2009/11/29 善峯寺

先週行った光明寺、柳谷寺は、西山三山に数えられています。そうなると、あと一つは何なんだとなりますが、善峯寺というのが最後の一つです。
光明寺より少し北側の山に入ります。

今日は、ここに行ってみました。自宅から歩いて出かけます。
光明寺を超えて北へ行くと、善峯寺道という府道があります。とても狭い道です。

竹藪の間を越えると、ひらけたところに出ました。

そして、山道になります。


途中に十輪寺というところがあったので寄ってみました。





六歌仙のひとり、在原業平が晩年過ごしたゆかりの寺だそうです。



なりひらもみじは残念ながらすっかり裸になっていました。











塩釜
業平が、海水を焼いてその煙の風情を楽しんだところらしいです。



業平の墓

十輪寺をあとにして、さらに進みます。


山の上に建物が見えます。ここまで上るのでしょうか。









ようやく吉峰寺の登り口に着きました。















遊龍の松という、国内最大の五葉松だそうです。






もう、真っ赤ですね




























奥の院

ここからの景色は広い範囲を見渡せます。












だいたい見たので出ます。裏口なんですが、遊園地みたいな出口ですね。



裏口からすぐのところに三鈷寺がありました。



この横から下ります。





山道を下りると、最初に来た道に戻りました。

下界に下りて、再び光明寺のそばを通って帰ります。

途中の畑に、見慣れない鳥がいました。





大きさは、鳩くらいでした。飛ぶよりも歩く方が得意な感じの鳥ですね。
近づくと逃げてしまうので、これくらいしか撮れませんでいた。

このあとは歩いて帰りましたが、到着の5分くらい前に軽く雨が降り始め、なんとかぬれる前に帰ることができました。

きょうのにゃんこ