2010/05/03 九州ツーリング4日目

この日は長崎を後にして、阿蘇方面へ向かいます。


朝ごはん

道の駅 いまり

道の駅 厳木

道の駅 山内

道の駅 おおき


道の駅 おおむた

道の駅 きくすい

ここでお昼にしました。
だご汁セット



道の駅 鯛生金山

砂金採り体験をやっていました。



道の駅 せせらぎ郷かみつえ
ここは、閉校になった小学校を改装したのだそうです。


道の駅 小国


黒川温泉近くにすずめ地獄というのがあったので行ってみました。



川の数カ所から温泉が湧いています。温度が低いので湯気は出ていません。
この近くで鳥や動物の死骸が見つかることがあるためすずめ地獄という名前がついたそうです。









くじゅう高原に入り、それらしい風景になってきました。






最後に、温泉によりました。筋湯温泉です。


ここは打たせ湯が名物で、打たせ湯がいくつも並んだ浴槽のある、公共浴場「うたせ湯」が看板施設です。






そして、くじゅうエイドステーションに着きました。

昨年も泊まった、貨車の宿です。

裏にはキャンプサイトがあり、大盛況でした。


夕食を食べて早めに寝ました。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

佐世保を出て寄り道をしながらくじゅう高原へ来ました。貨車の宿です。明日は天気がよければ阿蘇三昧です。


2010/05/02 九州ツーリング3日目

今日は今回の最大の目的、軍艦島上陸の日です。
2年前に長崎に来たとき、軍艦島を遠くから見ることができましたが、その当時は近くまで船で行くことはできましたが上陸が許されていませんでした。昨年、上陸が許可されたので、上陸するツアーが設定されました。今回、このツアーに申し込んであったのですが、天候によっては中止になることもあり、かなり微妙な状況でした。(年間で上陸できる日は100日程度だそうです)天気予報では一日晴れということで、賭けに勝ったような気分でした。

朝ごはんを食べて宿を出ます。

R206で長崎市へ向かいます。



長崎港ターミナルに着きました。ここの駐輪場にバイクを停めます。
天気予報は晴れなのに、ここにくる途中黒雲が押し寄せてきて、ターミナルにつく頃には雨が降り出しました。

ツアーの予約は午後なのですが、午前に行った方がその後の時間のやりくりがやりやすいのでキャンセル待ちをしてみましたが、私まで回ってきませんでした。予約通り、午後のツアーで行くことにします。
幸い、雨も止んだので、長崎市内観光に行くことにします。
長崎市内というと、まず、グラバー園が思い浮かびます。歩いていけるようなので、歩きました。




きょうのにゃんこ


大浦天主堂

グラバー園入り口









午後の13時には港に行かないといけないので、早めにお昼にしました。
ちょうど、グラバー園入り口に有名店の四海楼がありました。行列がすごいことを聞いていたのですが、開店15分くらい前でそれほど並んでいなかったので、列に並んで開店を待ちました。
このお店は、ちゃんぽん発祥の店らしいです。

ちゃんぽんと春巻きを食べました。


オランダ坂


みさき道


中華街


出島


一部、当時の建物が復元されています。


ターミナルに戻って、乗船券の発券手続きをしました。

この船で行くようです。

しばらく待った後、出港しました。


港の中の目立つ船や施設の説明をしてくれました。
建造中の、自動車運搬船

海上自衛隊のイージス艦あしがら


NTTの海底ケーブル敷設船、すばる

女神大橋



伊王島と本土をつなぐ、建設中の橋。今は船を使わないといけません。

まもなく、見学者の札が配られました。札の色でグループ分けして案内するそうです。

ついに軍艦島が見えてきました。
軍艦島(端島)の詳しいところはWikipedia参照のこと。

やっぱり遠目には軍艦に見えますね。


近づくにつれて、建物がはっきり見えてきます。
あれ?よく見ると、上陸している人が数人見えますね。あのへんは上陸が認められていないはずなんですが...釣りの人たち?




上陸地点付近は新たに作られた施設です。




島の中は自由に歩けるのではなく、決められた範囲を見学することになります。
見学場所が3箇所あり、それぞれに説明してくれます。

左に見えるのが小中学校。右側に見える柱が石炭を運ぶベルトコンベアの支柱あとです。

幹部用住宅。

この辺が指令所だったそうです。








これが、日本で最初にできた鉄筋コンクリートの建物だそうです。(大正5年)

プール跡。海水を使っていたので、魚も泳いでいたそうです。

見学を追えて、船に戻りました。

船からしか見えない、島の西側。(本土から見えるのは東側だけ)




軍艦島に別れを告げます。

帰ってきたら、軍艦島上陸証明書をくれました。


あとは宿に戻るだけです。この日も前日と同じ佐世保ライダーハウス泊です。
西側のR202から帰りました。
道の駅 夕陽が丘そとめ





道の駅 さいかい

新西海橋

西海橋



プチうずしおが出来ていました。



宿に着くと、満室になっていました。(わたしは予約してあるので平気)

夕食を食べて寝ました。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

今日は、午前中長崎市内を観光して、午後に今回のハイライト、軍艦島上陸をしてきました。


2010/05/01 九州ツーリング2日目

フェリーでの朝です。
レストランで、朝がゆセットを食べました。


港に着き、下船準備が始まりました。


下船開始です。

船をおり、ツーリングスタートです。
なお、今回はすべて寝具付きの宿に泊まるので荷物が少なく、サイドケースはE21にしています。
(昨年ガードレールにE41を引っ掛けたのがトラウマになっています)

新門司からr25-R322などを通って南下しました。

途中、平尾台という案内があったので、それにつられて寄り道をしました。
なんでも、秋吉台、四国カルストに続く、三大カルストに数えられるそうです。ただ、上位2カルストと比べると、規模が小さいらしいです。



こんなものかと思い、山の反対側に降りようと思って走ったところ、そちらにカルストの見事な地形が広がっていました。

ビジターセンター的なものもありました。





あれ? なんだ?

野生の狸ですね。


下界に降りて、道の駅 香春。
スタンプ帳にスタンプを押すと同時に、最近始まった、「全国道の駅塗りつぶし同好会」の位置ゲーも反映させます。これは、道の駅の現地でGPS対応携帯電話からアクセスすることにより、その道の駅に到達したことを登録するものです。まだベータ版なので、この先どうなるかは未定です。

道の駅 歓遊舎ひこさん

ここでお昼なので、赤鶏鉄板焼き定食をいただきました。

この道の駅は、鉄道の駅と併用です。

道の駅 うすい

道の駅 小石原


道の駅 原鶴


道の駅 うきは



道の駅 くるめ。ここは、昨年来ています。

久留米近辺でかなり渋滞していました。九州の街は、幹線道路が中心地で接続しているので、どうしても渋滞が発生しますね。
道の駅 吉野ヶ里





道の駅 大和

ここで、道の駅の訪問時間の限界に達したので、道の駅巡りを終了します。
宿の時間に遅れるとまずいので、長崎自動車道-西九州自動車道で佐世保へ向かいます。
佐世保から西海橋方面へ進むと、2年ぶりの民宿やまべです。泊まるのは、これに併設されたライダーハウスです。

この日は、白い車に泊まりました。

夕食

次の日の天気予報は、全国的に晴れだそうです。今回の最大の目的の日なので、期待が膨らみます。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

今日は、門司から道の駅を回って佐世保ライダーハウスに泊まりです。

2010/04/30 九州ツーリング1日目

毎年恒例になってきた、九州ツーリングです。

会社の休みは翌日の5/1からなのですが、前の日に午後有給休暇をもらって準備をしました。
出発は神戸六甲アイランドなのですが、昨年はR171で行ってかなり時間がかかったので、今回は名神で西宮まで行きました。既に世間はGWに入っているため途中混雑していましたが、渋滞することもなくスムーズに港まで着きました。

阪九フェリー乗り場

乗船手続きをします。


すぐ横に、大分行きのふぇりー、さんふらわあぱーるがいました。

今回乗るのは、新門司行きのやまとです。


まもなく乗船になりました。



2等指定Bシングルの部屋です。


出航前にお風呂に入って、レストランで食事にしました。

さんふらわあ ぱーるが先に出港していきました。

あとはやることがないので、早めに寝ました。

====== 以下はリアルタイムで携帯から投稿した記事です。 ========

毎年恒例 九州ツーリングです。今夜神戸を出て新門司へ向かいます。

2010/04/17 琵琶湖一周

晴れそうなので、TDMで琵琶湖一周に行ってきました。

今回は時計回りです。

西大津バイパス-湖西道路で混雑するところをスキップしました。

志賀バイパス終点

白髭神社



まだ桜が咲いていますね。






マキノに入ると、湖岸に桜の列が並んでいます。
海津大崎ですね。




船から花見をしている人もいます。


花のピークは終わったようですが、桜吹雪がすごいです。







ワインディングが続きますが、花びらが積もっているので怖くてスピードを出して曲がれません。




海津大崎が終わると山道になり、奥琵琶湖パークウェイです。
上の写真を見ると、奥琵琶湖パークウェイの道沿いに桜が咲いているのがわかりますね。


相変わらず一方通行規制が続いていました。
つづら尾崎展望台









下に降りてくると、道の駅 塩津海道あぢかまの里です。

鮒寿司茶漬けセットを食べました。
鮒寿しにこんな食べ方があるんですね。

道の駅 湖北みずどりステーション

昨年のTDMオフの時にラーメンを食べたお店がプレハブの建物ごとなくなっていました。

きょうのにゃんこ




道の駅 近江母の郷



琵琶湖は水位があふれんばかりの状態でした。
雪解けの影響なのか、今週の雨の影響なのか...



道の駅 草津


晴れ間は時々という感じで、肌寒かったですが、桜吹雪の中のツーリングも良いものです。

2010/03/14 新しい道の駅訪問

兵庫県に新しい道の駅ができたので行ってきました。今年はじめてのTDM900出動です。

播磨地方なので、定番のR372デカンショ街道で行きます。
最初から快晴でしたが、放射冷却のためか、朝一は気温は低く、冬用グローブでも指先が痛いほどでした。

とちゅうから加古川バイパスに入り、そのままたつのまで行きます。
道の駅は近いのですが、このあたりに梅林があるそうなのでよってみました。

バイクもいっぱい来ていました。

綾部山梅林



あちこちから鶯の声がします。
鶯と梅って、どこかの絵札にありましたね。







休憩所で、入場券についている半券と引換に甘酒を振舞っていました。

ノンアルコールということなので安心。


姫路の港方面



ミツバチの巣箱もあり、蜂がしきりに出入していました。

動きが速くてうまく映らない。

景色を見ながらお弁当を食べる人がいっぱいいました。





梅林を出て、近くで撮影。このころには暖かくなってきました。

ここからR250で西へ向かうと道の駅 みつです。
オープンしたばかりなので、大混雑でした。

バイクいっぱい

スタンプのところには、新しい台紙も置いてありました。

たてものの下にある通路を抜けると..

海岸です。



中のレストランは、待ち時間60分…

でも、せっかくなので待ちました。(実際は30分くらい)
魚菜屋弁当。内容は、日によって変わるようです。
この日の煮魚は、舌平目でした。珍しい..

セットの釜飯。この日はしらす釜飯でした。



このまま、R250の海岸線を西へ向かいます。

途中に、よく聞く名前の看板がありました。

セイバンは、三津が本拠地だそうです。先月、ランドセル作りが佳境に入ったというニュースをやっていました。

室津の漁港。このへんの魚どころらしい。








相生まで出たところでR2に戻り、元の道へ戻りました。
R173と交差するところのコンビニで休憩。

おまけ
前日の京都散歩の写真をいくつか
白川通で会ったにゃんこ。

哲学の道あたりで見つけた花。ミツマタだそうです。


哲学の道で以前も会ったにゃんこ


青蓮院門跡の大クスノキ

2009/11/28 笠そば処と長谷寺

今年はもうTDMで出かける機会はないかもしれないと思っていたのですが、この土曜日は午後から晴れるとのことだったので出かけました。

朝起きてみると、どんよりとした雲が立ちこめています。天気がよくなる方向だからと楽観的に出かけます。
もうすっかり寒い季節ですが、完全冬装備だったので、走っていて寒さを感じることはありませんでした。

この日の目的は、Sadaさんが紹介していた笠そば処です。
京名和道で奈良まで行って、県道を経由してR369に入ります。
R369だと大きく回り込む上、柳生のあたりでは不可解な回り道をしています。まっすぐ平地を行くと渋滞に遭いそうなので、遠くても回り道を選びました。

近くの山も、すっかり紅葉色です。

R369をずっと行くと、針T.R.S.に着きます。
寒いのに、バイクがいっぱいいました。

そこから県道でいくらか行くと、笠そば処に到着です。
お店のWebサイトにあった案内地図を頼りに行ったところ、距離感がいい加減で、行き過ぎたのかと不安になったことが何回かありました。


駐車場にいっぱい車が駐まっていたので行列なのかと思いましたが、農産物直売とか、そば打ち体験の参加者とかもいたようで、たいして待たずにすみました。
荒神そばとかき揚げを注文しました。

↓フォーカスがむちゃくちゃでしたが、TDMをまともに撮ったのがこれしかなかったのでのせておきます。

すぐ近くに、笠山荒神社がありました。

地図を見ると、近くに長谷寺があるのでそちらへ向かいました。

初瀬ダム

長谷寺です。



紅葉はまさに見頃でした。








寺の外ですが、離れたところに立派な銀杏の木がありました。



源氏物語にも登場した、二本(ふたもと)の杉



紀貫之が古今和歌集で詠んだ、故里の梅


本堂

いま、期間限定で本尊の十一面観音を拝観できるとのことなので行ってみました。

入り口で、手を香で清めてくれました。なかで観音の足に触れることができるそうなので、そのためでしょう。また、結縁の五色線という、糸をよって作った腕輪をつけてくれました。これは記念に持ち帰ってよいそうです。
中は撮影禁止なので写真は残っていませんが、特別拝観料1000円を払う意味はありました。
高さ10メートルを超える国内最大の木彫りの観音さまで、すぐ近くで見上げることができ、手を触れることもできました。その場を離れるときは、係の僧の人がお祈りをしてくれました。

特別拝観でもらったグッズの数々
真ん中のやつは、ガラスの裏側から貼り付けるシールですね。

















もう、真っ赤の世界です。


















寺を出て、例の銀杏の方へ向かいます。


スサノオ神社だそうです。

このあとは、橿原まで抜けて、R24-京名和道で帰りました。
道中、ずっと雨が降りそうな曇りで、結局晴れたのは帰着する頃でした。

今年のTDMの稼働は終わりぽいです。
バッテリーのターミナルを外して、カバーを掛けて冬眠です。

2009/10/31 播但の道の駅巡り

秋が深まってきたので、TDMで出かけました。
播但地方の道の駅のスタンプ押しです。

いつものように、京都縦貫道の沓掛から入り、亀岡へのトンネルを抜けたとたん、一面霧でした。
それ以降、R372に入って進んだのですが、霧だったり、晴れだったり、めまぐるしく変わりました。

R372のとあるところ

振り向くと、霧の中

篠山からR372を外れて、R176を少し走ります。
途中の簡易パーキング

氷上ICから、北近畿豊岡道路の無料区間を青垣まで走ります。
青垣で、パラグライダーをやっていました。
意外と下りてくるのが早い。

青垣峠のR429は、相変わらずの酷道です。

銀山湖

このへんまではちょいちょい来ているところです。今回はさらに西へ進みます。
R312に合流してしばらく北へ向かってから、ふたたびR429で西へ向かいます。

この辺も、この前の豪雨の影響が残っています。

神子畑鋳鉄橋というのがありました。
馬車用の橋で、日本最古の全鋳鉄橋だそうです。

なんか、すごい廃墟みたいなのがありました。後で調べると、過去の鉱山兼選鉱所あとらしいです。




そのまま波賀へ抜けようと思ったのですが、R429の峠が復旧工事で通行止めらしいです。
仕方がないので、県道で南へ抜け、播磨いちのみやへ向かうことにしました。







道の駅 播磨いちのみや

ししゆずという、ごついゆずが売っていました。

柿もケース売りでした。

そのままR29を北上します。
道の駅 みなみ波賀

このとなりに、そば屋さんがありました。

そばやひむろ


ざるそばと、天ぷら盛り合わせを食べました。


道の駅 はが

近畿の道の駅第一号だそうです。

R429をさらに西へ向かって県道にはいると、道の駅ちくさです。
ほとんど、岡山県です。

すぐそこが、例の佐用町です。

ここからは、ちょっと南へ向かって、中国自動車道に併走している県道、r53&r23で加西あたりまでいって、そこからR372で帰りました。
途中にあった、コスモス畑で1枚

カンパを求めていたので、撮影に使わせてもらったお礼に100円入れておきました。


加東のコンビニで休憩
R372とかは、休憩場所の定番がないので困りますね。

日差しが優しくて、ところどころ紅葉していて、しっかりした目的地はなかったですがいいお出かけでした。

2009/10/18 たこフェリーで淡路島

フェリーがあるうちに行っておかなきゃシリーズ第2弾です。

淡路島へは、明石海峡大橋のほかに、明石淡路フェリー(通称たこフェリー)があります。(人だけなら、ジェノバラインもあります)
高速道路1000円祭りの上に、高速道路無料の話もあり、フェリーは大変な状況です。たこフェリーも来年はもうないかもしれないとの不安があり、今のうちに行っておくことにしました。フェリーがなくなってもブレイドやTDM900なら行けるのですが、原付では行けなくなります。このため、今回はアドレスV125で行ってきました。
近畿道の駅スタンプラリーの締め切りが3月で、原付で行く最後のチャンスだというのもありました。(これから寒くなるため)

朝6時過ぎに起きて出かけます。
明石までは、1週間前に走った道です。完全に同じ道だと飽きるので、神戸で一部R28などを走りました。(R2が途中で曲がっていたのをそのまままっすぐ走ったからという説もあり)

明石港に着きましたが、料金790円を払うとすぐ積み込みが始まりました。



積み込み終了

船室はこんな感じです。

10分くらい後に来たバイクは、次を待たされています。




出港しました。


ジェノバラインの高速船かな?

橋の見所が続きます。


たこフェリーの対向船がいました。

たこ印ですね。


淡路島が見えます

明石海峡大橋はやっぱりきれいですね。

付近は、漁船もいっぱい来ています。


漁をやっています。

橋をくぐりました。


後で行く、道の駅 あわじが見えます。

岩屋港に入港します。

下船準備です。
2輪はやっぱり原付と自転車が多かったですが、明石海峡大橋を走れる自動2輪も結構いました。
4輪は5台くらいしかおらず、やはり1000円祭りの影響を感じました。

下船開始です。

普通は時計回りに走るのですが、今回は反時計回りに回ってみました。




すぐに、道の駅 あわじがあります。

明石海峡大橋の巨大なアンカレジがあります。





乗ってきたフェリーが明石へ引き返していきます。

海岸線を南下します。

まもなく、魚増鮮魚店というのがあります。

なかでは何か焼いています。

あなごの蒲焼きです。

さっそく、3匹包んでもらいました。夜食のおみやげです。

途中、マラソンのイベントをやっていたため、しばらく通行が妨げられ、待ちが続いたりもしました。








また、橋が見えてきました。大鳴門橋です。



橋の手前に、大鳴門橋記念館というのがありました。
以前来たときはスルーしていたのですが、入ってみました。

第3セクターがやっている施設らしい中身でした。
中がどうなっているのか確認したい人以外は行かなくても良さそうです。
ただ、大鳴門橋を造る過程を説明する映像と、橋に実際に設置されたカメラを自分で操作して渦潮を見られるのは、人によっては興味深いかもしれません。



うずしお近くには、帆船ぽい形の遊覧船も出ていました。


道の駅 うずしお

ここのレストランは満員で待ちがありました。
たこ天丼

大鳴門橋を見ながら食事ができました。


橋の下に行くことができます。

橋の下は、すごい潮の流れですね。

橋の下側は、鉄道を通すための構造になっています。ただ、明石海峡大橋には鉄道を通す部分がないので、鉄道が来る予定はありません。それなら、原付を走らせてくれればいいのですが、徳島側が、「渦の道」と称して遊歩道になってしまったので、今のところは実現しそうにありません。

大鳴門橋を離れて、海岸線を東へ向かいます。





まもなく、淡路島モンキーセンターがあります。
時々TVにも出ていて、行ってみたかったんです。

ところが、もう猿の群れは山に戻ってしまったそうで、当分休園らしいです。残念。

さらに走ります。

うわさのナゾのパラダイスがあります。素通りします。



道の駅 東浦ターミナルパーク

スタンプはバスターミナルにあります。知らないとかなり悩みそう。

再度、明石海峡大橋が見えてきました。

岩屋港

20分ほど待ちらしいです。

ここは、港の駐輪場です。島内の人は、ここまでバイクなどで来て、バイクをおいてフェリーで本土へ買い物に行くようです。





行きとは違って、乗用車は倍の10台ほど、それに、バス2台とトラック1台がいました。

まもなく、船が到着しました。

積み込み終了、簡単なものです。


自転車も。




ジェノバラインの船が行きます。

出港しました。
橋が近くに見えます。移動するので、いろんなアングルで見えます。


保守用のゴンドラも出ていますね。

主塔の根元には、船がぶつかっても大丈夫なように囲いがされています。



対向船

ふと見ると、船員さんが窓の掃除をしています。
経営合理化で、航行中も休みがないんですね。

明石の天文科学館の時計台。東経135度の子午線上にあります。

下船準備が始まります。
こうやってみると、結構積んでいますね。今後とも経営が続くことを祈ります。

明石港に着いてからは、普通にR2-R43-R171で帰りました。

2009/10/11 しまなみ海道と尾道 (3)

2日目は、早めの7時くらいに出ました。

福山ローズガーデンホテル

バイクはこんな感じで駐めさせてくれました。

なんかいた。

福山城

前日に走ったR2を戻り、尾道に着きます。
有名人の足形が並んでいます。

ロープウェイ乗り場。まだ動いていません。

路地の坂を適当に登っていきます。

天寧寺


猫発見





ここで、子猫発見。

ちょっと挨拶をしたら、周りで遊び始めました。





わたしが動くと、それにつれて遊び場所を移動していきます。


この近くには、このような石造りのフクロウがいくつか置いてありました。


坂からの町の風景がいいですね。

天寧寺の三重の塔

ここまで付いてきてしまいました。
ちょっと離れると、全速力で走ってきたりもします。







これは家から離れすぎて迷子になるかもしれないということで、少し戻り様子を見ました。
すると、いつの間にか見えなくなりました。帰ったのでしょうか。



わんこもいました。



またふくろう


ここにも足形

千光寺





本堂からの眺めは絶景です。



ここからさらに登ると、ロープウェイの山頂駅と展望台があります。

ロープウェイ山頂駅

展望台


山を下ります。ロープウェイがもう動いていますね。

途中は文学のこみちとなっており、有名な文学者の句が各地に刻まれていました。

適当に上ったり下りたりします。

両脇に民家がありますが、大型家電とか買ったとき、どうやって運び込むのでしょうか..


このへんは、よく映画のロケに使われるそうです。
わたしはあまり詳しくないのでどこがどこかわかりません。









宝土寺


こんなところにも路地が続いています。

志賀直哉の旧居

猫さん発見





郵便配達の人がバイクで来ています。方向転換で何度も切り返しをしていました。

この道を通ってきたようです。


ここで猫小物を売っていました。

豆猫
実家の猫にあわせて、白とトラのやつを買いました。




福石猫
海岸で拾った丸石に、猫の絵を描いたものです。


猫の細道



ここの路面のコンクリートには、猫の足跡がついています。これは演出とかではなく、乾いていないコンクリートの上を猫が勝手に歩いた結果だそうです。




招き猫美術館
福石猫を作っている人が開いている、招き猫のコレクションの美術館です。

看板猫の小梅ちゃん。館内撮影禁止なので普通は写真を撮れませんが、外にいたので撮れました。
あとで中に入ってきてお客さんの相手をしていました。

だいたい回ったので、お昼に尾道ラーメンを食べて帰ることにしました。
朱華園というところが観光客に一番人気らしいです。地元の人に人気があるのはつたふじというところだという情報があり、そっちに行ってみました。途中、朱華園の前を通ったのですが、開店30分以上前にもかかわらず、かなりの行列になっていました。

つたふじに着いてみると、誰もいません。こちらも開店30分前です。

もう行くところがないので店の前で待っていると、あれよあれよといううちに、後ろに列ができてしまいました。
列ができているからか、予定の15分前には店を開けてくれました。

食べ終わって店を出ると、かなりの列になっていました。

帰りに朱華園の前も通りましたが、こちらの列はさらに大変なことになっていました。
何人並んでるんだろう。

尾道をあとにして、ひたすらR2を東へ向かいます。
広島・岡山のR2はバイパス化が進んでおり、かなりペースが速く行けました。

おさふねサービスエリア
サービスエリアといっても、ただの温泉併設のドライブインです。
おさふねというのは、備前長船のおさふねですね。

廃線となった下津井軽便鉄道の車両がひっそりと展示されていました。

兵庫県にはいるまでは順調だったのですが、相生を過ぎて龍野のあたりから太子竜野バイパスに入るところで自動車専用道路になっており、原付が閉め出されてしまいました。ちょっと迂回すれば復帰できるのですが、この先姫路バイパスや加古川バイパスなど自動車専用道路が何カ所かあると思われるので、R250へ迂回することにしました。ツーリングマップルには、加古川バイパスにしか自動車専用と書かれていなくて大丈夫だと思っていたので誤算でした。
R250へ移動するには、網干の町を南北に抜ける必要があり、かなりのタイムロスになってしまいました。

R250に入ってからは順調に移動しました。
ふたたびR2と合流すると、明石を通ります。せっかくなので、明石焼きを食べることにしました。
明石駅前の松竹というところが人気らしいです。
何人か並んでおり、なんか機材を持った人もいました。TBSの取材らしいです。

たこフェリー乗り場
フェリー不況のなかがんばってほしいです。

大蔵海岸公園で、明石海峡大橋を見ておきます。

たこフェリーが行きます。

大型貨物船も行きます。




このあと、垂水のあたりで大渋滞していました。東行きはたいしたことなかったですが、西行きが大変です。渋滞の先頭は三井アウトレットモールです。近くの祭りの影響もあるようですが、そもそもこのあたりは山と海が接近していて道路がR2しかないところで混雑しやすいのに、人が大量に集まるアウトレットモールを作るのは無謀ではないかと思います。

神戸から先は、走り慣れた道で、R43-R171で帰りました。

今回しまなみ海道を実際に走ってみてわかったことは、やはり原付が最強ということでした。