2010/05/02 九州ツーリング3日目

今日は今回の最大の目的、軍艦島上陸の日です。
2年前に長崎に来たとき、軍艦島を遠くから見ることができましたが、その当時は近くまで船で行くことはできましたが上陸が許されていませんでした。昨年、上陸が許可されたので、上陸するツアーが設定されました。今回、このツアーに申し込んであったのですが、天候によっては中止になることもあり、かなり微妙な状況でした。(年間で上陸できる日は100日程度だそうです)天気予報では一日晴れということで、賭けに勝ったような気分でした。

朝ごはんを食べて宿を出ます。

R206で長崎市へ向かいます。



長崎港ターミナルに着きました。ここの駐輪場にバイクを停めます。
天気予報は晴れなのに、ここにくる途中黒雲が押し寄せてきて、ターミナルにつく頃には雨が降り出しました。

ツアーの予約は午後なのですが、午前に行った方がその後の時間のやりくりがやりやすいのでキャンセル待ちをしてみましたが、私まで回ってきませんでした。予約通り、午後のツアーで行くことにします。
幸い、雨も止んだので、長崎市内観光に行くことにします。
長崎市内というと、まず、グラバー園が思い浮かびます。歩いていけるようなので、歩きました。




きょうのにゃんこ


大浦天主堂

グラバー園入り口









午後の13時には港に行かないといけないので、早めにお昼にしました。
ちょうど、グラバー園入り口に有名店の四海楼がありました。行列がすごいことを聞いていたのですが、開店15分くらい前でそれほど並んでいなかったので、列に並んで開店を待ちました。
このお店は、ちゃんぽん発祥の店らしいです。

ちゃんぽんと春巻きを食べました。


オランダ坂


みさき道


中華街


出島


一部、当時の建物が復元されています。


ターミナルに戻って、乗船券の発券手続きをしました。

この船で行くようです。

しばらく待った後、出港しました。


港の中の目立つ船や施設の説明をしてくれました。
建造中の、自動車運搬船

海上自衛隊のイージス艦あしがら


NTTの海底ケーブル敷設船、すばる

女神大橋



伊王島と本土をつなぐ、建設中の橋。今は船を使わないといけません。

まもなく、見学者の札が配られました。札の色でグループ分けして案内するそうです。

ついに軍艦島が見えてきました。
軍艦島(端島)の詳しいところはWikipedia参照のこと。

やっぱり遠目には軍艦に見えますね。


近づくにつれて、建物がはっきり見えてきます。
あれ?よく見ると、上陸している人が数人見えますね。あのへんは上陸が認められていないはずなんですが...釣りの人たち?




上陸地点付近は新たに作られた施設です。




島の中は自由に歩けるのではなく、決められた範囲を見学することになります。
見学場所が3箇所あり、それぞれに説明してくれます。

左に見えるのが小中学校。右側に見える柱が石炭を運ぶベルトコンベアの支柱あとです。

幹部用住宅。

この辺が指令所だったそうです。








これが、日本で最初にできた鉄筋コンクリートの建物だそうです。(大正5年)

プール跡。海水を使っていたので、魚も泳いでいたそうです。

見学を追えて、船に戻りました。

船からしか見えない、島の西側。(本土から見えるのは東側だけ)




軍艦島に別れを告げます。

帰ってきたら、軍艦島上陸証明書をくれました。


あとは宿に戻るだけです。この日も前日と同じ佐世保ライダーハウス泊です。
西側のR202から帰りました。
道の駅 夕陽が丘そとめ





道の駅 さいかい

新西海橋

西海橋



プチうずしおが出来ていました。



宿に着くと、満室になっていました。(わたしは予約してあるので平気)

夕食を食べて寝ました。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

今日は、午前中長崎市内を観光して、午後に今回のハイライト、軍艦島上陸をしてきました。