九州2009 目次ページ

九州2009のレポ書きが完了しました。
目次を作っておきます。

1日目:京都→神戸港

2日目:新門司港→R3いろいろ→長島→阿久根

3日目:阿久根→野間半島→枕崎→開聞岳→桜島→垂水

4日目:垂水→えびの高原→通潤橋など→阿蘇

5日目:阿蘇→久住高原

6日目:久住高原→阿蘇→佐賀関港→三崎港→新居浜東港

7日目:大阪南港→京都

≪後日談≫
ケースのこと
サイドケース破損の件ですが、調べてみると、サブカバーは補修部品としては用意されていません。このため、全体を買い換えるしかありません。幸い、穴は小さいので、銀色の補修テープを両面から貼っておけば大丈夫そうです。粘着材が汚くなるのが心配なので、普段ははがしておいて、使うときだけ貼り付けることにします。
今回、高速の渋滞の中も走りましたが、やはりフルサイズのサイドケースは気を使いますね。今回は高速も渋滞してるはずだからサイドケースはおいてきたという人もいたようです。E41は北海道専用装備になるかもしれません。

ETCのこと
ETC車載器は、最初のころは時々リセットがかかったようにランプがカード再認識を示す点滅をしていたのですが、カード入れ替えをしている間にカード未挿入の時の赤ランプもつかなくなりました。どうやら電源がこなくなったようです。実は、心当たりがあります。サイドケースの補修の際、シート下に常備している補修テープを引っ張り出して使ったのですが、そのときに、ETC車載器のケーブルがシートの下部とフレームの支持部とのあいだに挟まったまま気づかずにいたのではないかと思われます。このため、挟まったケーブルが内部で断線したのだと思います。
ただ、これは一方的な推測なので、実は違う原因かもしれません。本日修理に出しました。いつ帰ってくるでしょうか。
直ってきたら、ケーブルが変なところに入らないように、ガイドを設置したいと思います。

矢印の場所に、ケーブルが挟まった。
(車載器本体は外してあるので、ケーブルは見えません)

タイヤのこと
タイヤのスリップサインが出てしまったので、ETCを修理に出したついでに次のタイヤを注文してきました。
みなさんの評判のよい、パイロットロード2にしました。
入荷したら、タイヤ交換と同時に12ヶ月点検をしてもらう予定です。

ずっとTRIPにしていたので、いつのまにかODOが1万kmを越えていました。
今回の九州ツーリングは、全部で1620kmでした。

フェリー vs 高速
どうせ四国まで渡るのなら、そのまま橋を渡って帰ってしまえばよいと何度か思いましたが、今年のGWの高速はあてにならないと思い、新居浜からのフェリーにしました。結局、わたしが帰った時間だと、神戸淡路鳴門道は淡路ICを先頭に約70kmの渋滞だったそうです。70kmというと、明石大橋から鳴門大橋まで、淡路島区間全部が渋滞していることになります。その夜雨が降っていたことも考えると、フェリーにして大正解でした。

「九州2009 目次ページ」への2件のフィードバック

  1. 無事の帰還、お疲れ様でした。ゆっくりとツーレポを読ませていただきましたよ!ケースやETCは旅先でおこってほしくないトラブルですが、大問題にならずでよかったですね~。ケースサブカバーですが、設定が無いのなら仕方ありませんね!裏面を補強材になるもので接着してしまいましょう♪が、素材のポリプロピレンの接着剤が問題か・・・九州へは20歳の学生時代、3回ほどツーリングに訪れた記憶があります。もうすっかり記憶は無いんですが阿蘇、桜島、・・・イイですね!個人的に記憶に残っているのは、長崎、佐世保、やまなみハイウェー、都井岬、桜島、・・・ ああ、いつからツーリングに行かなくなったんでしょ(笑)毎年恒例で訪れているとルートや立ち寄りポイントもよく吟味されてるな~と、感心します。車両に関してはマメなんですが、旅の計画はまったく駄目な私ですからみっとさんの記事は楽しいんですね~。じっくり拝見したくせにとりとめないコメントです(汗)。

  2. どもです。読んでいただいてありがとうございます。立ち寄りポイントですが、かなり思いつきですよ。まだ行ってないところか、今回もやっぱり行きたいところということで、0円マップなどをみて決めています。宿泊場所の問題があるので大まかなルートは決めていきますが、細かいポイントは時間と相談しながらリアルタイムで決めています。このへん、ひとりだからできることですね。実際、当初行くつもりでいた佐多岬をやめたのは、開聞岳付近を走っているときでした。

コメントは受け付けていません。