみでした。

人形で当時の生活を再現しているものも..

ほとんどのところは、このように、遺構のままになっています。

武家屋敷はちょっと大きい



道を渡って反対側へ。堀があります。



朝倉館。領主の住まいです。遺構だけですが、かなり広いです。





朝倉義景の墓所



山の上の方にもいろいろと建物跡があります。


朝倉孝景の墓所

古い墓石が雨風で損傷しそうなので保護しているようです。



山の頂上付近には、城跡があるのですが、軽くハイキング登山になるので今回はやめておきます。(実は、両親と一緒に来ていたのです)

近くに一乗滝があるのでそちらにも寄ります。

いきなりだれかが斬りかかってきます。
実は、この一乗滝は、佐々木小次郎がツバメ返しをあみだした修行場だったそうです。
佐々木小次郎はこの近所の出身という史料もあるそうです。


一乗滝

おまけ

何かを訴える目


飛ぶ?