2010/01/23 出石

久々に、卵かけご飯を食べに行ってきました。
いつものように、R9-R426です。(いつもの道なので、地図なし)

以前来たとき、開店時間に着いても1時間待ちだったので、今回は早めにいったら50分前に着いてしまいました。
ほかに客らしい人はいません。

卵かけご飯 但熊

農産物直売所 百笑館

つい最近できたらしい、卵を使ったスイーツの店 弐番館

農産物直売所はすでに開いていたので、卵とカブを買いました。
直売所には、商品を陳列にくる生産者の方が入れ替わり立ち替りしていました。

30分前になって、店の前のベンチに座ったら、店を開けてくれました。
誰も座っていない店内は初めて見ます。
周りを気にしないで良いので、撮影し放題です。

卵かけごはん定食 大

卵が山盛りで置いてあります。

薬味や醤油類も充実しています。


トッピング完了

最後まで貸切状態でした。さすがに冬はお客さんが少ないのでしょうか。

近くにシルク温泉があるので寄っていきます。
シルク温泉 やまびこ

いつもの温泉は、あとの予定があるのでそれが多少気になったりしていましたが、今回、あとの予定を全く決めていなかったので、ひたすらのんびりできました。
お風呂につかりながら、近くの出石の町の散策をしていないことに気づき、行ってみることにしました。
出石は皿そばを食べに寄ったりはしているのですが、町の中まで入ったことはありませんでした。

駐車場に停めて、まずは城跡に向かいます。






城跡の前には、出石のシンボル、辰鼓楼がありました。




古い町並みを模した土産物屋も並んでいます。

出石城址は、いくつかの櫓が復元されていますが、多くは廃城になったままです。






伏見稲荷ぽい鳥居のトンネルもありました。



感応殿。 出石藩主 仙石氏の祖、権兵衛秀久公が祀られている社です。この人は、石川五右衛門を捉えた人だそうです。

この出石城の上の山の頂上に、もうひとつ城跡があるそうです。出石城が出来る前、戦国時代に作られた有子山城というものだそうです。
登り口。よせばいいのに登ってみました。標高320m位らしいです。

遊歩道と書いてありましたが、登山道ですね。

なんか、道の脇に白いものが...だんだん嫌な予感がしてきます。

木の上にも..

途中、手を使わないと登りにくいところもありましたが、半分登ると、傾斜がゆるく、歩きやすくなってきました。
そのかわり、白いものが増えていきます。
一度、引き返そうかと迷いました。




石垣が見えてきました。頂上が近いようです。



広いところに出ました。ここが本丸跡のようです。


ここからの景色はきれいでした。




降りる方が、滑りそうで気を使いました。

往復約80分、誰とも会いませんでした。

城下町を散策します。


せっかく出石に来たので、そばを食べることにしました。
そば庄

朝を結構食べているので、今回は基本の5皿にしました。
わさびが本わさびで鮫皮のおろしがついていました。

さらに散策します。
古い酒蔵だそうです。

その奥を進んだところに、宗鏡寺があります。


沢庵和尚が住んでいた寺です。




ここがタクワン和尚が住んでいた庵だそうです。

撮影禁止だったので撮りませんでしたが、庭もきれいでした。

きょうのにゃんこ

家老屋敷

大名行列で使われる道具などを展示していました。


2Fへの隠し階段がありました。

先程登った有子山城の山が見えます。

頂上の東屋が見えますね。

帰りもほとんど来た道を戻りました。
ちょっと寄った、道の駅 瑞穂の里さらびき