2009/11/07 仙人風呂と紀伊半島巡り

今年も紀伊半島、川湯温泉の仙人風呂が始まりました。
川の底を掘れば温泉が出てくるという川湯温泉において、水量が少ない冬の間だけ、常設の露天風呂が作られます。
昨年は、いずれいこうと思っているうちに終わってしまったので、今年ははじまってすぐの11月に行ってきました。

ブレイドで出かけました。
京名和道+R24で五條まで行って、そこからR168で南下します。

道の駅 吉野路 大塔

だいたい改良が進んでいるR168ですが、まだ一部狭いところがあります。そのあたりで新しい橋を造る工事が進んでいました。

道の駅 奥熊野古道ほんぐう

R311に入ってすぐ、川湯温泉にはいると、それらしいものが見えてきます。
河原に臨時駐車場がありました。

駐車場に駐めて進みます。

川の温泉ですね。


湯加減がいい場所があるんですが、そこに居座っても、流れがあるため、しばらくするとぬるくなったりします。このため、暖かいところを求めて移動したりしていました。
熱すぎるところはなかったです。


自前で掘っている人もいました。

満足して、紀伊半島で残っている道の駅スタンプ巡りに向かいます。
道の駅 熊野古道中辺路
熊野古道のベースになるところらしいです。いずれ行きたいです。

道の駅 ふるさとセンター大塔

道の駅 水の郷日高川 龍游

ここで、お昼として、アマゴ唐揚げ定食を食べました。

道の駅 San Pin 中津

風力発電の設備のメンテナンスをしていました。大きいので大規模ですね。

R424を北へ向かいます。
ところどころ酷道区間がありました。


道の駅 紀の川万葉の里

冬期は施設が17時に閉まってしまうそうです。このため、スタンプは押せませんでした。
まぁ、それほど遠いところではないので、また来ることにします。

あとは、R371で河内長野の方に抜け、ナビに任せたところ、外環ではなく中環を通ることになりました。
たしかに流れはいいので、これが正解なのかも。