2010/06/06 平城宮跡

今流行の、平城遷都1300年祭のメイン会場となっている、平城宮跡へ行ってきました。

京都から近鉄特急で一気に移動です。

大和西大寺で降りて10分ほど歩くと会場です。





ガイドツアー(300円)があったので、申込みました。近い時間のツアーは一杯で、1時間くらいあとのツアーになりました。

待ち時間を利用していろいろ見て回ります。
遣唐使船の復元

朱雀門


向こうに見えるのが、今回復元された第一次大極殿

大極殿へ向かいます。結構歩きます。


天平時代の衣装の貸し出しを行っており、これを着ている人もいました。






内壁の四隅には、四神の絵が書かれていました。
朱雀

玄武

白虎

青龍

高御座

ガイドツアーの時間になったので戻ります。広いので、戻るのにも時間がかかります。
ボランティアの説明を聞きながら回りました。

ツアーが終わって、残りを見て回ります。
天皇が一時期よそに行っていたあと戻ってきて建てた第2次大極殿跡は遺構のままです。






早いうちに整理券を確保していた歴史館の入場時間になり、また戻りました。
基本は歴史説明の映像を見る所でした。当時の平城京の様子を3DCGで復元したムービーはなかなか見物ですね。

平城宮跡資料館

こちらはここで発掘されたものが展示されていました。


こんな玩具も作っていたんですね。


宮内省跡(復元)


遺構展示館

発掘された遺構をそのまま保存しています。




発掘現場もありました。ここは発掘体験ができるところらしいです。


東院庭園

日本初の日本庭園ではないかといわれています。




ここで見終わったので、ついでに興福寺まで歩きました。
国宝館が新しくなったとのことです。

金堂内・国宝館ともに撮影禁止でした。

近くの国立博物館で遣唐使展をやっている人のことなので行こうと思いましたが、もう入場時間が終わっていました。


行きと同様、近鉄特急で帰りました。