2009/10/10 しまなみ海道と尾道 (1)

以前から行きたいと思っていた、しまなみ海道に行ってきました。
しまなみ海道は原付で行くべきとよく言われます。そうなると、四国に渡るためにフェリーが必要になります。
最近、橋の値下げによって、フェリー会社の経営が厳しいと聞いています。万が一に備えてフェリーがあるうちに行くことにしました。

金曜日の夜、21時頃にV125で出発します。めざすは神戸港です。
ある程度の防寒装備は用意していたのですが、もう冷え込みますね。

0:55発のフェリーに対して、2時間弱前に到着しました。

ここから高松に渡るフェリーに乗ります。
本当は、愛媛県の東予に渡るオレンジフェリーがいいのですが、高松行きのジャンボフェリーの2倍くらいの料金なので、却下しました。(GWの時に乗ったやつですね)

港の夜景がきれいですね。

船は、ちょっと遅れて到着しました。


積み込みが終わりました。
これまでのフェリーと違い、原付の割合が多かったです。2/3くらい?

出港しました。
このフェリーは2等寝台とかはなく、基本は雑魚寝またはリクライニングチェアーで寝ることになります。
2輪積み込みが終わった頃にはもうリクライニングチェアーはいっぱいで、雑魚寝の部分も大部分とられてしまっていました。個室というのがあるらしく、今はドライバーは特別で500円で個室が使えるキャンペーンをやっているそうなのですが、2輪のドライバーは除外らしく、雑魚寝のところになんとか一人分を見つけてそこで寝ることにしました。まわりがうるさいこともなく、問題なく寝れました。

突然ジャンボフェリーのテーマソングが流れ、目を覚ましました。到着らしいです。
5時過ぎなので、まだ暗いです。

ここから今治を目指します。
冷え込んで、ある程度の装備はしていますが寒いです。

道の駅 とよはま
昨年寄ったところです。併設のラーメン屋さんは廃業してしまったそうです。

ようやく今治に近づいてきました。
道の駅 今治湯ノ浦温泉

もう、9時を過ぎていたので、営業していました。
スタンプ帳があるかどうか聞いてみると、もらうことができました。
四国のスタンプラリーのスタンプ帳は無料配布しているので、7月の配布以来、なんとなくでもらう人が多く、在庫を切らしてしまうことが危惧されていました。ここで在庫があったことは非常に助かりました。

まもなくしまなみ海道の看板がありますが、素通りします。これは高速道路のほうだからです。
自動車はずっと高速道路で通過しますが、原付・自転車・歩行者は、橋のところだけ通行するようになっています。
道路が見えてきましたね。

もう少し進んで先に展望台へ行きます。

最初の橋、来島海峡大橋が見えます。

橋へのアクセス道。吊り橋のアンカーも見えますね。



原付が走っています。

自転車も走っています。

展望台近くに入り口があります。

この橋は、原付と自転車は分かれて走るようになっています。

原付の道はこんな感じです。
対向車があります。

吊り橋の太いワイヤー

橋の途中にある、馬島


途中に料金箱があります。
ここに料金を投げ込むようになっています。


また、ここにはエレベーターがあります。
馬島に下りることができるんです。


原付も一緒に乗れます。


写真を撮っただけで上に戻りました。


鳴門とかと同様に、急流になっているようです。

急流観光の船がいます。

橋脚のところは迂回する道になっています。

保守作業をやっていました。

原付の下り口はこんな風になっています。

この道にも名前がついていました。



こんなふうに観察しながら行けるのが原付のいいところですね。自動車だと一瞬で終わってしまいます。
自転車でも行けますし、実際多くの自転車が走っていましたが、寄り道する余裕がないのが欠点ですね。

長くなりそうなので記事を分けることにします。