2009/11/22 近場の紅葉巡り

この日は午後から雨になるという予報だったので、遠出するのはやめました。
そのかわりに、近場へ歩いて出かけてきました。

まずは、光明寺です。
今年のJR西日本の紅葉ポスターにここの写真が使われたそうで、例年より人手が多そうです。


歩いていって拝観開始直後に着いたのですが、拝観券を買う列が長くできていました。
また、今年はバスで来る団体がいっぱいいました。






混雑する前に、出口付近の紅葉のトンネルへ行っておきました。

昨年来たときよりは色づきが薄いです。まだ早かったか。


















出店でもみじ串天を売っていました。



売店のお姉さんの話によると、まだ少し早いようです。1,2週間後がよいのではないかとのこと。
また、拝観券売り場の列はなくなっていました。朝一番が一番混雑するようですね。

光明寺を出て、西山三山のもう一つである、柳谷寺へ向かいました。
以前、天王山へ裏から登ったときの、登り口の近くにあります。
シャトルバスが出ていますが、歩いていきます。

途中、竹藪の中に・・・



家族でしょうか。発泡スチロールの家を誰かに作ってもらって、えさももらっているようです。
その割には警戒しまくりでした。

途中にある竹藪は、しっかり手入れされています。

1時間弱かかって、柳谷寺に到着です。




ちょうどイベントで、つきたてのお餅をもらえました。




ここでは、独鈷水という霊水が出るそうです。

わたしの分も汲んでくれました。



小人のミイラというのが特別展示されていました。
たしかに人っぽい形をしていますが、全長30cmくらいしかありません。
写真を撮ると何か映るかもしれないのでやめておきました。

奥の院方面が紅葉の道になっています。










奥の院

















帰りも歩きました。駐車場の整理の人に、「歩いて下りるのか?」と声をかけられました。
「歩いて上ってきたから」と答えると、感心していました。

先ほどの場所では、3匹が固まっていました。寒くなってきたのでしょう。

帰りに、長岡天満宮でも、「紅葉見頃、寄っていって」と看板が出ていたので寄りました。
ところが、社殿付近は七五三の人がいるだけで、紅葉の名所というイメージはありません。




少し下りると、それらしきものがありました。
紅葉庭園 錦景苑だそうです。
最近作った庭園らしいですね。




















このあとは、ちょっと歩いてお昼にして帰りました。
落ち着いたあと、車で買い物に出かけましたが、雨が降ってきていました。帰るまで降らずにいて助かりました。