2009/07/29 北海道5日目

朝5時頃に目が覚めました。
ふと外を見ると...
TDMはまだ寝ているようです。

...って、倒れてるじゃないですか!
サイドスタンドが、濡れた土にめり込んで倒れてしまったようです。
前日、その可能性を心配して、大丈夫そうだと確認したのですが、甘かったようです。

起こそうと思いましたがサイドケースにいっぱい入ったままなので起こせません。オーナーさんが起きてくるまで待つことにして、二度寝しました。

7時ちょっと前にオーナーさんが起きてきて、「バイク倒れてますよ」と言ってきました。そうなんですよと言いながら、手伝ってもらって起こしました。幸い、土が軟らかいので傷はあまり付いていません。

朝食をいただいて、出発です。

和寒-比布と進み、暫定無料の旭川紋別自動車道で層雲峡方面へ向かいます。
そばどころ幌加内が近いので、蕎麦畑があります。


路面はだいたい乾いていますが、雲が低いですね。

上川層雲峡ICで降りると層雲峡方面なんですが、そのまま行くと道の駅しらたきがあるのでそのまま行ってみるかと進みましたが、高規格道路は10km弱で終わってしまい時間がかかりそうと言うことで戻ることにしました。

層雲峡温泉付近
昨年はこの辺から黒岳に登りました。

銀河の滝




流星の滝

層雲峡を越えてしばらく行くと、北見へ行くR39と、糠平へ行くR273への分岐があります。今回はR273へ向かいます。

大雪湖





まもなく、三国峠です。
かつて、未舗装道路だった時代に通った記憶があるために難所のイメージがありましたが、快適な道でした。



峠の茶屋で、みんなが何かのぞいていました。

シマリスです。餌付けしているんですね。



強引に道を造ったんですね。

糠平湖沿いになったところで、展望台への道があります。



ここは、今年できた展望台です。
糠平湖には、かつて走っていた鉄道の橋が沈んでいて、湖の水が少ないときは水上に現れます。これがタウシュベツ橋梁です。
例年、6月には水が増えてきて沈んでしまうところに、今年は降水量が非常に多いのでさらに期待はできませんでした。
予想通り、水しか見えませんでいた。

糠平湖
これはタウシュベツ橋梁ではありません。

ここから道道で然別湖へ抜けますが、この道は北海道には珍しい、つづら折れの道が続いていました。

然別湖





然別湖を過ぎて十勝平野へ抜けようとすると、完全に雲の中でした。
平野へ降りると空は今にも降りそうな曇り空でした。

道の駅 うりまく

馬場が併設されていて、乗馬体験もできるようです。


この日も雨が降りそうな予感がしたので、この日も宿に泊まることにして、予約の電話を入れました。ここからすぐ近くのところです。

宿の確保ができたので、十勝の道の駅を回ります。
陸上自衛隊 鹿追駐屯地

展示用の車体なのでしょうが、戦車が並んでいます。

道の駅 しかおい




道の駅 おとふけ

道の駅 ステラ★ほんべつ

ここは、できたばかりの道の駅です。
工事中のエリアもあります。

廃線となった鉄道の駅だったのでしょうか。


道の駅 しほろ温泉

なぜか、駐車場にクワガタが...

道の駅 ピア21しほろ

売店でじゃがバターが売っていたのでつい食べてしまいました。
売れ残っているらしく1個おまけしてくれました。(2個で100円)




宿は、農場の中のダートをいくらか走ったところにありました。




チェックインをして、周りをしばらく散歩します。






夕食は、オムカレー、クリームパスタ、じゃがバター、ピザなどでした。
それぞれ取り分けて食べます。

とほを持っていると、ミニ牛トロ丼がサービスで付きます。

この日、宿泊客は多かったのですが、個室予約者や、カップルで別室という人たちが多くて、相部屋はわたしともう一人だけでした。広い部屋の両端に布団を敷いたので、全然気にならずにすみました。

========== 以下は現地からの投稿です? ==========

降りそうで降らない1日でした。層雲峡を抜けて大雪湖、糠平湖、然別湖と走って、十勝の道の駅を回り、帯広付近の宿に泊まります。