2009/08/16 夜叉ヶ池

盆休みの旅3日目は、夜叉ヶ池にしました。池と言っても、山のかなり上の方にある池です。
流入する川もなく、流れ出る川もない、それでも年中枯れることのない不思議な池です。

福井県の旧今庄町からのアクセスと、岐阜県の旧坂内村からのアクセスがありますが、実家に帰っているので、当然福井側から行きます。
ここは、2年前に登ったことがあるのですが、その当時はかなりきつく、少し登っては休みという感じでした。

広野ダムの奥へ進み、未舗装路を進むと駐車場があります。盆休みに登山という人は少ないのか、2年前よりも車が少なかったです。


しばらくは沢沿いを進みます。






途中、巨大な木がありました。

樹齢300年だそうです。

きれいな沢があり、ここから谷を離れます。



池まで1500mだそうです。




倒木をくぐったりもします。



あと1000m



あと500m


ちょっと藪漕ぎぎみになったりもします。

あと200m
ここまで来ると、歩みが早くなったりします。


100m


最後が一番繁っていました。


池が見えました。到着です。

前回来たときよりかなり楽に登れました。
途中抜いていったボランティアの監視員の方が、夜叉ヶ池の保護についてのパンフレットを配っていました。

前回来たときよりも、立ち入り禁止の範囲が広がっていました。


ここは、固有種のヤシャゲンゴロウがいることで有名です。この池にしかいないものです。
これ?? ...いや、おたまじゃくし。
6月に来るとモリアオガエルの卵があるので、おそらくそのオタマジャクシでしょう。

これかな? ...いや、これはイモリ。

なんかよくわからないのもいます。ヤゴかなにかかな?

おっ!なにか泳いでる。


あっ、これだ、ヤシャゲンゴロウ

見るものは見たので、座り込んでお昼にします。
今回は、実家でお弁当を作ってもらいました。

食べていると、蝶が飛んできました。

なんか弁当箱に口を伸ばしてすすっているようです。

やることはやったので、降ります。

同じ道を戻るので、写真も少なくなります。





駐車場に着きました。
来たときよりも、車が増えていますね。でも、駐車場からあふれるほどではなかったです。

帰りに、今庄365スキー場にある温泉に入って来ました。

意味のないおまけ

この、しっかり合わせた前足は、何なんだろうか...