2009/04/12 吉野山

だいたい各地で桜が終盤に来たのですが、近畿で少し遅れているところがあります。
奈良県の吉野山です。標高があるため、ほかより遅れているようです。 また、低いところから高いところまであるので、トータルとしては見頃が長いようです。

混雑が予想されるので、電車で行きます。
大阪を経由して、阿部野橋から近鉄で吉野へ向かいます。

近鉄吉野駅。人がいっぱいです。

ケーブルの駅。普通の人は、ここでケーブルとバスを乗り継いで一番上まで行って余裕で下りてくるのですが、歩いて登ることにします。




早速、桜が咲いています。




ケーブルの上まで来ました。

なんか、人いっぱいで、桜はあまり見えません。


黒門

蔵王院

途中で、桜を練り込んだ、桜そばというのをやっていたのでいただきました。

吉野葛の精製工程



吉水神社前です。
中千本が見えます。


この神社は、南北朝時代に後醍醐天皇が南朝の御所として滞在したところだそうです。


後醍醐天皇の玉座


ここは、豊臣秀吉が花見を開催したことでも知られているようです。


伝統の薬、だらにすけの店もありました。

まもなく、修行者の行列が始まりました。花を蔵王院へ納める行列だそうです。



中千本の桜が見られます。



桜吹雪が舞っているのがわかるでしょうか...






竹林院...大和三庭園と言われると、行ってみたくなります。



庭園に入ります。



見事な桜が続きます。












なんかすごい庭園でした。



このあたりが、上千本です。




吉野水分神社

この先は奥千本ですが、これまでと違い、山道ぽいつくりになります。

高城山展望台というところがあるので寄ります。



時間も適当なので、下で買っておいた、柿の葉すしを食べました。


金峯神社


かくれ塔。源義経が隠れたことがあるそうです。

これ以降は山道になります。

だんだん桜が見えてきました。



ここが、一番奥の、奥千本だそうです。

西行庵。西行法師が隠居したところらしいです。

奥千本といいながら、100本くらいしか見えません。
各地でお弁当を食べていました。

ここから戻りますが、できる限り行きの道を避けます。
















如意輪寺

後醍醐天皇の墓です。

如意輪寺の庭園に入ってみます。


後醍醐天皇自らつくった仏像。

楠木正行が最後の戦いの前に鏃で刻んだ辞世の句。

妖刀 村正。Muramasa Blade!










あとは、来たときと同様に、近鉄で阿部野橋まで行って、戻りました。

これで、桜の季節は終わりですね。

「2009/04/12 吉野山」への2件のフィードバック

  1. まいど!桜三昧な週末を過ごしてますね~。吉野の桜・・・ もう何年も行っていません。最近は混雑がひどく、バイクや車では訪れる気持ちにはならないですよね。電車が苦手な私はみっとさんのレポートで満足しておきます。薄墨桜・・・行かれたんですね!間に合ってよかったですね~。みっとさんに教えられて知ったのですが、これはすばらしい桜です。樹齢1500年ですか・・・樹木の神秘を感じますよ。高速なら意外とお手軽なようですし、来年!予定に入れておきます。

  2. どもです。ようやく、桜を追う季節も終わりそうです。薄墨桜は、一度見ておくといいと思います。何度も見るものではないかもしれません。日本一の貯水量を誇る徳山ダムとセットでどうぞ。

コメントは受け付けていません。